学校

2017年2月23日 (木)

アパートを借りる

二女が4月から通う大学は、自宅から片道2時間です。

当初は学生寮に申し込むつもりでしたが、選考は一般入試後の3月初旬。しかも、もし優先順位があるとすれば我が家は近過ぎる?というわけで、急遽アパートを探す事に。

こういうのは経験が無いので条件の読み方も良く解らないながら、"家賃+管理・共益費(5万円以下)""駅からの徒歩時間(10分以内)""構造(鉄筋コンクリート造)""2階以上"の条件で検索し、良さそうな物件を選びました。

長女に下見に行って貰い、いざ契約する段になって問題発生。契約者は収入があり、国内在住でなければならない。

当たり前と言えば当たり前過ぎるこの条件が、我が家にとっては難しい。長女は未だ学生だし、夫は日本に住民票が無いし、祖父母は年金暮らしだし(?もしかしたらOKなのかもしれませんが)、つまり契約者になれるのは長男だけ。

「3親等以内」という緊急連絡先を祖父母にスカイプで頼み、保証人については「(不要の代わりに)保証会社利用が必須」との事で、初回に家賃+管理・共益費の50%と、毎月1,200円の保証料が上乗せされるそう。

(つまり初期費用は、家賃1ケ月+前月日割り分+敷金(1ケ月分)+鍵交換費用16,200円+初回保証料(上記)+仲介手数料50,760円≒20万円)

不動産屋さんから申込書をPDFで送って貰い、それを長男に転送。プリントアウトして記入→スキャン→返送されたものを、我が家でプリントアウトして記入→スキャン後、不動産屋に返信、という冗長な手続きを、一昨日中に済ませなくてはなりませんでした。

平日で仕事中の長男からの返送を待ち、最終的に返信出来たのは深夜の2時(日本時間の16時)頃。なんとか先方の営業時間内には間に合ったと思うのですが、それから1日半経っても連絡が無いので少し心配になっています。

通常こういう手続きは現地に赴き対面で行うもので、メールでの遣り取りなど余計な手間なのかもしれません。アパートを決めてから渡米するとか、帰国の日程をもっと早くするとか、その辺りの心がけが悪かったと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

20:00 返信頂きました~ホッとしました^^

2016年12月16日 (金)

合格発表

10時に構内での掲示のみなので、2時間かけて見に行きました。娘は定期が使える品川回り、私は財布を忘れて一度家に戻ったので八王子回りで、現地で落ち合いました。

番号があって良かったですhappy01

1216

帰りに品川でQBGのケーキを買って来ました。

2016年6月15日 (水)

卒業

ここ数日は、二女の現地校卒業関係でバタバタでした。

日曜日は、ESL出身生が集まってのGraduation Party。

ヘレンさんの週末の職場である日本料理店の店長さんが場所を提供して下さり、お店からの差し入れ(クロワッサンサンドの大皿・中華の炒め物・スイカ・業務用のスィート&アンスィートティーのディスペンサー)と、親の持ち寄り料理(私は唐揚げ・肉巻き・焼きそばを持参)で、バフェ形式のパーティでした。

もっとも、Graduation Partyは料理よりも写真撮影の方が重要で?撮影用のセッティングや小物が準備され、娘達は沢山写真を撮っていたようです。

集合時間になっても日本人しか来てないなどのハプニングはありましたが、特にインターナショナルな集まりでは1時間ぐらいの遅れは誤差範囲とゆったり構えて、状況を見ながら手伝える事は積極的に手伝うという処し方を学んだ感じ。

そして、ヘレンさんを取り巻く人々の優しさにも感銘を受けました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

月曜日は、高校のstudent serviceで一悶着。

日本での帰国生入試にはtranscriptとdiplomaが必要なのですが、複数大学を受験する場合、自分でコピーしたのでは不可で、高校印のあるもの或いはノータリー等で原本証明を受けたものなど、大学によって決められています。

transcriptの方は数通作って頂く事をカウンセラーにお願いしてあったのに、diplomaを頼んでないというので驚いて確認に行かせたら、そもそも高校側に「学校印などの証明付きdiplomaのコピー」というものが無いと言う。

「なぜ何通も必要なの?」「学校でコピーしても貴女がコピーしても同じよ」「コピーに学校印は押せない」と、けんもほろろに断られてしまったんだそう。

その夜、会食に招いて下さったESLのボランティアの先生に相談しても「diplomaは飾りみたいなものだから」と言われたとか。データベースがあり、いつでも有料(1枚5ドル)で受け取れるtranscriptとは扱いが違うのでしょうか。

翌日には私も出向き、何とかカウンセラーの方にそれらしいものを作って頂けることになりましたが、帰国受験をする日本人がある度に、この手の攻防が繰り返されるのかも・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして火曜日の夜、7時半~9時までが卒業式でした。

アップタウンのアリーナまでは、事故渋滞もあり集合時間に間に合うかヒヤヒヤしましたが、幸い駐車場にもすんなり入れ(現金必要)開場まで20分、列に並んで待ちました。

娘は、入場してきて着席したら背の高いクラスメイトに挟まれて見えなくなり、diplomaを貰う段になって漸く「あそこに居たのか!」と。そんなこんなで感慨に浸る間も無かった。

蒸し暑い宵で、式中に雷雨の音が聴こえてきたこと、終了後は凄い人混みで互いを見つけるのが大変だったこと、出かける前に軽く食べ行ったのにお腹が空いて、でもレストランもPublixも閉店で、HTでsushiを買って来て遅い夕食を食べたこと。

後になって懐かしく思い出すのかもしれません。

2016年4月16日 (土)

Promの日

もともとはESLの女の子6人で行くつもりで、写真撮影の場所やレストランも決めていたのですが、先週の木曜日にバンドのジュニアの男の子から申し込まれ、本人ハッピー、親は混乱のまま当日を迎えました。

午前中は娘をアースデイ関係のイベントのボランティアに送って行き、撮影場所を提供して下さる先生と男の子のお母さんにチョコレートを買い、包装のティシューを買いにマーシャルズに寄ったら、レジの男の子に「ネイバー!テレスコープの!」と声を掛けられてよくよく見たら隣のお兄さんだった。値札が付いてなかった小鍋が超ディスカウントで買えたけど、多分なにかの間違い。

2時にトレイシーが来宅し、二人でマスターバスルームで髪を巻いたりメイクしたり。娘のドレスはスカートが拡がったデザインなので、ウエストの繋ぎ目部分でファスナーが上がらなくて焦りました。メイクにも手間取ったらしく、4時の約束に少し遅れて出発。

写真撮影は、以前ボランティアで娘達のESLを教えて下さった先生のお宅を使わせて頂きました。青い水をたたえたプールのあるバックヤードは新緑やお花も綺麗で、最高のロケーション。

他の女の子達の写真は載せられないので、とりあえずこれだけ。

Prom1_2

男の子のブートニアは女の子側で用意するものと聞いていましたが、今回はあちらのお母さんがリストコサージュと御揃いで用意して下さいました。

この後、女の子達は当初予定していたイタリアンレストラン、娘は彼の車で別のレストランへ行き、8時にアップタウンのホテルの会場で合流したようです。

娘の話によれば、プロム会場は暗く、人数に比して狭くギュウギュウ詰めで、多くの子は靴を脱いで踊っていた。脱いだ靴やバッグはテーブルの上に置き、先生が見ているから盗難の心配は無かったとか。

11時頃に「これから皆バンドのキャリーの家に行くんだって。いい?」と電話が来て、帰宅したのは1時過ぎ。みんなお酒飲んだりタバコ吸ったりして居づらいから帰って来たそう。

それにしても16?17?歳の彼のエスコートぶりには感動したらしい。ドアのホールドはもちろん、車の乗り降りでは先にドアを開けてくれ、レストランでは椅子を引き(娘は最初気付かずに自分で座ってしまったと)オーダーや支払いをこなし、深夜に疲れも見せずに送り届けてくれました。

2016年3月19日 (土)

Litter Pickingなど

午前中は先月と同じ場所でLitter Picking。

「先月は30袋分も拾ったのよ」とリーダーのケイトリンさんが言ったけど、その効果が続いているのか、あるいは道路工事が終わったせいか?前回程のゴミの量では無く、2時間程で終了しました。

