NGC660

2010年1月 3日 (日)

NGC660

Ngc660

腕が淡く、私の環境ではとても難しい対象でした。特にカラーが厳しい。

でも今回、フォトコンへの応募とかプリント結果を考えなければ画像処理は随分自由になる!と実感しました。微光星をクッキリさせなくてもいいし、背景も暗め。

本当はこういう画像が好きだった・・・これまでは、「どんな写真が求められているのか?」という事に囚われ過ぎていたのかもしれません。

2009年12月22日 (火)

主婦撮影

今朝は強烈に寒かったけど、今夜は少し暖かい。「今年は諦め」と思ったNGC660、撮れるだけとってみようと夕方からセッティング。

この時間帯に主婦がこんな事してちゃいけませんよねcoldsweats02 帰宅した子供達が「ご飯まだー?」「あー、お魚焼いといて~sweat01」「みそ汁はー?」「えーと・・・」なんてテラスと台所を行ったり来たりしながらGOTOしたら、あらら鏡筒が変な方向に動いていく。。。

SSのキーを一回間違って押したらしく、「NGC9」に行ってしまったのでした。比較的近いところの銀河で幸い、そのまま660へGOTOして事無きを得ました。19:45開始

※SSはENTERを押さないとMODE変更もSETUP(時刻変更)もできないようです。

明日はるりのお友達が集まってクリスマスパーティですxmas スケジュールがタイトな子がいるので朝の9時からやるんですって!今夜は撮りながらその準備をしなくちゃ。すっかり夜行性主婦となってしまいました。

21:55 通しの64枚目、ガイドが荒れて星が縦長。660は、ここで終了。東天の火星からNGC2903に移動して22:15開始の1枚目いきなり星が「横に寝た雪ダルマsnow」になった。フォーカス画面でチェックするとどんどん斜め上にズレていく(という事は赤緯も動いているということ?)

一旦電源OFFしてみると、今までずっと「赤経が速くなる」と書いてきたのは逆で、実は遅れていたのだと解りました。「恒星時駆動が速くなるなんて?」と不思議だったので確認したいと思っていたのですが、こんなに直ぐ異常が出るとは^^; (昨日の記事を訂正しました)

気休めに両軸の「緊急停止用」リセットボタンを押してから再立ち上げ、そのままセルフガイドはやっぱり追わなくて再キャリブしたら撮れるようになりました。やれやれ・・23:00夫帰宅。「またやってるのー?好きやね~eye」と言われちゃった。

明日はオーナメントクッキーを作るそうなので、その生地の仕込み。粉の分量を間違えてて大量にできてしまった・・・ま、いいかcoldsweats01あとは台所のお掃除。 

3:00 Xエラーがマイナスに寄っている。インターバルに画面内の星がだんだん日周運動と逆にズレている。一度SSをOFFしてEscで立ち上げ直してみたけど変わらない。シンチレーションの影響を考えて2秒露光でガイドしていたのを1秒に変更、せめて修正速度を速くしておく。

それにしても、いい空だった。ピラーぎりぎり5:00終了。今夜はもう撮らない。

2009年12月20日 (日)

今夜は速攻で撮る

(12/20夜~)

啓も平熱に戻ったhappy01 数日ぶりに家族だんらんに活気が戻った・・・と思ったら、今度はるりの調子が微妙?

私も明日が忙しいので今夜は速攻で撮って早めに寝よう。撮らないことも考えたけれど、来秋NGC660撮影の透明度に恵まれなかったら、きっと後悔すると思うthink

ハマルを入れてモード変更すると、いきなり赤緯が回り出すshockまただわ~と泣きたくなりながらSSをOFFし、リセットボタンを押してから粗動で赤緯を戻していくと、ラッキー♪ハマルに戻れました。今度は慎重に地上モードのまま、ハマルでキャリブレーションまで済ませ660へGOTO 19:20開始。

22:15通しの52枚目。ほらね、突然Xエラーが固まり出した。

0912201 

これは多分バランスだと思う。22:25終了wineおやすみなさい~sleepy

復活の夜♪

(12/19夜~)

今夜はハマルが入りました(針の穴に糸を通すより難しかったwobbly)NGC660のカラー、20:00開始。

23:00また赤緯のエラーがマイナスに固まって10とか行ってしまうので(西に傾いたせい?)、R6枚B9枚で660は終了。

カメラの取付け角度を変えて3521へ移動したら、まだ隣家houseの向こう。この間にお風呂、0:40Bを撮り始めた。ちゃんとガイドしてるhappy01良かった。

↓このぐらいの角度

0912202_2

そういえば真悠は今朝方の事を全く憶えていなかった。やっぱり寝言だったのね。息子はいったん下がった熱がまた38.5℃まで上がり不安がっている。

2:20何時の間にか寝ていたcoldsweats0210分のロス。まあ、昨夜は3時間睡眠だったし夕方プールで泳いでも来たので10分で目覚めたのは幸い?

B10枚撮り、試しにLを一枚。でもガイドが荒れて星が流れてしまった。うーん、、、、think

再びビニングにして3:00からSC64入りのRを撮る。ケーブルを出している隙間から冷気が入ってきて寒いsign04R6枚撮って4:10終了。

片付ける時に両軸を中速で動かしてみたけど異状無し。ガイドが荒れたのはシーイングとバランスのせいと思う。

2009年12月19日 (土)

機材を疑う前に自分を疑え

このタイトル、前にも使ったような気が?いずれにせよ再度肝に銘じておかなくちゃ。

昼間SSを繋いで試運転してみた。異常は直ぐに現れた。RA、Decモード「高速」でテンキーの赤緯側を一方向に何度か押していると、筒先がある角度まで上がった所で勝手に反転する(下がり始める)、反転の少し前からは赤経側も回ったりする。

↑モーターに付いている赤いリセットボタンを押したら直りました。リセットボタンの存在をすっかり忘れていたんですcoldsweats02(でもこのボタンって具体的には何の役割を果たしているのでしょう?謎です)

そして赤緯がキャリブレーションで全く動かず、「中速」で反応無し、「高速」でも反応が鈍かった理由は・・・・ここのギア(小さいほう)が弛みきってカタカタしていたんです↓

0912191_2

イモネジを締めたら、あっさり復活heart02お騒がせしましたm(_ _)m

あとは、SSもパソコンも暖房の部屋からいきなり冷たい戸外にだしちゃいけないのかも、内部の配線や基盤に結露が発生したりするのでしょうか?(素人考えでcoldsweats01)寒くなると増える挙動不審、そんな原因も考えました。

2009年12月10日 (木)

今年は諦め

11/25の記事で「ダーク補正はMaxImDlがベター」と一度は結論したものの、昨日OPSでブルーミング除去したものを同様に処理してみたら、SIで処理したのと同じく横方向のノイズが残ってしまった。

そもそも、ダーク補正直後に表示される単画像のレンジからして違うのは何故だろう?(左;前回の単画像 レンジ約3000 右;今回(ブルーミング除去)単画像 レンジ約800)

0912100

・・・と、ここまで書いて思い出した!「ブルーミング除去は、本来はダーク補正後の単画像に行うもの」 つい手順を簡単にOPSでのブルーミング除去を先にしていたけれど、まさかその影響がこんな所に?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そこで今度は、MaxImDlで先にダーク補正→OPSでブルーミング除去したものを34枚コンポジットしてみたのが↓左上の画像。なるほど、ブルーミング除去せずMaxImDlでダーク補正したもの(右上)とノイズの傾向は同じになった。

左下はブルーミング除去を先にしたもの、改めて見ると優劣は微妙。右下の温度の違うダークを使って補正した画像は縦方向のノイズが滑らかにも見えるけど微光星がノイズに消されてしまっているので、これは却下。

0912104

とりあえず無理やり画像復元まで行ってみた。

0912103

御覧のとおり、非常にキビシイですdespairこのLは多分100枚コース・・・来年また機会があれば撮り足してみようと思います。

APOD http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap091203.html ←生卵みたい

2009年11月25日 (水)

ダーク不適合による「さざなみ模様」を低減する

M74の時にも悩まされましたが、今回のNGC660も背景に現れる「さざなみ」模様によってSNが悪化し、淡い部分の描出が妨げられています。

11/23に撮った20枚は冷却温度を-25℃に設定したにもかかわらず-23℃100%のまま中々下がりませんでした。こういう時は無理せず-20℃に設定し-20℃ダークで補正すれば良いのかもしれないけれど、この問題それだけで解決するような気がしません。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

MaxImDLでのダーク補正を教えて頂いたので試してみました(もしかしたら間違えている所があるかもしれませんが)

①SetCalibration→<Bias>に-20℃100枚コンポジットBias <DARK>に-20℃ダーク単画像9枚/-25℃ダーク単画像7枚をそれぞれセット(DarkFramScalingはAuto-Optimize CombineTipeはSigmaClip)

②ライトフレームを開き、CalibrateAllして各々保存

③SIでフラット補正・HCピクセル除去

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓SIとMaxImとで、20枚コンポジット後の画像を較べてみました。

左上:SIで-25℃ダーク補正 右上:MaxImで-25℃ダーク補正

左下:SIで-20℃ダーク補正 右下:MaxImで-20℃ダーク補正

0911251_2

SIで使ったダークは-25℃;10分×23枚コンポジット、-20℃;10分×25枚コンポジットですが、上段の左右のSNは同等もしくはMaxImの方が良く見えます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓2日分の34枚コンポジット結果

左上:SI-20℃+MaxIm-20℃ 右上:MaxIm-25℃+MaxIm-25℃

左下:SI-20℃+SI-25℃ 右下:SI-25℃+SI-25℃(最初の処理)

0911252

ノイズパターンの組み合わせによって結果の良し悪しが変わるように思えるので一概に断定はできませんが、コンポジットBiasと撮影日のダーク8枚程度を使ってMaxImで補正したほうが好結果に見えます。

2009年11月24日 (火)

シーイング比較

昨夜は輝星のブルーミングが長く、微光星がクッキリ写っていた。NCEPからは期待していなかったけれど、他の方々のブログを拝読してもこの時期にしてはシーイングが良かったらしい。(但し透明度は悪かった)

左;11/21の生画像(BG13000位)と14枚コンポジットDDPエッジ0.6

右;昨夜の生画像(BG18000位)と20枚コンポジットDDPエッジ0.6

091124

ただ、2夜分34枚コンポジットでは相変わらずダーク不適合による(?)さざなみ模様が目立ってしまいます。

0911242

2009年11月23日 (月)

落穂拾い

昼間は暖かかったsunそのせいか-23℃から下がらない。SS4時間進ませTEでハマルからNGC660導入、19:50開始

一昨夜より透明度は悪いと思うのにブルーミングが長い。高解像が期待できそうな空?

21時のNHKに吉井譲さん。南米アタカマ天文台のニュース、中間赤外線で観測する1mRCのファーストライト。標高5600m酸素ボンベを使っても8時間の滞在が限度とか。

そんな雄大な話を聞くと自分の屈託がつまらないものに思えてくる。夫は「落穂拾いだね」と笑う。そうね、独りで黙々拾っていくしかない。

23:10通しでの33枚目、赤経のエラーがマイナスに貼り付いている。SSの時刻は3:3*もしかすると大気差の補正のせいと思い3時間戻してみたけれど変わらず。電線にかかった訳でもなく、ケーブルがツレている様子も無い。バランスかな。

微動の方向も気にいらない。縦横合わせているはずなのに、まるで回転しているかのような動き方をする。もしやビスが弛んでカメラが回ってしまったかと確認したけど異状なし。

フォーカス画面を見ると、西に早く進んでいるsign02ウエイトを動かしてみたりAggressivenessを6に上げてもダメ。こういうの前にも何度かあった、「また?」と思う。どんどん症状が進んでしまい、全く撮れない状態にshock

一旦SSの電源を切って室内に置いてみる。今夜はもう660は諦めて2903でやり直してみよう。でもまたダメだったら・・・・coldsweats02とりあえず落ち着こうcafe それにしてもこういうトラブルが出るのは寒い時期に多い気がする。

30分ほど室内で休ませコネクタ抜き差し直して再度繋いでみた。火星が入らなくて諦めようかと思った・・・やっと見つけて0:05再開。正常に動いているcoldsweats01

1:43「ポン」と中途終了のお知らせ。嘘でしょ?と外に出ると空じゅうにひつじ雲がcloudcloudcloud信じられないーsad

この雲は去りそうな気がしないので、早々に撤収2:00終了。せっかくシャープな画像だったのになwine

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨夜の終了は良い判断だった。今朝まで雲いっぱい。それにしても眠い~wobbly

2009年11月21日 (土)

予報好転、しかし・・

今朝起きたらピカピカの青空だったsunうーん、何時頃から晴れたのだろうcoldsweats02

今夜は。昼間の予報では「cloud」だったけど、夕方見たら「3時まで晴れshine」に変わっていた。明日の午後に傘マークrainもあるから前半の方が良さそう。でもこの時期に何を撮ろう?最近、淡いの・小さいの・斜めガイドやモザイクは避けたい。

とりあえずカメラの取り付けがNGC2903と同じ方向の(TEではガイド星が南側)NGC660へ行ってみる。10等のガイド星を入れると、本体は画角の下端ぎりぎりだ。20:40開始

14日に乾燥剤を更新したので結露は無くなった。冷えも良くなったような気がする(寒くなっただけ?)PCもキーボードを交換して貰ったので調子がいいhappy01すべては夫に感謝です。

この銀河は2度撮ったことがあるけど、こんなに淡かったかしら。画像のSNがかなり悪い。シーイングも悪いのだろうけれどガイドが荒れる程ではない。

撮りながら『ライラの冒険』を観ていて、余りに思わせぶりなエンディングに驚くbearing 23:00いつの間にか雲がいっぱいcloudcloudcloudcloudcloud 

23:40いったん再開するも、すぐまた雲で中断。L14枚で西天を諦め、まだ晴れている東天(2903)へ。火星が入らなくて苦しんでいる間にこちらにも雲が拡がり、結局0:50終了wineやけ酒?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(11/22)目が覚めたら雨が降っていた。昨夜の14枚コンポジット↓

091121 

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31