NGC488

2009年11月 5日 (木)

12月号の明暗

昨日のうちに星ナビ12月号にNGC488が載っていると教えて頂いたので、午前中さっそく本屋さんへ。表紙はGOTO210のオ-ナー・YさんのM31だし、来年のカレンダーも付いているこの号を買えて嬉しいです♪

NGC488画像はずっと横構図で処理していたので、縦に掲載されてはじめて「星が縦長?」と気づきました。色ニジミはわざと残してみたのですが、うーん。。。

いっぽう、天ガに送ったStephan's Quintetはダメだったみたいです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前にも書きましたが、これの撮像はYさんとOさんの御好意あってこそでした。GOTO210での初入選でもあり、ホッとしています。

YさんがGOTO210を使っていらしたのは1980年代後半~90年代前半と伺いましたが、私は天文と疎遠になっていた頃なので誌面を拝見したことがありません。「只で使わせて頂いてるけど、この鏡筒ものすごく高価なんだろうなぁ」と思っても金額を知るのが恐ろしくて訊けません。

余りにも心苦しいのでお返ししようとしたら、「・・・どうせ売る気はないのですから。」とRESが来てハッとしました。隅々まで補強され手を加えられているこの鏡筒はYさんにとって、たぶん可愛い「娘」のようなものなのね。せめて、大切に使わせて頂こうと改めて思いました(と言いながら酷使してますが)

2009年9月14日 (月)

NGC488

Ngc488_2

これでもカラー画像なんです。(L56枚R6枚B10枚)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9/15 23:15追記

HPにUPしましたhttp://homepage3.nifty.com/galaxies/NGC488.html

主な変更点は、色彩強調マスク(ブログのはsgs+rgb、HPはsgb)、スターエンハンス、トーンカーブなど。昨夜の高揚感とは裏腹に今夜は無力感に浸っています・・・(でもGさん、Uさん、ありがとうございました!)

まず、M66NGC2841と較べると画像の質(輝き感や艶やかさ?)が全然違う。敗因はS/Nです。対象の周辺部の淡さやF値(F9くらい?)、赤緯が南に低かった(前の社宅の屋根の上)ことも考えるとコンポジット枚数がまだ足りなかった。油断しました。

28日の仮処理画像などを見返して、「完成L画像には星が少ない?」と慌てました。これはトーンカーブを持ち上げずレベル調整も低めにしていたから。この辺りもS/N不足に起因している。

(ただ、持ち上げる意味があるのかどうか?星をエンハンスしたほうがいいのか?いまだに迷うところです)

その星像の甘さ。微光星に芯が無いので画像復元もエンハンスもいまひとつ効果無し。ピントが甘かったのか、テレコン使いの限界なのかしら。

それからRGBを一旦LRGB合成して使おうとしたら、銀河中心部の明るい所が飽和して色情報が無くなって?しまいました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9/16 21:00 さらに追記

HPの画像、画像復元した上にスマートシャープで恒星雲の凹凸が誇張されてしまっているように感じたので、改めてシャープ処理無しの画像をUPしました。

それから、↑で「微光星に芯が無い」と書きましたが・・・微光星じゃなくて遠方の銀河(!)でした。

2009年9月 3日 (木)

ダークが合わない

NGC488の画像処理はダーク補正で難儀しています。

まずL画像

0908401_2

左側の2枚(左上;26日2枚目-10℃撮像を-10℃ダークで補正 左下;29日63枚目-5℃撮像を-5℃ダークで補正)は許容範囲なのですが、モンダイは右側の28日撮像分。ライトフレームを-10℃で撮っているのに、-10℃ダークで補正しても右上のようにノイズが沢山残ってしまいました。試しに0℃ダークで補正してみたのが右下、これって・・・画像情報は-10.2℃だけど実際は0℃だったということ?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて次は、28日にビニングで撮ったR画像

0908402

上段の2枚は補正用のダークフレーム単画像(28日明け方に連続した撮った2枚)です。

コンポジットダークを使って上手くいかなかったので、試しに各々を使って補正した結果が中段2枚、左右のこの差はいったい何?