メンバーは、ケイトリンさんと私達親子以外は、先月いなかった人達。土手の下まで下りて行き沢山のゴミを拾っていた40代ぐらいの御夫婦、私の集めたゴミを「youには重いから」と代わりに運んでくれた初老の男性、高校生の娘さんとお母さんと、反対方向に行った4人ぐらい。

今回はlitter pickerは配られず、軍手で拾いました。急傾斜の藪の中からゴミを拾い出すのは、ちょっとした山登りぐらいに疲れましたが、いい運動になったと思います。

そういえば若い男性の写真がついた運転免許証を拾ってしまってcoldsweats02どうしていいのか解らないのでケイトリンさんにお願いしました。何故あんな所に落ちてたの?

30192

桃畑がキレイでしたcherryblossom

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夫の補習学校通いも今日で最終。「来週から土曜日何していいか解らないなぁ」ですって。

確かに、娘も卒業したから、何年ぶりかにフリーの週末が戻って来る。

そういえば帰路に信号で停まった時、ボクシングスタジオで鍛えている男性達が大勢見えた。コミュニティに戻って来たら、ベビーカーを押しながらジョギングしている男性も。

みんな寸暇を惜しんで鍛えているのね。ウチも何かやらなくちゃ?

2016年3月12日 (土)

卒業式

今日は二女の日本語補習学校の卒業式でした。

幼稚部から小・中・高までが一緒の式で、最高学年となる高3の3人のうち在籍期間が一番長かった娘が答辞を読んだのですが、2日前に急遽屏風折りに書いたものを用意する事になり、時間の無い娘に代わって私が清書したので記念撮影。長かったwobbly

2

白いバラの素敵なコサージュは、Nちゃんのお母さんが親子分を作って下ったもの。

先生方への御礼のカードは、Eちゃんのお母さんが可愛らしく飾って下さいました。

3

親の方が緊張した答辞は、途中から涙声になりながらも無事に終わりホッとしましたが、(私が清書した)原稿には無かった両親への言葉は全くのサプライズで、ビデオを撮る手が震えてしまいました。

先生方からもお花やお菓子を頂いたり、

4

娘は本当に補習学校で幸せに過ごさせて頂いたんだなぁと、改めて感謝した一日。

夕方、Eちゃんのお母さんが予約して下さったLee Cafeで3家族で会食。寿司ロールも蒸しギョウザも、セサミチキンやホイコーローや海鮮あんかけヤキソバも、どれも美味しくて嬉しかった。卒業のお祝いに、とデザートをサービスして頂きましたheart04 

2016年2月21日 (日)

Litter Picking

娘は卒業プロジェクトのテーマに"ゴミ問題"を選んだそうですが、レポートとプレゼンテーションに加え、テーマに沿ったボランティア証明15時間分が必要とのこと。

こういうの、言葉も出来ない、ツテも無い、行動範囲(私が連れて行ける範囲)も狭いという三重苦の我が家は途方に暮れてしまう訳ですが、本人がVolunteer Matchというサイトでゴミ拾いの仕事を見つけて来たので、昨日は送迎がてら私も一緒に参加してみました。

家から車で30分ぐらいの所にあるGreen Wayの集合場所に(迷いに迷った挙句)たどり着くと、さっそく軍手とlitter picker(ゴミ挟み)&オレンジ色のゴミ袋を手渡されて沿道へ。

Trash1

ガードレールの外側1m程の幅を残して急に落ちていく傾斜地。茨のようなトゲのある植物も作業を阻みます。

煙草の吸殻多数、空き缶、ペットボトル、発泡スチロールのコップやランチボックス、シリアルバーやポテトチップスの袋といった食べ物系から、車のホイールや工事現場から飛ばされたような大きな防水紙まで・・・・・うっかりタイヤの切れ端を拾ってしまったら、網目状に針金が入っているんですね。手袋に引っかかって取れなくなって困りました。

Trash2

メンバーは私達の他に、リーダーのケイトリンさんと犬を連れたボーイフレンド?と、中年の男性2人女性3人、後から加わった中国人のイェンさん(日本の有村智恵というゴルファーがホームステイした事があると言っていた)とエミリーちゃん、ハンナちゃんとお友達?の総勢13人だったと思います。

