NGC6166

2016年6月15日 (水)

NGC6166 (Abell2199)

6166

星がボテっとしているのが気になりますが、HT直後からこの星像です(左)

1

同じ対象を撮っている方を発見

http://adgsoftware.com/ap/wbarn_2014-05/abell2199.html

アメリカ東部で25cmで撮られたもの。シーイングも光害も、たぶん似たようなものだと思うのですが、微光星表現の差は何だろう?

私の画像はレンジを詰め過ぎなのかもしれません。

2016年6月11日 (土)

NGC6166は、昨年の10分露光データと今年撮像の5分露光データを併用するL画像を調整中。その備忘録です。

露光枚数等による比較

左上;10min×78(drizzle無) 右上;10min×78 drizzle

左下;5min×90 drizzle  右下;10min×73+5min×90 drizzle

Untitled1

上段の2枚を較べると、Drizzle画像はS/Nが悪い。

露光時間450分と他とのSN差は歴然ですが、780分と1180分の差は微々たるものですdespair

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

露光時間が違う画像をAverageでスタックしてもいいのか?以前にSIの加算と加算平均で失敗した事があるので気になります。

PIのImage Integrationの設定がカギだと思ったのですが、Combinationは実質Averageしか選択肢が無い。Weightで"Exposure time"を選べば良いのでしょうか?

Untitled2

左上;SIの加算コンポジット 右上;SIの加算平均コンポジット(σクリッピング無)

下段;PIのDrizzleIntegrationデフォルト 右下;同 Weight"Exposure time"

SIの2枚にも差が見えないのはバージョンアップで仕様が変わったのでしょうか?そして、PIの2枚にも違いが見えません。

(SIの方がPI画像よりSNが良いのは、Drizzleの有無の差と思います)

2016年6月 8日 (水)

今日の夕方は娘の最後のトランペットレッスンでした。先生との別れを惜しむ娘とは裏腹に、「この怖い道を運転するのも今日でおしまい♪」と解放感に浸っています。

さて撮影の方は、昨日の星像が歪んで見えるので光軸確認。特に狂っているふうでもない?冷却-20℃ デネボラ付近で4000カウントFWHM1.4*まで下がった!

21:32~0:30 M99のL 

移動の時のキュルキュルという異音が気になるので、クランプを弛めて粗動、アークトゥルスで再度アラメント後、NGC6166へ。このわずかな距離でも音がしていた。0:50~5:25 NGC6166

5:39~Flat

画像を見直したら、前夜よりも星が甘い。FWHM小さかったのに?あれは瞬間だったのかしら。

2_2

Jetstreamは居座っていましたdespair 今朝も寒い。

2016年6月 7日 (火)

昼間は暑かった!午前のうちに望遠鏡に銀シートをかけようとして黒カバーを外したら、また蜂が入っていた。

TEケーブル架台側 -20℃で90% デネボラ付近でピント合わせ。星の形が変わる変わる。Jetstream?あるいは昼間の暑さから一転、冷えてきたから、地表近くで揺らいでいるのかも・・・・と思っていたら、やっぱり下りて来てましたbearing

1

21:40~0:40 M99のL34枚

NGC6166に移動する際、赤緯・赤経それぞれのモーター?がキュルキュル音を立てた。とりあえず導入はOK  0:55~5:00 L 46枚 

Bias128枚 5:35~Flat←開始5:40でも良かった。 今朝は16℃だけど寒く感じる。

2016年5月15日 (日)

月もずいぶん育ったし、明日から天気が悪い予報です。

22:45 アークトゥルスが三脚クリアするのを待ってピント合わせとアラインメント。目覚ましを2:20にセットして仮眠sleepy

2:35~NGC6166のRGB 月は未だ沈んでなかった。SSは無事動いていたhappy01

3:50 警告音。赤緯モーターのケーブルが架台に引っかかって異音を立てている!取り回しには気を付けていたのにショック~

コントローラーから下に垂れてしまっている部分を三角板に持ち上げたいけれど、電源入れた時に接触が悪かったのでいじりたくない。植木鉢に載せる応急処置でしのぐ。

その後も警告音で起こされる事数回。所々に雲もあるし、この高度はガイドが荒れる?諦めて5:00終了。NGC6166はここまでR15G13B16枚。足りるかな・・・

5:50~ Flat 今朝は寒い。iPhone見たら、いったん昨夕の27℃が表示された後、現在の気温は9℃だった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

HCG44のLRGB合成テスト。

今までのLRGB画像は彩度を上げると、色の粒がイモムシのようなニョロニョロした形状に広がっているのが気になりました。これをボカすと更に大きな色むらになってしまうのです。

このニョロニョロ、実はLRGB合成時の補間拡大で発生する事が解りました。考えてみれば当たり前のこと。PSで画像を拡大しても同様です。

では色粒を小さいままで2倍DrizzleのL画像と合成するには?

RGBもDrizzleする(左上)か、補間方法にNearest Neighborを選ぶか(右下)

4

ちなみに右上はデフォルト(Auto)のLanczosです。

ただ、Drizzle画像は色味が変わっているのが気になるし、Nearest Neighborは荒れが大きくノイズ浮きが激しそう。まだ暫く悩みそう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

また、DrizzleRGBはR画像の輝星に酷い色ニジミが発生してしまいました。

1

同じデータから等倍でIntegrateしたもの↓には出ないので、Drizzleが原因と思われます。

2

utoさんに伺ったら、元画像のカブリの影響ではという事でした。

2016年5月14日 (土)

とりあえず芝がキレイになった。

昨日、大家さんから「ローンケアには支払っているのに行っていないとはけしからん。明日、差当たりの人をやる。来週にはローンケア業者も行かせる」と連絡があり、"差当たりの人"って誰かな?と思っていたら、北隣の奥さんだった。

大家さんから電話で頼まれたんだそう。私が在宅しながら、同年代の女性に芝刈りをして貰うというのは心苦しくて落ち着かなかったけど、こういう場合どうしたら良いのか解らない。

撮影の方は、21:15~M99のRGBを撮り始めてまもなく警告音。SSのリセットだった。

原因は例のコネクタ部分。しかもSS側は先日Yuenoさんにモーターを譲って頂いた時に交換した新品だから、反対側だと思う。

いつものようにピンを拡げても、差込みを回しても切れるし、その部分を持ち上げるだけでピッ、ピッ、ピッとリセットしてしまったり。

何度か差込み直して、22:30~再開。方向キーを押すと液晶がチラチラするので、いつまた切れるか心配。

幸い警告音に起こされる事も無く、2:20 目覚ましで起きた。M99は昨年のデータと合わせてR17G17B18枚。

2:38~ NGC6166のRGB

2016年5月13日 (金)

画像処理は暗礁に乗り上げたままだし、ローンケアは来ないし、蛇が怖いし、上弦だし。殆どやる気が出ないのですが、撮れるとしたら今日明日ぐらいだし。

去年仕上げられなかったNGC6166のカラーを撮りたいけど、三脚クリア出来るのは2:30頃になりそうで、かなり中途半端。まずは-20℃300秒Darkを18枚。

TEケーブル架台側  アークトゥルス付近でフォーカシング。「さあ撮るぞ」という時になると雲が出て来る、いつものパターン?

0:12~M99のR4G4B4 

2:25 NGC6166へ移動 2:36~R4G4B6

しばしば赤緯のガイドが急に乱れるので起こされるwobbly HCG44の時もだったし、これ何だろう??中断する度にsequenceの最初のフィルターから再開されるので、BをTOPに置いた。

5:53~5秒Flat40枚 露が凄い。セットポジションに戻してカバーをかけたら、カメラに水滴が滴って慌てて横位置に戻した。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

HCG44の195枚をDrizzle Integrateしてみました。

Drizzle_integration1

迷光やガイドエラーやゴミの影とか、撮影時の詰めの甘さが露呈していますdespair

・・っていうか、どうして西側のガイド星を使わなかったんだろう?そうすれば輝星の光条が3190にかかるのを回避できるし、小さい銀河も沢山入れられたのに。

2015年7月29日 (水)

この先どうしたら

Lrgb1

久しぶり過ぎて、処理勘が思い出せない。色が全く載りません。

Lのレンジをもっと拡げて輝度も落とす?カラーは均してから、マスクしてノイズリダクション?星の色も引き出したいけれど、色滲みが目立つ。ビニング撮影は失敗だったか。

相変わらずモチベーションにも波があって、同じ所をグルグル回っている気がする。

2015年6月15日 (月)

撮影も3夜連続ともなると流石に辛い。なので結果的には先週の薄曇りから始めなくて良かった。今夜が最高の晴天。

そして一時帰国前の最後の撮影。明日には鏡筒を下ろします。

Untitled1

9:40~ M99のL15枚

0:30~ NGC6166のL25枚

5:45~ Flat

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とりあえず78枚Integration 銀河の海~

Untitled1_3

赤い星空

昨夜CCD撮像と一緒に撮ったタイムラプスです。EOSkiss ISO1600 最初のカットは5秒(北西の空) あとは各コマ15秒(南の空)

アップロードに1時間もかかったのに、見るのは一瞬。

それにしても何故こんなに赤いのか?時々流れる斜めの線はぜんぶ人工衛星?

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント