NGC3521

2017年12月27日 (水)

備忘録

日本に帰っている間に絶対忘れてしまうので、今後の予定を・・

・フード作り(確か自宅に材料になりそうなものがあったはず?)

・撮影の優先順位は①3344(TWで架台側) ②3521(TWで筒先側) ③4559(同) ④M63(TWで架台側) 各Flatもbias補正する事

・画像処理は、とりあえず4410、74、3521?LNを有効活用する事

2017年12月20日 (水)

画像処理記事の事など

昔の(っていつの話^^;)ブログといえば個人の日記的なものが殆どだったような記憶がありますが、最近は収入を目指すものも増え、お金を稼ぐからには「面白くて、為になる」記事が広く求められる時代なのかもしれません。

私は最近、特にPI関係の記事をUPする事に躊躇を感じるようになりました。

自分のtrial&errorの備忘録として書いていますが、元来理系は苦手だし、コンピューターも未だソフトのインストールで迷う程の初心者レベル。

「また何かやっているな」程度に御覧頂ければ嬉しいのですが、情報を求め検索でいらっしゃる方には申し訳無い気持ちになります。

まあ玉石混交も自然淘汰も世の道理なので、気にしても仕方が無いのかもしれませんが(案外図々しいcoldsweats01

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

傘マークの多い予報

12201

年末年始に一時帰国するし撮影チャンスは無いかもですが、NGC3521を撮り足したくなりました。

12202

天体写真も一般写真同様、被写体そのものの魅力が大事なのかなと思い始めています。

2017年4月 5日 (水)

嬉しい入選

天文ガイド5月号にNGC3521が出ていたと教えて頂きました。

ここ2か月間で3枚落選していたし、3521は撮り足して仕上げた"こだわりの一枚"だっただけに、とても嬉しい。この画素数でもまだ評価して頂けた事にホッとしてもいます。

IAPには昨夜NGC4410を送信し、今夜にでもNGC2775を応募する予定。採用は難しいでしょうけれど、審査員の方々に御覧頂けるだけでもいいと思っています。

2017年2月14日 (火)

3521のLRGB

Lrgb2

↓色ノイズを低減しました

Lrgb5

拡大すると見苦しい色ノイズですが、遠目では背景に3色が散らばっている方が綺麗に見えて、迷います。

Lのシャープネスも無理をし過ぎたか、、、暗黒帯部分は163枚から起こせば良かったかもしれません。

2017年2月13日 (月)

3521のL画像経過

先日UPした素顔(左)→Deconvolution(中)→Shadows/Highlights(右)

3521try

Shadowsは要らないかもしれません?「これがベスト」を見極める根気が続きません。

2017年2月 8日 (水)

163枚vs90枚

NGC3521のL画像を、枚数を変えてDrizzle stackingしてみました。

1

左上;ほぼ全画像データ163枚

左下;カブリの大きいもの(薄雲、低空など)を除外した104枚

右上;FWHMで選別した90枚

右下;条件の良かった2夜データのみ使用した62枚

163枚スタック画像の全景↓

2

Deconvolution等の処理を一切加えない素顔は、こんな風です。

2017年2月 1日 (水)

昼間は上着無しで歩ける春の陽気だった。昨日のピラティスはノースリーブで寒かったので、今日のクラスには長袖を着て行ったら暑かった。そして腹筋が痛い。

NGC3521のS/Nを補う為に使うつもりだった2015年のデータを見直して、質の悪さに驚いた。薄雲やピンボケやガイドエラーとか、、これはもう少し撮り足さないと。

TWCのおじさんは「今夜は雲が入って来るでしょう」と言ってたけれど、Weather ChannelのHourlyではClearとMostly Clear。確かに薄雲に覆われて眠い空だけど、撮れるだけ撮ってみる。