9時から12時までの3時間、娘は「疲れた」と言っていたけど、私は屋外で黙々と作業するのが性に合っているらしくアッという間でした。

一晩寝て今朝になったら右手首が腱鞘炎のように腫れて痛くて←litter pickerの使い過ぎ 次回はなるべく手で拾った方が良いかも。

そういえば夫の会社はAdopt-A-Highway volunteersに登録していて、申請した2マイルの区間の沿道のLitter Pickingを行うそうです。

2016年2月15日 (月)

また休み

今日はもともとPresident Dayで休校日だったのですが、先日の休みのmakeup dayとして登校する事になっていました。またWinterStormの予報が出ているけれど、この辺りは左程酷くなさそうだったし。

私がちょっと寝過ごして6時に起き、夫は6時半近くに下りて来て「あれ、まだ起きてないの?」と慌てて2階の娘を起こしに行ったら、「休みだって」・・・脱力しました。

スクールバスの時間が6時半なのに、CMSからメールが来ていたのが5:46だもの←見てなかったcoldsweats02 まあ遅刻するよりは良かった。

夕方の全国ニュースでは雪や凍結による事故も多発しているらしく、当地の空港もフライトのキャンセル多数だったと。

明日は一転、急激に暖かくなるそうです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夢の中に繰り返し出てきて気になってしょうがなかった曲。あやふやな2小節ほどのヒントから娘が捜し出してくれました。2014年リリースの"Rude"

https://www.youtube.com/watch?v=PIh2xe4jnpk

ついでに、ピラティスで気に入った曲と、

https://www.youtube.com/watch?v=Wg92RrNhB8s

ラジオで気に入った曲

https://www.youtube.com/watch?v=P_WyB1Yunqw

同じLordeからもう一曲

https://www.youtube.com/watch?v=biUnzjsuehA

ついでにこれももう一度貼っておこう

https://www.youtube.com/watch?v=jcldRUkgcA0

折りしもTVではグラミー賞の授賞式の真っ最中。

2015年11月 8日 (日)

最後の大会

昨日は娘のマーチングバンドの最後のコンベティションでした。

先日ホームゲームでのハーフタイムのパフォーマンスは見たけれど、土曜日ごとに遠征するバンドのコンペティションは行った事が無かったので、これが最初で最後。

拍手しながらなのでブレブレですが、iPadで動画を撮りました。

雨が上がって良かった。

この予選では参加10校中3位、ファイナルでは4位だったそう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ミドルスクールからやっている子も多い中、シニアで入って約4ヶ月余り。慣れないことばかりで時間の遣り繰りも大変だったけど、終わってしまうと淋しいみたい。

親としては、こんなに楽しそうな部活ならもっと早くに入れてあげれば良かったかなと、ちょっと思ったりしました。

2015年10月24日 (土)

DMV再挑戦

昨日のTeacher Workday、二女はひと月前に落ちたroad testに再挑戦しました。

9時に着いて終わったのが1時。オフィスが寒くて冷え切った~sad 

必要書類は前回と同じかと思っていたら、車の登録カードも必要だった。前回「要らないの?」と思っていたのよね。どうなっているんだろう。

女性の試験官で、終わっても何も言われず「10番窓口へ行くように」と指示されて、行ってみたら会計だったので受かったと解りました。

窓口のおじさんに「何歳?」「18」「えー!?」とかなんとか英語でからかわれてた。だって、ちっちゃいんだもの。料金は12ドルでした。

「みんなやってるから」と、仮の紙免許と一緒に車の前で記念写真。ネットに載せるんだそう。

15日以内に本免許が郵送される事になっているけれど、以前届かなくて再度DMVに行ったことがあるから、今回も心配です。ソーシャルセキュリティカードもそうだけど、こんな大切な書類を郵送する?と思ってしまう。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして今日さっそくマーチングバンドの大会の為に、学校へ運転して行きました。

昨日まで「送り迎えが大変」と思っていたのに、なんだかヒナが巣立っちゃったみたいな感じ。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント