NGC1400,1407

2016年12月 5日 (月)

まさかの最優秀賞

11/1編集部の方から撮影時期についての問い合わせがあり、1週間後に最優秀の御連絡を頂きました。

その時も、今日になっても未だ信じられなくて、キツネにつままれたような、パラレルワールド上の別世界での出来事のような気がしています。

誌面を見ると、他の方々の素晴らしい画像の中で「何故これが?」と思ってしまいましたが、暖かな講評が嬉しく、選んで頂いた事に感謝しています。手記を改めて読み返すと、まるで小学生の作文みたいで、自分の頭の中身を見せつけられた思いです。

沢山の方のお陰で、ここまで来ました。手記にお名前を書ききれなかった方々にも深く御礼申し上げます。

NGC1407http://galaxies.blue.coocan.jp/NGC1407.html(画像クリックで元画像にリンクします)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(12/17追記)

受賞者には当該号の見本誌が送付されてくると聞いていたので、発売日の前後から、夕方になると何度もポストを確認に出る毎日(御近所の方が見ていたら怪訝に思われたでしょうね^^;)

発売日には書店に行って立ち見したものの、実家の両親が1冊買ったというし、私は見本誌1冊あれば十分と思い、更に待つ事9日間・・・

14日夜になって、「まさか見本誌送付が廃止されていたら?お店で売り切れていたら入手し損なっちゃう」と少し焦って編集部にメールで問い合わせると、送付漏れだったらしいとの事で、早速手配して下さいました。

今日は嬉しい郵便物が2通でした。

1217_2

昨夜も画像処理に行き詰って「もう止めようかな」と思ったけれど、何だか元気が湧いてきました。単純です。

2016年10月14日 (金)

drizzleと解像度変更

先日、drizzle&deconvolutionの記事を上げた後、フォトショップの解像度変更の事を思い出しました。

もともと私の撮影データはオーバーサンプリングなのでdrizzleの恩恵は薄いらしいのですが、画像を大きく出来るので使っていたのです。でも、その目的なら解像度変更でも良くない?(気付くの遅過ぎ)

↓左が解像度変更(Bicubic Smoother)、右がdrizzle画像。共にdeconvolution使用

1

deconvolutionはスタック直後に行うので、左のdrizzle無し画像では解像度変更前の小さいサイズで使います。drizzle画像(右)は星が丸く「際」が滑らかになるので、decoの効きは弱く感じられます。

↓上段は解像度変更、下段はdrizzle画像

2

上段の方が星が締まっていますが四角い。

背景ノイズは、上段;Bicubicの作用でウネウネ 下段;細かいがノイジー

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

両者、一応の完成画像です。

Printnondrizzledarky

Printdrizzledarky

プロセスの違いより、レンジ調整の差が大きいかも。

2015年10月26日 (月)

NGC1407

カラーを処理し直したので、再UP

Ngc1407n

粗も多いけど、ひとまずこれで完成です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

FBで、この銀河を取り囲む球状星団の情報を頂きました。

https://sites.google.com/site/leespitler/research

01

うーん、写ってないと思う。(写る訳が無い?^^;)

↓右は、すばる望遠鏡の画像からNGC1400と1407の光を引いたものだそう。淡い銀河と星の色の参考に貼っておきます。

02

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

実は、画面内の右上に較べて左下のSNが悪い事が気になっていました。輝度は同じ位なのに、ノイズの粒の粗さが違うと言うか。

暗い微光星が多くてNRの効きに影響が出たのかとも考えましたが、そういえば以前NGC2403でも同様の事を感じたので(カメラは違うけどサイズは同じ)、別の原因かもしれません。

2015年10月21日 (水)

撮影した単画像は処理に入る前にPIのSTFで確認する。使えない画像に無駄な手間をかけたくないので。

昨夜60枚撮ったNGC1407も、ガイドエラーが多かった。

00_2

左上(33)が理想的な星像とすると他のは破棄案件なのだけれど、画像の奥行き感を出すためには1枚でも枚数を確保したい。とりあえず下段の3枚を破棄。

明らかにダメダメのもあったので、昨夜分は53枚になった。

2015年10月20日 (火)

今朝さっそく点検の人が来てくれて、まず訊かれたのはbeepに間隔があったかどうか。間隔があく時はバッテリー切れで、本当に危ない時はピピピピと連続で鳴るんだそう。バッテリーは3~4年で交換になる。

念のためにFurnusも点検してくれてOK、ホッとしました。Detectorはバッテリーだけ交換するのかと思ったら、新品2台になった。まあお支払いは大家さんだからいいか^^; 

作業の間、私は1407のL85枚をコンポジットしてみた。

00

「今晩は、もういいかな・・」と思ってたけど、これを見たら撮り足したくなるじゃないですかlovely

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

22:00 アルフェラッツから1407、、と思ったら遅らせているSSでは未だ地平線の下ということで、とりあえず210から開始。

23:30 NGC210は12枚 NGC1407に移動

4:50 反転警告解除 5:00 L60枚終了

連夜の撮影もそろそろ限界と思いつつ今夜も晴れそう・・と漠然とステナビを眺めている。

以前から思っているけど、銀河を視直径で限定表示してくれる機能があればいいのに。(ニーズ少ないかもですが)

7:02~ Flat

2015年10月19日 (月)

月がだいぶ大きくなってきた。

夕方に光軸を調整し直し(朝は鏡が曇っていて良く見えなかったので)、TWケーブルビス側で21:06~NGC210

2枚撮った所でSequenceのLightとFlat両方開けていた事に気付く。レアなミス。

それにしても撮影ってセッティングからキャリブレーションまで、ちょっとしたミスが命取りになったりするのよね。ケーブルの取り回しからビニングの有無まで気を抜けない。

最近よくやってしまうのが、構図を決めて撮影に入ろうとGuideのExposeするつもりがCalibrationにチェックが入っていたというもの。やり直さなくちゃならないから凄く面倒。

0:19~NGC1407

3時過ぎ、ソファで寝ていたら、またCO detectorのアラームに起こされたwobbly

実は夕方また鳴り始めたので、1階の同型機と交換して様子を見ていたのです。もし本当に2階にCOがあるなら交換したものでも鳴るだろうし、逆に1階で鳴ったらdetectorの故障という事になる。

鳴っていたのは1階の方だった。コンセント電源かと思っていたのに、、、

Img_05931

バッテリー併用だったなんて。

まあでも古い家だし、先日も近くのモールで一酸化炭素中毒騒ぎがあったばかりだし、一応点検して貰うつもり。

このアラーム音って凄く神経に障るんですよね。これと、MaxImのstar fadedの音と、SSの反転警告音は心臓に悪い。

5:15 何か聴こえたような気がして、目覚ましより早く目が覚めた。反転警告だった→解除。ケーブル分の隙間しか窓を開けてなかったのに我ながら凄いと思う。

7:00~ Flat

2015年10月13日 (火)

マルカブからNGC210 21:20開始で楽勝のはずだったのに、1枚目を見て愕然。星像はボケボケだし、銀河の真上に大きなゴミの影があるbearing

カメラを外してブロワーで吹き、アルフェラッツでピントを合わせ直して再度撮るも、まだ甘いしゴミは残ってるし。

ブロワーをもう一度、ピント合わせはもう二度やり直して、それでもゴミは取れないしピントもイマイチだけど、もう疲れました。今夜はNGC1407のカラーを撮ることにする。それまでの繋ぎに210のLを13枚。

0:16~ NGC1407のR8G8B8をセットして仮眠sleepy ホントは固め撮りしたいけど、寝ておかないと今週もたない・・・と思っていたのに、2:40警告音で起こされたwobbly 雲が出ている。

2時間ほど待ち、まだ雲はあるけど再開。R6G6B6とL10枚

6:55~Flat60枚(7:00~でも良かった) 軒から水が滴り落ちている。幸いSS電源への直撃は逃れたけど要注意。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

左上;昨夜 左下;11日 右上;7日 右下6日

1

イヤミのように銀河にカブっているこのゴミはウィンドウ辺り?少なくともCFWは外してみないとダメそうですdespair

2015年10月11日 (日)

昨日は雨rain今日は夕方につれ快晴になったshine

誕生日のサプライズで夫と娘がHappy Birthdayを歌いながらプレゼント(もちろんwine)とカードを持って階段下りて来たら、私はセッティング中で居なかったというオチも有りcoldsweats01

21:20~NGC210の5分L60枚

3:00~NGC1407の5分L 右上の小さな銀河をできるだけ沢山入れたくて3度構図を移動したのでL7からが本番。

本当は左下にハの字に並んだ2つのエッジオンも入れたいのだけれど、右上の方がより魅力的なので・・・でも入りきらないかなthink

6:10寝過ごしたsweat01Lは実質30枚終了。

6:55~Flat50枚 終了時で19000台だったので、次回は6:57,8~でいいかも。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

NGC1407の構図確認のため、Dark補正のみで30枚コンポジットしてみました。

1

ガイド星的にはこんな感じだったのだけど(つまりこれ以上寄せられない)銀河の位置が微妙に違うかも?

2_2

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31