セッティングを終えて家に入った途端、クシャミ連発。目も痒い。そういや昨夜も近所から大きなクシャミらしき異音が聴こえた。花粉が飛んでいるらしい。

プロキオンでピント合わせ、レグルスでアラインメント→NGC3521へGOTO 隣家の屋根から出るのを待つ。

23:00 キャリブレーションをしようとしたら、あるはずの明るいガイド星が無い。近辺を探し回り、本体がだいぶ下に寄った所で漸くガイド星が見つかった。

前回カラーを撮った時は、殆ど同じ構図でガイド星が入ったのに。それにガイド画面の星像が妙に膨らんでいる気がする。

カメラの角度を変えたりしてみたけれど駄目なので、無理やり暗い星にガイドさせ、23:55開始。

1/28のNGC3344も、入っているはずのガイド星が無かった。カメラが回転していたせいと思っていたけれど、星図と照らし合わせてみたら、むしろ回転した方が中央寄りで入ったはずで謎だった。

ガイドが余りに荒れるので、再度カメラの角度を確かめレグルスまで戻ってピントを合わせ直しなどしたけど改善せず。

4:10 L46終了 あのガイド、あの予報で撮れただけでも奇跡的と思います。

7:00~5秒Flat 途中から2秒 空はウロコ状の雲で覆われている。

2017年1月29日 (日)

今夜は曇り空。時折強い風も吹く。細切れ睡眠で廃人なりかかりの身には、むしろ一息つけて有難い。

NGC3521のRGBをdrizzleしたら、SIのDDPでrにsマスクを入れると横線が出る。

1

Rは14枚。drizzleには少ないのかも?

デフォルトのrgbで使うか、そもそもSIを使わないか、あるいはdrizzleしなければ良いだけの話なのですが、とりあえず覚え書きです。

2017年1月26日 (木)

昼間は強風だった。鏡筒を載せたままだったので気が気じゃなかった。落ちて来そうにブラブラしている樋も気になる。

夕食後、どうにも眠くて22:30まで仮眠sleepy

23:00 天頂のポルックスを入れてSS起動後、MODE AltAz→X-Y→RaDecで、いきなり動き出した。誤作動?それともこの機体のデフォルト?

マニュアルを読み返したら、RaDecよりもX-Yの方が良いので(鏡筒反転無しで子午線越えできる)、暴走を避ける意味でも以後はX-Yで。

ピント合わせた後、レグルスへ移動&アラインしてNGC3521へ。23:32 トラッキング3秒でRGB開始

4:45 目覚ましで飛び起きたsweat01反転警告が鳴ってた、危なかった。時差ボケでベッドだと変な時間に目が覚めるのに、ソファでは何故か熟睡しちゃう。

5:15 R11G11B11枚終了。続いてBias128枚。7:05~GのFlat5秒30枚

2017年1月24日 (火)

嵐は去って素晴らしい晴天になった。今日は半年ぶりにcar運転もしました (怖かった)

昼間セッティングをしようと庭に出て、ふと見上げると、

0124

雨樋が外れて落ちて来そうshock 大家さんに連絡しなくちゃ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

三脚は前回撤収の時に付けておいた印が残っていて助かった。

JPは一人で上げる自信が無く、娘にサポートを頼んで何とか載せましたが、グニャグニャ曲がる~?横穴の高度調整ネジが弛んでいた。こんな事もあるのですね。

そして鏡筒を載せたら、一気に傾いてパニックになった(娘が傍に居て良かったcoldsweats02)バランスウエイト付けるのをすっかり忘れていました。

日が落ちてからは、ST8XMEもSSも無事起動して一安心。PCのキーボードが若干変?

天頂付近に向け、ピントを合わせた後、ビニングから切り取った部分を1×1にして極軸の追い込み。北にズレて行くので東に向け、西にズレて行くので高度を下げ、、など行ったり来たりで3時間。「あとちょっと」が中々決まらない・・・5分でほぼ動かない所で終了。

レグルスでアラインしてNGC3521待ち。23:30隣家の屋根から出て来ました。

でも構図が変というか、あるべき星の並びが無い?予定のガイド星も居ない?散々悩んだ挙句、フォーカス画面にスクロールが付いている事に気が付いた。まあ単なる凡ミスで、他の理由でなくて良かったのかも。

23:50 Finally! 5分L開始

一晩続くこの晴天は有難いなぁ・・と思いながらソファで仮眠していたら、いつの間にか曇っていて雨が降り始めていた!という恐ろしい夢で目が覚めた、夢で良かった。

4:50 SSの反転警告解除 5:10 L61枚終了 

6:50~Flat 実際には7:00からの方が良かった。7:10で20000(この位が全てのゴミが見える)

↓今日からの10日予報。

5

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31