下段左は左側のダークを使って補正後コンポジットしたもの。 右側のより「マシ」とはいえ、これでは使い物になりません。そこで0℃ダークで補正してみたのが右下の画像です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ビニング-10℃ダークの1枚目と2枚目とではレベルが2倍違っているのだそう。「連続撮像で再現するかどうかデータを取ってみては?」とアドバイスを頂いたので先程やってみました。

まずビニング-10℃を6枚連続撮像して、過去の-10℃ダークで補正してみました↓

0908404

1枚目だけが変だけど(冷却して時間を置き、画像情報も-10.2になっていたけど)、少なくともそれ以降の5枚はOKのようです。

続いて、ビニング-5℃

0908405

こちらは6枚とも正常です。つまり再現しませんでした。

こうして振り返ると問題の画像は全て28日撮像のもの。もしや私が何か操作ミスをしたのかしら・・・ただ、画像情報には特に変わった点は見当たらないし(温度は-10℃前後)、温度が安定しているはずの時間帯の連続撮像の2枚でノイズレベルが違うなど、不審な点があります。

ともあれ当分は温度情報に惑わされず、試行錯誤で「合うダーク」を捜して補正するしかなさそう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今ふと思ったけど28日のビニングダークの「レベルが2倍」って、薄明だったからBGレベル(漏光)が影響してるとか?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

他のカメラのローノイズチップの感度(量子効率?)ってどうなのでしょう。つまりST7XMEと同じくらい写って、しかもノイズが少ないカメラってあるのかしら?

2009年9月 1日 (火)

NGC488のL

とりあえず、暗めバージョンと、

488l1

明るめバージョン。

488l2_2

カラーは撮り直さなくちゃ・・・でもいつ撮れるんだろう。 今日も曇りcloudcloud

2009年8月29日 (土)

とにかく眠い

「晴れない、撮れない」とボヤいていたのに、気がついてみたら毎日のように夜空に向かっている。その割に果々しい成果も無いのだけれど。

今夜は曇りwineと思っていたら星が見えてきた。22:20ステファンには少し遅いのでNGC488のセッティングでスカイフラットを撮りながら、コーヒーを飲んでいます。ウロコ雲が拡がってきた。

導入に手間取った。木星が中々入らない。やっと入ったのにGOTOしてもNGC488が入らない。諦めて、マルカブがまたまた入らない。首痛い。やっぱりファインダーは必要だわsad なんとか入って23:30開始。

1:30私も眠いが、空も眠い。26、27日はBG3500位だったのに、さっきの画像で5500。渦巻きも写っていないし、もう終わろうかなぁ・・・と言いつつダラダラと、ガイドも透明度も良くない画像を18枚も撮ってしまった。S/N上げるのに使えるかしら。

3:00とうとう雲で終了。自分でも何やってるのか解らない状態wobblyとにかく台風が来るとの事なので厳重にカバーをかけました。おやすみなさい~sleepy

(488を撮ってる時の鏡筒の傾きは、こんな感じ。筒先のファインダーには眼が届かず使えません)

0908293

2009年8月28日 (金)

今日は寝なかった

昼間も快晴だったsunレンズ雲が出ていて風が強いけどtyphoon晴れているshine夜になっても曇ったり降ったりしないなんて?何だか信じられない・・・・・coldsweats01

19:00から0℃10分ダーク6枚、ノブ側フラット2枚撮って、TWでケーブルノブ側アルタイルからNGC7320へGOTO。ステファンの五つ子21:20開始。

シーイングが悪いのかガイドが荒れて画像がユルい。L4枚撮った所で諦め、ガイド星が暗いので透明度良くないと撮れそうにないカラーをR(3秒)3枚、B(4秒)3枚、ビニングダーク1枚。

23:30 -10℃に下げながらNGC488に移動(入ってなくて木星から入れ直した)カメラ架台側に回転。この時が一番どきどきするcoldsweats020:05開始。今日は寝ないぞsign01

やっぱりシーイング悪い気がするので、先にR3枚、B4枚撮って、1:45再びLへ。懸案だったオーブントースターを掃除して、お腹が空いたのでappleをかじってます。はやくも食欲の秋です。

4:05L15枚。これからビニングダーク2枚。片付けに出ると東天にオリオンと火星・金星、御者に牡牛、素晴らしい星空だ~heart04と見とれていたら、すかさず刺されたーbearing今夜だけでも10箇所近く。蚊も食欲の秋?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ここまで21枚↓

0908291

ここまで39枚↓

0908292

後悔

今日(28日)の明け方は透明度・シーイングともに良い空だった。改めて、寝てしまった20分のロスが痛いbearing 「翌朝の空を見て後悔したくない!」というのが私の撮影のモチベーションなのに、今日は一日引きずってしまったわ。

とりあえず2夜分25枚コンポジット。あと一晩?二晩?

