NGC3166,3169

2016年5月12日 (木)

背景の色むら

ここ2晩は天気予報も冴えなかったし、「どうせセッティングした頃に曇ってくるんでしょ」と撮影を諦めていたら、朝の晴天を見て後悔しました。

もっとも、、未だローンケアが現れず、昨夕はとうとう隣人が訪ねて来て「芝刈りしないの?4フィートのブラックスネイクが居たわよ」と促され、暢気に望遠鏡も出し難くなっています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カラーデータの背景処理に悩み続けています。

最近処理した4枚の画像

0

これらの彩度を上げてみると(モニターがイマイチ信用出来ないので、こうするのが解り易い)

1

私の好きなAdam Blockさんの背景に近いのはM96。高度もあり明るい対象なので、無理の無い処理が出来たのかもしれません。

NGC3166,3169とNGC4298,4302は若干難しく、カラーには強めのボカシをかけています。

そしてNGC5204はビニング撮影だった事もあり、大きくボケたムラが気持ち悪い。

ボカシを使わずに色ノイズ浮きを抑え、しかもモノトーンにならないようにするにはどうしたら・・・そもそもノンリニア変換前の背景輝度が高過ぎるのかしら?

2016年5月 2日 (月)

星ナビに

NGC3166,3169を載せて頂いたそうですhappy01

先月の天文ガイドの時に実家の老親に言ったら、すごく喜んでくれたので、今回も早速報告しなくては。

博士にはプリントから郵送まで御世話になり、本当にありがとうございました<(_ _)>

2016年3月26日 (土)

画像処理の見直し;L画像 続き

試行錯誤が多過ぎて解り難くなってしまいましたので、前記事を削除して一本化しておこうと思います。

・Bias&(optimize)Darkについて

MaxImDLでBias&(optimize)Dark補正した153枚をPIでスタックしたもの(左)と、ステライメージでDark補正→PIスタックしたもの(右)とでは差が殆ど見えませんでした。

Untitled2

理論的な事はさておき、ライトフレーム150枚超 Dark40枚ではBias無しでもOK?

・単画像での傾斜補正について

いずれも153枚をPIのIntegration(Winsorized Sigma Clipping Sigma Low=4、Sigma High=3)でスタック後、STFでの表示で比較してみました。

左上;補正無し 右上;MaxImDLのAuto Remove Gradient

左下;PIのABE(Function degree2) 右下;PIのABE(同 Nomalizeにチェック無し)

Untitled3

STFでは背景が均一なほどレンジが狭く調整されると仮定して、ABEの2枚が優秀という事になるでしょうか?画像データの傷みが最少なのは"補正無し"と思います。

MaxImDLのAuto Remove Gradientは、NGC3166,69では好結果でしたので元画像によって結果が変わるのかもしれませんが↓(左;ARG無しスタック 右;ARG有りスタック)

2_2

考えさせられる結果となりました。

2016年3月22日 (火)

NGC3166,3169

これで(再度)完成です。

Lrgb6a

↑の画像はL画像にトーンカーブを使い、淡い部分をほんの少し持ち上げてみました。

HPにも同じ画像をUPしていますが、クリックでリンクする大きな画像は、トーンカーブを使っていない「素」の画像で、背景荒れが少ない代わり、淡いガスの描出は弱くなっています。

今回はSNの改善の為にいろいろ試行錯誤しましたが、劇的な改善方法はまだ見つかっていません。

この銀河やNGC3251の処理の難しさは、明るい中心部と共に、最外周に魅力的な淡いガスをまとっているせいかもしれません。光害のバックグラウンドと淡いガスとの輝度差が小さいのに、無理やりトーンカーブで傾斜を拡げようとすれば、荒れるのは仕方が無いのかも。

(綺麗な画像に仕上げたければ)光害地では淡い部分は諦めなさい、って言われたのを思い出します。

2016年3月13日 (日)

画像処理の見直し;L画像

3166,69のプリントをお願いした博士から、枚数(252枚)の割に背景の荒れが酷いのは画像処理に問題があるのでは?と御指摘を頂きました。

今まで「光害地だから仕方が無い」と思っていましたが(単画像にDDPかけたものには淡い部分が殆ど見えない↓下段)

11_2

以前Flat補正が画像を荒らしていた事もあったので再度点検してみることにしました。

12/5撮影の41枚を、上段;補正無し 下段;Dark,Flat補正後にスタックしたものとで、背景を比較します。

1

更に2夜分94枚でも較べてみましたが特に異常は見えないので、ひとまずDark、Flatはシロと思っていいでしょうかcoldsweats01

utoさんからも、PIのIntegrationの設定がSNを悪化させている可能性への懸念を頂きました。確かに、余り考えもせずデフォルトで使っていたので有り得ます。

とりあえず同じ94枚データを使い、SIのコンポジット(加算平均σクリップ閾値3.0 ランチョス2)と比較してみました。

000

するとSI(下段)の方が滑らかになりました!ただ、PI(上段)の方がシャープに見えるので、ここは滑らかさとシャープさのトレードオフという感じもします。

この結果は以前に補間方法の違いを比較した際の画像を思い出すのですが、今回使ったのはPIのAutoでAlignmentした同一のデータなので補間方法の違いでは無いはず。(あるいは、SIで再度ランチョスを選んでいるので補間プロセスがダブっている?この辺り良く解りませんsweat01

PIのIntegrationは、Rejection AlgorithmにWinsororized sigma clipping(sigma low4 high2)を使っていましたが(左)、No rejectionにするとSNが良くなりました(右)

001

ここでも滑らかさとシャープさはトレードオフの関係に見えます。utoさんからの御指摘;このシャープさはSigmaで星像の膨らんだ部分のピクセルも除外される為で、良像の画像を揃えればNo rejectionでも甘くならない(トレードオフでは無い)という事です。

2016年3月 9日 (水)

なぜボケボケ

NGC3166,3169のLRGB合成までやってみましたが、、、

Lrgb1

あまりにボケボケで愕然としています。元画像も悪かったし、423枚スタックも一因かも?でも淡い部分は出したかったし・・・

これを見ながらLを再度調整してみます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

FWHM2.8未満の252枚スタックでDeconvolutionからやり直してみました。

Lrgb2_2

423枚画像で19×19だったPSFが、この画像では17×17。選別の効果です。

若干ノイジー&処理痕が残ってしまいましたが、パッと見の印象を優先しました。

色彩はもう少し調整が必要かな・・・

2016年3月 4日 (金)

Partly Cloudyに挟まれた数時間のClearは撮影的晴天とは思えないので今夜は画像処理。

全部使うか何枚選別するかで未だ迷っています。

1

284枚(右上)と423枚(右下)のSNの差は確かにあるけど、363枚(左下)と423枚の差は微妙。←iPadで見たら423の方が良かったので、これで行きます。

2016年2月28日 (日)

昼間は暖かな晴天sun

明るいうちから段階的に冷却、-25℃でFlatを100枚空撮りして結露を逃がし、本Flatも無事取得。数日内に乾燥処理しなくちゃ。

19:30 まだ暖かい(13℃) 南隣の犬に吠えられてビビる。ポルックス近くの15000カウント位の星でピント合わせ、FWHM2.2~1.6位。

20:05~NGC3169のL  星がボテボテなのでポルックスに戻りピント合わせ直して(今度は北隣の犬に吠えられた)、20:55 8lから再開 余り変らない。気流も気温も絶好の条件に思えるのに何故だろう?

1:30 シャープにならないまま61lまで。風が強くなってて驚いた。空のせいなら諦めも付くけど、ピントにも確信が無い。この問題ずっと放置しているthink

2016年2月27日 (土)

夫出張中につき娘を送って補習学校へ行き、帰路は娘が運転したのですが車線変更時の後方確認で車体が道を外れそうになりshock大層恐ろしい思いを致しました。

夕方のFlatは結露で失敗。ポルックスからNGC3169へ 20:10~2:00L66枚 2/5より若干甘いかなぁ・・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

画像を選別しようとSubframeSelectorを見て、改めて1/30のFWHMの悪さに愕然。57枚中26枚が3.0を越えている。Jetstreamは逸れていたはずなのに?

1

昨夜もJetstream下がっていたのに、FWHMは2の後半が半数以上だった。

2

4

これまで「シーイングが・・」と言って来たのも、天災(気流)より人災(撮影方法)の要素が大きかったのかもしれないと思って少し落ち込んでしまう。

2016年2月18日 (木)

明日の英語の予習をしていて("The Glass Giant of Palomar"Chapter27 "Palomar")シーイングサイズを調べているうちに、PIのSubframeSelectorでFWHMを見る事にハマってしまいました。

NGC3166-3169のL画像のFWHMグラフ。その夜の振れ幅によって目盛が違っています。

12月15日 1.8~2.2

212153169

12月19日 2.0~3.0

212193169

1月5日 2.2~2.64

301053169

1月29日 2.8~2.5

3

1月30日 (4.1~) 3.2~2.4

401303169_2

2月5日 (3.45~) 2.8~2.0

502053169

後半2夜は開始直後の数枚を除外した方がいいかも。家に近い所で撮り始めたせいかしらと思って日記を読み返したけれど、開始位置は他の夜と余り違っていないみたいなんだけどな??

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31