NGC3521

2018年6月 4日 (月)

スカイセンサーが初期化

やっとClearの予報。TWケーブル筒先 -15℃

21:00 アークトゥルスを入れSSのスイッチをONすると、モニターが点くまで少し間があって(暗くて見えなかったけれど、"Memory Initialized"の表示が出ていたらしい)"Language English"の表示。なぜかメモリーが全部クリアされてしまった?

もう1台のSSに差し替えると、こちらも遅れて点灯し"Language English" 検索すると、どちらも内臓電池切れのようです。(※これ使えるでしょうか?)

仕方が無いので、設定を入力し直しました。

アークトゥルス→NGC6047 21:59~L 薄雲が拡がっている。

最近消えていた東隣の壁灯が突然点き、暫くして消えた。誰も居ないはずなのに。

撮影中、天文ガイド7月号に応募していたNGC3521、4559の落選を知りました。入選なさった方々のデータを見れば仕方無いかなと思うし、画像処理のウエイトがwebに傾いていたのも一因かも。

0:50 外に出て双眼鏡を覗いていたら、木の間にチカチカ光るものが。星?いや、ホタルだ。でもホタルって夜が浅いうちに低い所を飛ぶものだと思っていた。こんな真夜中に、あんな高い所も飛ぶのね。

1:30 反転警告解除。空は相変わらず薄曇り、星が潤んでいる。1:45 L43枚終了。

5:37~Flat

こんなに雲が。。

0604

2018年4月15日 (日)

貧乏性

ここまでトーンを沈めれば、人並みの画像になるのかも。

Lrgb4ctctlab3tonemltlrgb2molrgb2new

「写っているもの全てを出さないと勿体無い」という主婦根性が邪魔をします。

潔く「捨てる」思い切りが欲しい・・・

2018年4月14日 (土)

Targetプリント

web注文→店頭受け取りで8×11インチが1枚2.89ドルでしたが、非常に残念な仕上がりでした。それをiPadで撮ったので更に酷い事に↓

2

今年のNewYearCardに懲りて違う支店に出してみたのですが、変わらなかった。

ただ、この酷さは元々の画像にあった粗が露わになっただけとも言えるかもしれません。

中心部が丸く反転してしまったのは、飽和を抑える処理を怠った為だし、青の色浮きは彩度の上げ過ぎによるもの、色ノイズが目立つのはMLTのマスク範囲が広かったから。

この、ガス部分に目立つ色ノイズ、今回web用には敢えて残していましたが(左)、やはり徹底的に均してしまうべきなのか(右)悩み中です。

1

(この2枚は処理系統が別々の画像。青のランダムノイズは消し忘れsweat01

2018年4月10日 (火)

AstroBinでまた失敗

カラー再処理版のNGC3521をrevisionとしてアップロードしたら表示されず、「Freeコースだからかな?」と思って料金を払って再度アップロードしても駄目。

「revision枚数に制限が?」と思い、新たに上げ直してみたけれど、やっぱり画像は真っ暗。

ForumのAnnouncementを見て漸く、サイトがメンテナンス中だと知りました。今朝起きてみたら、新旧ページに同じ画像が3枚もアップされていて恥ずかしかった。

教訓;

・変だと思ったらAnnouncementをチェックする事。

・revisionは1枚ずつ削除出来た。知らずに4410は全削除しちゃった。

・無職主婦的には、Freeコースの10枚を使い切ってから有料版に移行すれば良かった←年間12枚18ドルコースの場合のみ。一年間無制限36枚コースなら関係無し。

・銀河ポートレートの場合、トリミングして大きく表示される方が映える。

・レンジを抑え気味にして、色を出した方が映える(?)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4/13追記;

226viewで79likeは今までで一番見て貰っているけれど(いつもは多くても150view程度)、Top picksの前後の方々に較べると明らかに打率が低いのは何故なんだろう。

NRが弱い?背景輝度が高い?強調処理が弱い?色彩?星の大きさ?もしかしたら私の感性が皆とズレているのかもと悩む。

今は見えないけれど、少し後になって「何故こんな処理を」と思ったりするしdespair

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

4/21追記;

メールボックスを開けたら沢山のlike通知が入っていて、「なぜ今頃?」と見に行ったら、まさかの"Image of the Day"だった!信じられない~でも嬉しいです*^^*

再度LRGB

NGC3521の作例の多くは恒星雲の広い範囲が青くない。ならばR/G/Bでの銀河像の大きさに、敢えて差をつけてみたら?というのが再処理の出発点でした。

前回のRGBはPIのCCで調整したそのままをMashedStretchして使っていましたが(左上)、ここを変えてみました。

1

実際に使ったのは左下です。

ノンリニア変換後のTIFFは結局PSで再調整するけれど、可動域が違うような気がする。SIだと暖かい黄色が出易いとか、MaskedStratch変換の方が色が乗り易いとか?私が良く解ってないだけかもしれませんが・・・

あとはレンジ。今回は(RGB画像の)レンジが狭かったので背景に色が出た反面、L画像をトーンで大分沈めないと色が乗らなかった。逆に言えば、いつものLが無理し過ぎなのだと思います。

Lrgb4ctctlab3tonemltlrgb2molrgb2new

赤味・黄味・青味のバランスを吟味したつもりだけれど、まだ赤過ぎる(緑が弱い)だろうか。でもこの銀河は湯上りのイメージだから、上気した感じで良いのかも?

仕上げた時は自分でこんな画像が撮れたなんて!と興奮したけれど、段々"いっぱいいっぱい"感も見えて来てガッカリする。

2018年4月 7日 (土)

ひとまず完成したものの

Lrgb2saidolab2downmltssmocc

何故こんなに背景に色が無いんだろう。銀河はBが強過ぎる?NRが弱過ぎる?輝度が高過ぎる?

何故こんなパステルカラーになってしまうんだろう?彩度だけ上がって、色の深味が出ない感じ。どうにも手に負えない。

2018年4月 2日 (月)

新旧L画像

290枚スタックから起こした2枚(上段)と、昨年の163枚スタック画像(下)

1

昨年画像はプリント用に仕上げたLRGBをモノクローム化したものなので、最終段階での星へのMTや、銀河部分へのスマートシャープが加えられています。

ただ、それを差し引いて見るとしても、127枚差の結果としては物足りない。

やはり今の借家の外灯が強烈過ぎるのか(163枚は前借家で撮影)?いや、その為にLNがあるのだろう、でも悪影響が?と頭の中がぐるぐる回っています。

最微光星や最外周の淡い部分と外灯カブリって、切り分け不可能じゃないかしら。分けるとしたらNaバンドマスク?Naバンドフラットとか??

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

290枚画像の色彩テスト

2

2018年3月26日 (月)

LNの悪影響?

透明度の悪い画像もSN改善に貢献するという星羊翁さんの記事を拝読し、ゴミ箱から薄雲画像を回収しました。

復活23枚を加えた290枚をIntegrateする過程で、改めてLocal Normalizationに疑問符が。

PIのForumに、「LNのReferenceには、スタック後DBEした画像を使う事も出来る」と書かれていたのでやってみたら、銀河周辺に著しい輝度低下が出てしまったのです(↓中列)

1

左列;LN無し 右列;単画像referenceでLN

上段はReference 中段がIntegrate結果、下段はIntegrate後DBEした画像です。

更に、左下と右下のDBE画像を拡大してみると、LN無し/有りでSNに差が。

2

また、290枚LN無しIntegrate(↓左)と、267枚LN有りIntegrate(↓右)を較べてみると、

3

コントラストは右の方が良いですが、SNや淡いガスの拡がりはLN無しの方が断然勝ります。

経験的に200枚を超えての23枚差程度で、ここまで劇的な優劣をもたらすとは考え難いので、LNの有無が影響していると考えられます。

もちろん一概にLNが悪いという訳では無く、使い方-条件の異なる数夜分を一括LNしている弊害かもしれません。Reference画像の構図ズレによる黒い端が悪さをしている可能性も?

いずれにせよ、LNの使用には注意が必要。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

念の為、290枚と267枚のLN無し画像の比較も。

4

やはり、LN使用267枚スタックは失敗だったようです。

2018年3月22日 (木)

昨日より少し暖かい気がするけれど、予想最低気温は33°F (0.5℃)

この先の予報を見る限り、今夜がワンチャンスっぽい?

1

望遠鏡カバーは花粉だらけ。

0322

マスクして作業したけれど、後でクシャミ連発。久しぶりに載せる鏡筒が重い。

TWケーブル筒先 -25℃ 天頂に輝星が無いのでレグルスのスパイダーと近くの星のFWHMでピント合わせ&アライメント→NGC3521  21:19(DST)~22:28 L13枚

22:30 NGC4559に移動 赤緯が益々ひどい音を立てている。キャリブレーションも4度目で漸く。22:40~2:56 L48枚

6:57~ 5sFlat50枚 1s40枚→bias補正

2018年1月25日 (木)

22:45 ポルックスでピント合わせ。

昨夜に引き続き星像の膨らみ方が凄いのは、シーイング?それともフード延長が筒内気流に影響しているのかしら?

レグルスでアライン→NGC3521 23:05~6:?? L75枚

実は2:10にアラームをセットしていたつもりが寝過ごしたsweat01 低空の対象だったのが幸いして、三脚にぶつからなかった。高木通過の数枚は被って使えないけれど、ガイドは追っていたよう。

6:55~5秒Flat

今朝のiPhone気温-2度 薄雲 天気は下り坂。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31