090828

2009年8月27日 (木)

終わり良ければ全て良し?

今夜もいちおう晴れshine仕事から帰宅と同時にセッティングして冷却開始!までは良かったけど、

-10℃ダークを600秒12枚撮るつもりで60秒にしてた(2時間経ってから気がついた)・・・ケーブルが断線してた・・・そうこうしているうちに気温が上がり?-10℃で100%になってしまった・・・PCのコンセントを差し替えたらカメラとのリンクが切れてしまった・・・木星からNGC488に行こうと思ったらSSを遅らせ過ぎていて「地平線の下です」と警告されてしまった・・・とか、いろいろありました。

23:00開始。23:40早くも雲が出てしまったので-10℃に下げて600秒ダークを6枚。0:55雲が切れてきたのでNGC488のL再開、と思ったらまた雲。

10分のダークを1枚ずつ撮りながら雲の切れるのを待った。2:00過ぎには安定して撮れるようになった。さすがに眠くてwobbly頭が働きません・・・・

・・・ここはどこ?私なにしてるんだっけ?はっと思って飛び起きた!やってしまった~sweat01絶好の時間帯に2枚分(3:30~3:50)眠ってしまいましたT_T あああもう、せっかくいい空になったのにホントに悲しいですweep L16枚スカイフラット10分×2枚、-10℃ダークは10枚撮った。4:30終了

2009年8月26日 (水)

晴れてる!

どうせ今夜もダメだろうと思って末っ子の宿題に付き合っていたら、なんと晴れていたのでしたshine しまった出遅れたーsweat01慌ててセッティング。TWでアルタイルからステファンの五つ子を入れたはずなのに見えなくて、NGC7331から入れ直して確認。思っていたよりもかなり淡い。22:15開始。

撮りながら、夫が見ていたTVを一緒に観る。田部井さんとルー大柴さんの山登りは木曽駒、いいな~私にも歩けるかしら、来年行きたいな。続いてグールドのゴールドベルクnote「バッハは数学」同感「音楽は癒し」同感。来週からは森有正ですって?見なくちゃ!

・・・なんてやっていたら台所がそのままだったshockついでに明朝の野菜スープを仕込む。忘れてたけど明日から新学期school

23:40雲が出てきたcloudcloud 冷却も0℃で36%位だから下げたいし、あと1時間くらいで鏡筒反転させなくちゃならないけど、とにかく行ける所までdash

0:20いつのまにか雲が居なくなった。ということは反転コース?でも反転しても直ぐ電線にかかりそうだし、こういうの判断に迷ってしまう。1:15ピラーぎりぎりまで17枚。

今夜は寒い~!-10℃に下げながら、この秋の本命NGC488に移動してカメラを回転させる。TWケーブル架台側。7.4等の明るいガイド星が余裕で入って来るということは、実質2000mmくらい?1:40開始。

これは素晴らしくきれいな銀河だlovely ただ南にかなり低いので東天早くから撮って反転させずにそのまま傾けた方が良さそう。3:00空がだいぶ良くなって来た。カメラの角度やピントの追い込みが甘かったのが悔やまれる。

4:05L14枚。スカイフラット10分×2。4:30終了wine・・・なんてこれから飲んだら「朝からお酒臭い奥さん」になっちゃうので飲みません。片付けながら空を見たら、結構薄雲があったのね。

露が酷かったので乾いてからカバーをかけようとしたら、スズメバチが居てびっくりした!そういえば「渡り板の下をかじっていたよ」と、こないだ夫が言っていたのだったわ。どうしましょう。。。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とりあえずコンポジット・DDPしてみました。

ステファンの五つ子

0908261

NGC488

0908262

両方とも枚数不足、ダーク・フラット不適合、大いに改善の余地あり。

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント