NGC5204

2016年5月12日 (木)

背景の色むら

ここ2晩は天気予報も冴えなかったし、「どうせセッティングした頃に曇ってくるんでしょ」と撮影を諦めていたら、朝の晴天を見て後悔しました。

もっとも、、未だローンケアが現れず、昨夕はとうとう隣人が訪ねて来て「芝刈りしないの?4フィートのブラックスネイクが居たわよ」と促され、暢気に望遠鏡も出し難くなっています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カラーデータの背景処理に悩み続けています。

最近処理した4枚の画像

0

これらの彩度を上げてみると(モニターがイマイチ信用出来ないので、こうするのが解り易い)

1

私の好きなAdam Blockさんの背景に近いのはM96。高度もあり明るい対象なので、無理の無い処理が出来たのかもしれません。

NGC3166,3169とNGC4298,4302は若干難しく、カラーには強めのボカシをかけています。

そしてNGC5204はビニング撮影だった事もあり、大きくボケたムラが気持ち悪い。

ボカシを使わずに色ノイズ浮きを抑え、しかもモノトーンにならないようにするにはどうしたら・・・そもそもノンリニア変換前の背景輝度が高過ぎるのかしら?

2016年5月 8日 (日)

NGC5204 Drizzle Ver.

昨年撮ったNGC5204をDrizzleで処理し直してみました。

Newlrgb8ss1630star

http://homepage3.nifty.com/galaxies/NGC5204.html(←下が昨年処理です)

当初、カラーは昨年のを流用するつもりでしたが、Drizzleで面積4倍になったL画像にビニングRGBでは不足、加えて銀河部分のトビや色浮きも気になり、結局全部やり直す事に。

R/G/B各画像にdeconvolutionをかけて締めると色解像は上がりますが、カラーバランスが微妙に崩れ、星の色等に影響が出るようです。いつもなら星の色差も楽しみなのですが、今回は根拠の無い調整しか出来ませんでした。

少なくとも私のシステムでDrizzle前提なら、カラーのビニング撮影は避けた方が良さそうです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Targetでプリントしてみました。

ネットオーダー後に輝星の輝度が落ちている事に気付き、修正して再度オーダーしましたが、ピックアップを2枚とも"Far South"支店に指定したつもりが、間違えて2枚目を"South"支店にしてしまい、結果2店舗をハシゴする羽目にbearing

でも、"Far South"のプリントは背景の縞が酷く、"South"の方が良かった。怪我の功名?お店によって仕上がりに差があることを目の当たりにしました。

それにしても、プリントするとモニターで気付かなかった粗が見えて辛いです。フラット補正ムラ、背景の色ムラ、青の色浮き、色滲みなどなど、「まだまだだなぁ」と思ってしまいました。

特に背景の色ムラについて。

最近はPIのATWTでカラーデータ(1度目のLRGB合成画像)に強力なボカシをかけるのをルーティンにしていましたが、これはやってはいけなかった。ムラが斑になるだけです。

過去画像のカラーデータの洗い直しをしなくては・・・その前にモニターを新調しなくては?

2016年5月 5日 (木)

不規則銀河へのdeconvolution

昨年撮ったNGC5204の再処理を試みています。

この銀河、Wikiによれば"Magellanic spiral galaxy"つまりdwarf spiral galaxy(日本語で何と言うのでしょう?)と不規則銀河の中間形と考えられているとの事ですが、

Deconvolution時に雲状の部分に偽構造(復元痕)が出易いので、Maskに使用する画像にSIでスターエンハンスを施したものを使ってみました。

上段;左より、元画像 通常マスク処理 SEマスク処理

下段;左より、通常マスク SEマスク

Untitled1

SEマスクは、元画像のコピーをスターエンハンスの加算係数3.0で2度がけしレンジを詰めたものと、starmask(invert)をminimum合成しています。

(微光星がクッキリし過ぎてしまったのはSEが強過ぎるのかも・・)

注!あくまで口径21cmの解像画像に対しての処理ですので、大きな口径で実際に雲の部分まで分解している場合には不要と思います。

2015年6月 8日 (月)

NGC5204

ひとまず完成。

5204

画面のあちこちに、いろんな形の小さい銀河が写っていて気になります。特に左下の、ニョロっとしたのは何だろう?

Untitled2

単画像を点検したけど、ノイズではなさそうなんですよね。

Untitled1

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

SDSSの画像(右列)を教えて頂いたので、並べてみました。

Untitled4

「にょろ」も銀河だったんですね♪ 

そして一番下の画像、「たまたま星と重なっただけ?」と疑っていた「お臍」は、ホントに銀河の中心部だと解り、スッキリしました。

2015年5月23日 (土)

今日は補習学校の高等部キャンプで娘は泊まり、夫はBBQの手伝い。「キャンプ用の椅子を忘れた」「トランクから寝袋出すのを忘れた」とか、高校3年なんだからもう少し何とかならないものかと思う。まあ行ったり来たりしなければならないのは夫で、私は撮ってるだけですがcoldsweats01

-15℃ デネボラでピント合わせ。主鏡マーカーは確認したけど、まだこの星像・・何処だろう?

Untitled1

21:20~M99のL 夫がバラの花束(今年は赤だった)を買って帰宅。

NGC5204のカラーを途中まで処理したけど、ビニング恐るべし。こんなに淡いのに、露光時間約半分でも(R,Bは各10min×4  Gは10min×3)色が出る?

チップが大きくなったせいか滲みも左程気にならないし、PIでそのままLRGB合成できるし、今後RGBはビニングで撮るのがいいかも。

Rgbpibnccdbedbesiddplrgb1

手順は、OPS;Blooming除去→SI; Dark Flat補正 H/C除去→PI;Star Alignment, ImageIntegration,BN,CC,DBE→SI;オートストレッチ、レベル調整、DDP、TIFF保存→PS→PI;LRGB合成1回目、ATWT

この後、更にノイズ除去と彩度UPをして、2回目のLRGB合成をする予定。

23:00 L10枚撮ってM99は終了。 NGC5204へ移動。23:10~L24枚 3:20終了。

寝過ごして薄明Flat撮り損ねましたcoldsweats02 夕方撮れますように。

2015年5月22日 (金)

今夜から数日、晴れの日が続くらしい。

NGC5204の続きを撮りたいけど、三脚をクリアするのは23:15頃?それまで、同じ方向にガイド星のあるM99を撮ることにしました。

冷却0℃、10℃と下げて結露が出ないので「よしよし^^」と思って-15℃に下げたら、やっぱり出た。開けたら乾燥処理し直さないと、というのは本当ね。

デネボラからM99へ。西側の8等級のガイド星を使うと、銀河本体がだいぶ上に寄ってしまうけど仕方が無い。北側のは9等と10等の連星?だし、東側のも8等の連星?だ。こういうのは結構あって、私は避けちゃうけど、実際にガイド星に使えるものなのかしら?

21:28~Lを1枚 どうも星像が丸くないので、カラーに切り替えR6G6B6

NGC5204へ移動 1:10~ビニングでB3G3R3 更にR1B1 この辺りになるとガイドが突然飛ぶ。

3:10 ~ ビニング-15℃Dark 今夜は冷え込んでいて、-15℃でも40%なのだけれども。

5:45 6000台から5秒で薄明Flat 娘と夫のサンドイッチを作って、再びソファで布団にくるまるsleepy

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨夜ビニングで撮ったNGC5204のRGBを、試しに合成してみました。結果次第では、今夜ビニング無しで撮り直さなくちゃなりません。

(Dark&Flat無し H/Cピクセル除去のみ)

Untitled1

SIのRGB合成が中々決まらなくて(コチラを合わせればアチラがずれる)、諦めてPIを使いました。StarAlignmentで一発。

真ん中にあるゴミの影?はフィルターじゃなさそう。でもウィンドウは掃除したはずだし??周辺減光みたいなのと同心円ぽく見えるけど、斜鏡の影とかいう事はあるのでしょうか???

LRGB合成して、AOPの画像(左)と較べてみました。

Untitled2

うーん、、、これでも何とかなりそうかしら。今夜はL画像を撮ろうと思います。

2015年5月13日 (水)

前線が通過した後は乾燥した晴天になるはずだったのに、意外に雲が多い。

-15℃で結露出るし、フォーカス時のシーイングは悪いし(ほぼ天頂なのに)、撮り始めの1枚に飛行機airplane通るし、星像変だし、全然冴えません。

打ち切ろうかと何度も思いつつ、それでもNGC3521のL12までは来たけど、ここでいつもガイドが追わなくなるのは何故なんだろう?いきなり赤経グラフから▲が消える魔の高度。

23:50移動して5204 こんな薄雲で撮っても使えそうにないのですが、どうせ明け方のFLAT撮るんだったらダメ元で撮っておこうという消極的動機。にしてもブルーミングの短さに萎える。

3:05 L18枚 6:05~Flat

今朝は寒いけど鏡筒に露が付いていない。天気予報で言うところの"High (Level) Cloud"が拡がっている。これから西から"Low (Level) Cloud"が来るらしい。

2015年5月11日 (月)

予報はPartly Cloudy、でもとりあえず晴れているshine NGC3521のSNを上げたいので、今夜撮れるだけ撮ってみます。

-10℃から-15℃に下げたら結露が出たsweat02そのままフォーカスして続行。21:05開始。

23:30 低空にかかって像が甘くなって来た。L14枚 直ぐNGC5204に行こうとしたら三脚にぶつかりそうshock 23:55に再トライして今度はOK 0:05開始

撮影前にコーヒーcafeを飲んだら、仮眠したくても眠れませんwobbly 3:05 L17枚 星像が歪んでるような気がする?目が変なのかな?左目で見ると星が3つずつ見えるし!

西からハッキリした雲が拡がって来ているcloudcloudcloud よく見ると上空にも薄雲。今日の夕方から夜にかけてThunder Stormthunderの予報だし、SS切ってそのまま片付け、カメラの方は-10℃Darkをセット。(Setup Sequence今夜はちゃんと確認しましたhappy01

6:05~2秒Flat

2015年5月 8日 (金)

Untitled1

南東の海に今年初めてのハリケーンANAが来ている。お天気が読めないけど今夜がワンチャンス?

気温が高いので-15℃で70%。日が落ちると同時にレグルスからNGC3521へ。Startボタンを押したつもりで洗い物をしていて、10分ほどロスしてしまった。21:17 L開始。

ジャージの上から蚊に両膝を刺された。これも今年初めて。日本の渦巻き蚊とり線香を焚いています。懐かしい匂い。

23:50までL13枚しか撮れなかった。

月が出てくるけど、せっかく晴れているので何か撮ってみたい。M83は流石に木の向こうだった。NGC5204は10.82等のガイド星を入れると、本体は随分下に寄ってしまうし。とりあえず0:15開始

2:50 鏡筒が白く月に照らされている。5204のL15枚終了。-10℃に上げてDark撮らせながら寝ますsleepy

6:00 Dark撮れてなかった。sequenceのLightのチェックを外すのを忘れててDark&Lightを交互に撮影する設定になっていたんです。

たぶん起きた時に出ていたのは「5204のLight2枚目を上書きするか?」で、私がOKしちゃったんだと思う。寝ぼけていたのね。ダブルフォルトで丸々1枚分のロスcrying 

Flatは7秒から始めてみた。

今見たら、http://darkerview.com/CCDProblems/CCDProblems.php には1.5~2,3秒の露光で、輝度は飽和の二分の一程度って書いてある。次やってみよう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨夜撮影分をお試しコンポジット(ホット&クールピクセル除去とDDPエッジ1.0 等倍から1200×1000でcrop)

NGC3521 13枚

New1

NGC5204 14枚

New2

この真ん中のゴミの影、相当まずい。多分フィルタの奥のウィンドウよねthink

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

5/9朝のニュース

Untitled2

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31