NGC4410

2018年2月21日 (水)

すごい4410

処理中は参照できる画像があまり無くて暗中模索していたのに、たまたま昨日UPされた画像の破壊力たるや。

https://www.hansonastronomy.com/ngc-4410-galaxy-group

「見せる」画像というのは、まさにこのような質のものを言うのだと思います。24"&17"で59時間!

これを見ると、細部の色コントラストに間違いは無さそうでホッとした反面、輝星の色乗りが随分違う。カメラ・フィルターの違い?RGBの露光量?あるいは処理の違いか。(この方のスパイダーは、エフェクト?)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

それとは別に、昨夜は自分の画像の中の最微光星の不自然さについて悩んでいました。

Deconvolutionで収束した最微光星は、等倍orプリントには必要だけれど、強拡大では遠近感が損なわれる。

左;未処理 右;処理後の完成画像

1

でも収束させておかないとweb用に背景を下げた時に殆ど見えなくなってしまうしthink

NGC4410完成

まだ何かしっくり来ないのですが(背景輝度・カラーバランス・星表現)、ひとまず完成です。

http://galaxies.blue.coocan.jp/NGC4410.html

クリックでトリミング前の等倍画像も御覧頂けます。

NGC4410Aの中心近い部分の青が写っているのには我ながら感動したし(↓右はAladin)

Untitled2

とにかく小さな銀河が沢山写っていて楽しい。右手に星や銀河の無い空間があるのも気になる。

先ごろ某所で、天体写真を撮る動機には「自分が見たい」派と「他人に見せたい」派があるんじゃないかという話が出て、私は最近「見せたい」に傾いていると思ったものでしたが、こうして銀河散策をしていると、未だ未だ「見たい」派なのかも。そもそも「見せる」を目指せるレベルじゃないとも自覚している。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨夜寝る直前にA.B.さんからコメントを頂いているのに気付き、嬉しいやら、でも英語で何てお返事すれば?と悩みつつ眠りについたら、彼と数人が突然来宅し"UDONが食べたい"と言われて焦っている夢を見た。(勝手に登場させて申し訳ない)

2018年2月 2日 (金)

Green

utoさんから、私の画像はいつも極端に緑が無いという御指摘を受けました。

心当たりは幾つか。

シャドウ側は、彩度100%レイヤーを見ながらR/G/B均一に調整しますが、Normal画面にすると緑が強く感じられたり、緑のムラが気になったりで、結局Gを抑え目にしたくなる。この時の「僅差」が、後のLRGB合成やノイズリダクションで一気に大勢に傾くのは検証済みです。

ハイライト側もイーブンに調整するけれど、彩度upするのは赤・青・黄だけ。理由は解りませんが、緑の彩度が高いと恒星の色が不自然になってしまうので、ここでもGは控えていました。

そんな積み重ねの何処かで緑を失ってしまうのでしょうか。「人の目が最も敏感になる緑成分が少ないというのは、人によっては相当な嫌悪感」との事で、かなりショックでもあります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こんな時はPCCに訊いてみよう♪と思ったら、

1

2

赤い。赤過ぎる。

確かに小さい銀河は赤いのかもしれないけれど、おそらくは白いはずの恒星まで赤く染まっているのは、何か間違えているような?

PCCを諦めて、手動で合わせてみました。

3

そういえば先程のPCC調整は極端ですが、他の方の作例で私が綺麗だなと感じるものは、背景の赤が強めのものが多い。という事は、私の眼の感度が緑に寄り過ぎている?悩みます。

2018年1月29日 (月)

NGC4410ここから

2月はNGC4410を仕上げたい。

Lrgb8

↑はLだけにMTがかかっているので、カラーがはみ出てしまっている状態。それに何となくシャープじゃないというか、モタついた印象に見える。

MT前にLRGB合成してやり直し、銀河の中間輝度の強調も吟味しなければ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像処理で一番恐れているのは、後日見た時に「なんでこんな処理に留めたんだろう!?shock」と感じてしまう事。

経験から言うと、原因は①背景輝度②背景ノイズ③色ムラ④色ノイズ、、辺りが多い。

他にも⑤ノイズリダクション強過ぎ(②の反対)⑥彩度低過ぎor高過ぎ⑦シャープ処理弱過ぎor強過ぎ・・・と書き出してみると、吟味項目が沢山あり過ぎて溜め息が出る。

2017年12月27日 (水)

備忘録

日本に帰っている間に絶対忘れてしまうので、今後の予定を・・

・フード作り(確か自宅に材料になりそうなものがあったはず?)

・撮影の優先順位は①3344(TWで架台側) ②3521(TWで筒先側) ③4559(同) ④M63(TWで架台側) 各Flatもbias補正する事

・画像処理は、とりあえず4410、74、3521?LNを有効活用する事

2017年3月10日 (金)

第2稿

Lrgb3

LはOK?RGBは何か違う気がする。

今までの敗因は、やはりHT時のレンジを欲張り過ぎていたのだと思います。あとはRGB調整の肝が解れば。

2017年3月 9日 (木)

4410のL画像経過

左上→左下→右上→右下の順です。

Untitled1

処理でスポイルされている所は無いと思いたい。。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

試しのLRGB

Lrgb1

透明感、シャープ感が無い。またHT時のレンジを詰め過ぎた?

Untitled2

左画像ぐらいで良かったのかも。またやり直しかなweep

2017年3月 2日 (木)

先月に引き続きNGC2775も落選だった模様。なんとなく元気が出ないけれど、今夜はNGC4410のRGBを撮り足さなければ。

このカラーはどう見ても露光不足。R17枚G16枚B16枚も撮ったのにdespair

4411

TWケーブルノブ側 レグルス→4410 22時過ぎに出て来た。22:20 3倍ビニング4秒トラッキングでRGB開始 

しばしば警告音が鳴ってドキドキするので5秒に変更。それでもbは時々鳴る。

2:45まで仮眠 最初の方のガイド荒れは鏡筒の角度のせいだったよう。後半は安定していた。

3:10 R10G9B10終了←Bが最後だと思って止めてしまったのでG1枚少ない

出入り口に何かモサモサしたものがある?と思って踏んだら、ミントの匂いが立ち上って来て、春を感じました。

今夜も晴れの予報ですが、昼間強風がありそうなので、また一旦鏡筒を下ろします。

0302

2017年2月28日 (火)

NGC4410のDeconvolution

NGC4410のL画像に着手

最初の難関はDeconvolutionです。取得PSF19が強過ぎる気がするのでParametricで13、17にし、Iterations10、50、80等で試行してみました。

左上が元画像です(これはNGC4411です)

1

マスク範囲によっても結果が大きく変わってきます(左下は適用輝度範囲の広いマスクを使用)

銀河細部の描出、微光星の収束にも注目すると、右下の17-80でしょうか。

2017年2月25日 (土)

22:00風も治まって来たのでセッティング。

TWケーブルノブ側でレグルスでピント合わせ→NGC4410 23:00~3:50L SSを2時間遅らせたから?反転警告は聴かなかった(聞こえなかっただけかしら)

6:31~Flat

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2/22にUPしたFlat問題、右側に出る弧形のムラは何なのでしょう?

上段左;2015/3/28(購入直後)のFlat 右;2016/3/29(隣家が消灯していた日)

下段左;昨夜のFlat 右;昨夜のFlat補正前画像54枚スタック画像

1_2

昨夜分のFlatは自宅が消灯している状態で撮ったもの。

懸念していた隣家や自宅の灯りの影響よりも、薄明の明るい光が入り込んでいるのだと思います。つまり"ライトフレームの迷光<薄明Flatの迷光"状態。

かといって夜のSkyFlatはSNが悪く、薄明Flatに移行した経緯があります。

http://morinoseikatsu1011.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-afd0.html

実用的な妥協策として、薄明の早い時間から10秒位で撮り始めるか?前回のようにFlatを補正して使用するか?

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31