NGC6166

2018年7月 6日 (金)

近接星のブリッジ問題と、星の色

(7/7 少し訂正しました)

先日から気になっていた、近接星にブリッジが発生する問題。

処理過程を確認してみると、犯人はMorphologicalTransformationだったようです。

0707_3

左端;MT前→MT1回目→MT2回目→MLT  星が縮む過程でブリッジが伸びているのが見えます。理論を知っていれば何故こうなるのか解るのでしょうが、私には解りません。

そもそも星に手を加えるのは不本意だけれど、チップサイズが小さくて拡大率が高いから、ひときわ星が大きいんですよね。

今の所、シュリンクにはMTとMLTの併用が一番自然に思えるし、もしや本人以外は気が付かない?という希望的観測も。

http://galaxies.blue.coocan.jp/images/NGC6166.jpg 

・・やっぱり気になるでしょうかcoldsweats01

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

これに気が付いたのは、仕上げ段階での微光星の「色抜き」処理の時でした。

私の画像では、しばしは微光星が緑に転んでいる事があります。

原因は前にも書いたような気がしますが、RGBの背景にNRを施すと、色情報に乏しい暗い天体が、暈し均された緑に染まってしまうから?とか、暗い天体はGにしか写っていないから?と想像していますが、別の理由かもしれません。

これを、画像を"掃天"しながら、一つずつ緑を落として行きます。(画像全体でGの彩度を下げる事は、ただでさえ「緑が無い」と御指摘頂いているので避けたいし、非常に暗いものもあるのでマスクを作るのが難しい)

070707_2

色を抜くからには根拠が欲しいので、高解像の作例などを複数参照していますが(そういう意味では、WBにPCCも使っているけれど)、暫く作業を続けていると自分の画像の傾向が解って来るというのもあります。

この作業により、緑だった星や小天体の多くはオレンジになります。また、遠方にあるはずの小銀河でも、青や緑が強いものも稀にあります。手間はかかるけれど、非常に興味深い作業です。

ところで、参照するにあたり、色コントラスト(カメラやフィルターの違いもあるので「色彩」では無く、ざっくり「赤/青/白」みたいな感じ)で信頼のおける参考に出来る画像は、意外に少ないと感じます。

(追記;星羊翁さんから頂いたコメントにリプライしながら気が付きましたが、カメラ感度&フィルター特性は、色彩のみならず色差にも関わって来るのですね。先に書いた「信頼のおける」とは少し違うと思いましたので、訂正しました)

例えば、微光星ではありませんが、M63の傍に光る3星

07070707

私の画像(上段)では、右上の2星と左下の星とで色味が違っており、「これ、ほんと?」と他の方の作例をあたってみたのですが、3星とも同色のものが多くて非常に悩みました。

IAPYのM63(下段)に辛うじて同様の傾向が見られたので、この色は残す事にしましたが、実際にはどうなのでしょう?

2018年7月 2日 (月)

嬉しかったTop Pick

NGC6166をAstroBinにUPしていました。

近接星のブリッジ問題はさておき、「このシステムと環境で、この銀河団をここまで描出した」という自負はありましたが、同時に「客観的に見れば、ただの地味で冴えない画像」と醒めた気持ちもありました。

案の定like通知もまばらで、「やっぱり」と思っていた矢先、"TOP PICK"のスタンプが貼られているのに気付いた時は、本当に驚いた。

AstroBin恐るべし。華やかな星雲やメジャー銀河画像が多い中で、こんな画像に目を留めて下さる方があろうとは。

消えそうなモチベーションに"小さな赤い灯"(『スカーレット』)を灯してくれたTPと、likeを下さったコアな方々には感謝しかありません。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

7/5追記;

天文ガイドに応募していたM63は、またまた落選でした。

銀河ページの講評にある"長時間露出"で言えば、約30時間の最長不倒のはず、、でしたが、それだけでは駄目なんですね。同じく長時間に渡る画像処理も、努力の方向を間違えている?

木を見て森を見ずというか、色彩とか細部に拘り過ぎて、見落としているものがあるのかもしれません。

(とりあえず、今夜はヤケ酒wine

2018年6月28日 (木)

250枚のNGC6166 (Abell2199)

昨日の記事を削除し、blog用にトリミングしてみました。

Kanseinewnew3momorlab_old50croplab_

元画像;http://galaxies.blue.coocan.jp/NGC6166.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓左;250枚完成画像 右;133枚スタックL画像の部分拡大

0627

微光星は133枚画像の方がクッキリ見えます。これを残したくて、PIのPixMathで250枚画像の星部分を置き換えてみたのですが、若干引っ込んでしまった?

微光星は暗いままの方が奥行き感が出るかもとも思うのですが、引いてみると全体に淋しい印象になってしまうような気もするし・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

PIのMLTで少しシャープにしてみました(↓右)

06271

clone→モノクロ化した"共マスク"を使っています。MTで失われた星の輝きが回復して、中々良いかもしれない。

2018年6月15日 (金)

6166撮り納めと、SS内蔵電池交換

夕方のiPhone気温32℃。透明度は良くない。TW筒先 -15℃ 夕方の薄明でFlat 2s→5s

21:25~0:35 NGC6166 L35枚 雲終了

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(6/16)SSの内蔵電池交換の備忘録です。

Amazonで購入したリチウム電池(@5.9ドル/送料考えると@10ドル位)

Ss1

Ss2

白いプラスチックのネジカバー?を落とさないように。

Ss3

更に裏面4か所の短いネジを外し、2段を分ける。中々外れず、端子?を曲げてしまうのではと怖かった。

古い電池の接着部分をハンダで熱してマイナスドライバーで外し、

Ss4

新しい電池が若干長かったので、プラスチック面をナイフで削って拡げ、

電池の針金を短く切って少し下向きに曲げ、±を確認して納め、ハンダ付けする。

Ss5

実は1台目全てと2台目の削り・ハンダ付け等、夫が殆どやってくれました。「何処で覚えたの?」と訊いたら、叔父さんにラジオ工作を習った事があるそうで。

そして、ハンダを使ったら手を良く洗う事。

2018年6月14日 (木)

稲光に怯えながら

今日も蒸し暑い。雷雨予報があったので見送るつもりでしたが、晴れているし、珍しく両隣々家の壁灯が消えている。撮れるだけ撮っておこうかな。

セッティングしていたら近くで犬が吠え出し、西の壁灯が点いてしまったsad

TW筒先 -15℃ 赤緯が渋く、信号が溜まってからガクッと動いた。ベガ→NGC6166 22:14 L開始

時々空が光るのが気になる。望遠鏡の場所は見晴らしが悪いので、2階に上がって北の空を見ると、

06142

おお、かなり激しいshock まだ雷鳴は聴こえないけれど、どの位の距離だろう?

とは言え今夜はいつもより透明度がいいので、ギリギリまで粘りたい。10分おきのWeather on the 1sを見ながら、望遠鏡と北の窓を行ったり来たり。稲光が怖い。

これを見ると、やっぱり南進して来るようです。23:30頃まで頑張れるか?

06141

結局、先駆の薄雲が拡がって来、23:10 L11枚で終了。

屋根の向こうから雲の壁が現れた様は不気味だったけれど、雷雨は来なかったらしい(寝てしまいましたが)

2018年6月10日 (日)

雲終了~

NGC6616は184枚になりました。

Drizzle_integration184c

これで処理に入ってもいいと思っていたけれど、200枚越えで見えて来る宇宙があるかも・・と思い始めてしまったら、眠い空に躊躇して撮り逃した昨夜の事が物凄く後悔されて来た。

幸い?今夜の予報もPartly Cloudy。夕方は近隣で雨が降り、ギリギリまでカバーを外せず様子を見ていた。気温90°F(32℃)とかで蒸し暑い。SS入力しながら汗ダラダラ。ウチワぱたぱた。

TWケーブル筒先 -15℃ 20:55~Flat 透明度かなり悪い。アークトゥルス→NGC6166 21:26~L

気になって度々外に出る。空の東半分を薄雲が覆っていて、筒先が向いているのは境界辺り?

23:55 警告音。東西両側から雲が拡がって来ている。流石にこれはダメだろう。27枚終了。

2018年6月 8日 (金)

ゆるゆると3対象

昨日は思いがけず夜半過ぎClearの予報だったのに、撮る対象が決まらず、22:00全天に拡がった雲にも萎えてパスしてしまいました。

今夜の予報はPartly Cloudyなので、テスト的に気楽撮影しようかと。。。

冷却-15℃ SS入力し、アークトゥルス付近でピント合わせ。

手始めに、TWノブ側でNGC5850&5846(赤緯01°)のペアを撮ってみる。

2

3

22:00~L3枚 木にかかる所で終了。こんな感じ(下の迷光は何だろうthink

5

続いて、ケーブル筒先側に回し、22:37~NGC6616のL24枚を撮り足し。

3対象目、撮り直したいと思っていたNGC6946は北過ぎて家の陰と解り、NGC6962&6964(赤緯00°)にGOTOしてみたけれど、NGC5850&5846同様、この赤緯は高木の間でしか撮れなかったのでした。(NGC3521(00°)は葉が茂っていない季節だった) 

今夜はもう仮眠したかったので、とりあえず天頂付近を通る白鳥座のNGC7013(なぜいみ;何故?意味)へ。銀河の傍の輝星のブルーミングが本体にかかるようなら諦めようと思っていたけど、横並びでラッキー。でも、かなり小さい。

ガイド星は、こんな感じ。

4

1:09~5:30 L48枚(最後の3枚は没)

5:40~Flat

それにしても、未だ火星の姿を一度も見ていません。土星は高木の向こうにチラチラしている光が見えたのですが、それより明るいはずの火星は影も形も無い。

2016年6月15日 (水)

NGC6166 (Abell2199)

6166

星がボテっとしているのが気になりますが、HT直後からこの星像です(左)

1

同じ対象を撮っている方を発見

http://adgsoftware.com/ap/wbarn_2014-05/abell2199.html

アメリカ東部で25cmで撮られたもの。シーイングも光害も、たぶん似たようなものだと思うのですが、微光星表現の差は何だろう?

私の画像はレンジを詰め過ぎなのかもしれません。

2016年6月11日 (土)

NGC6166は、昨年の10分露光データと今年撮像の5分露光データを併用するL画像を調整中。その備忘録です。

露光枚数等による比較

左上;10min×78(drizzle無) 右上;10min×78 drizzle

左下;5min×90 drizzle  右下;10min×73+5min×90 drizzle

Untitled1

上段の2枚を較べると、Drizzle画像はS/Nが悪い。

露光時間450分と他とのSN差は歴然ですが、780分と1180分の差は微々たるものですdespair

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

露光時間が違う画像をAverageでスタックしてもいいのか?以前にSIの加算と加算平均で失敗した事があるので気になります。

PIのImage Integrationの設定がカギだと思ったのですが、Combinationは実質Averageしか選択肢が無い。Weightで"Exposure time"を選べば良いのでしょうか?

Untitled2

左上;SIの加算コンポジット 右上;SIの加算平均コンポジット(σクリッピング無)

下段;PIのDrizzleIntegrationデフォルト 右下;同 Weight"Exposure time"

SIの2枚にも差が見えないのはバージョンアップで仕様が変わったのでしょうか?そして、PIの2枚にも違いが見えません。

(SIの方がPI画像よりSNが良いのは、Drizzleの有無の差と思います)

2016年6月 8日 (水)

今日の夕方は娘の最後のトランペットレッスンでした。先生との別れを惜しむ娘とは裏腹に、「この怖い道を運転するのも今日でおしまい♪」と解放感に浸っています。

さて撮影の方は、昨日の星像が歪んで見えるので光軸確認。特に狂っているふうでもない?冷却-20℃ デネボラ付近で4000カウントFWHM1.4*まで下がった!

21:32~0:30 M99のL 

移動の時のキュルキュルという異音が気になるので、クランプを弛めて粗動、アークトゥルスで再度アラメント後、NGC6166へ。このわずかな距離でも音がしていた。0:50~5:25 NGC6166

5:39~Flat

画像を見直したら、前夜よりも星が甘い。FWHM小さかったのに?あれは瞬間だったのかしら。

2_2

Jetstreamは居座っていましたdespair 今朝も寒い。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31