お出かけ

2017年8月13日 (日)

Mount Mitchell③

予報が良い方に外れています。

18130

Blue Ridge Pkwyには多くの滝がありますが、今日は一番人気のLinville Fallsへ行ってみる事にしました。

昨日の山歩きで、娘のみならず夫も私も膝裏が痛むので"easy"コースをチョイス

081310_2

"strenuous"(激しい)コースのPlunge Basin overlookには、yellow jacket(スズメバチ)注意報も出ていましたし。熊とスズメバチには遭いたくありません。

Chimney View

081315

upper falls

08139

081314

Dugger's Creek

081313

昼食はLittle SwitzerlandSwitzerland Inn

08138

チキンサラダにパンを付けて10ドル(だったかな?)意外にリーズナブルでした。

08131

午後はEmerald VillageのMining Museumへ。

ここは20世紀初頭にBon Amiクレンザーの原料となるfaldspar(長石)を産出していた鉱山だそうです。

081312

そのBon Ami Mineの内部

08136

こちらは道の反対側にあるBig Deal Mine 砂利を洗いながら原石を探すアトラクションがありましたが、バケツ1杯分で35ドルとか。

081311

Discovery Millの上階には、鉄道模型の展示なども。

08134

08135

夏休みの子供達には格好のスポットと思うのに、お客さんは殆ど居なくて勿体無い。

売店でドリンクを買い、帰途につきました。

08133

おまけ。山荘近くのgeneral store

08132

2017年8月12日 (土)

Mount Mitchell②

今朝は青空も見えました。

08124

Mount Mitchellに向かうBlue Ridge Pkwyも、場所によって晴れていたり曇ったり。

そして山頂(6684ft.)は霧の中・・

08125

展望台付近と駐車場を繋ぐBalsam Nature Trailを歩いてみました(Map)

08126

天気も好転、段々晴れ間ものぞくように。

09127

そこここの木に引っ掛かっているのはLichen(地衣類)だそう。サウスで見たMoss(蘚類)に似ているけれど、全く違うもの?

08128

キノコもろもろ。私が見つけると夫がすかさず撮る。

2

3

08121

上段中央は、ギンリョウソウモドキ↓(アキノギンリョウソウMonotropa uniflora)の蒴果と思います。

0812

花の盛りだったPink Turtlehead

08129

駐車場で一息入れた後、Old Mitchell Trailを歩き始めましたが、下り続きで二女が膝痛を訴え断念。おそらく前日までジムでの走り過ぎが原因です。

次に向かったのはCraggy GardensCraggy Pinnacle Trail 平坦で歩き易いとの事でしたが、入り口の標識を見て愕然。

08122

「7マイル(約11㎞)?shock」本気で止めようか迷いましたが、「.」が消えていた(釘穴と思った)だけでした。小数の最初の"0"を書かないのがアメリカ流。

Upper overlookからの眺め。石楠花や紅葉の時期なら尚良いかも。

08123

今日の〆は、山荘の近くの滝

081210

夕食を食べようとする頃に雨が降って来ましたが、

7

夜には晴れ間が拡がり、22:30頃まで星空を堪能する事が出来ました。(流星は殆ど流れなかった)

2017年8月11日 (金)

Mount Mitchell①

Mount Mitchell近くの山荘に来ています。

「〇〇の村」的に一括開発された別荘地の1軒(ユニット)を買ったオーナーが、自分達が使わない時は一般に貸し出しているというシステム。

リネン交換やゴミ処理などの管理はリゾート会社が行っているようですが、備品やインテリアはオーナーのものです。

08111

08112

08113

今日の夕食は、TJのタマレスとチョップドサラダ、そして冒険で買ってみた"Mastard EGG"は卵のピクルスみたいなの。お酒のつまみには有りかもしれないけれど、もう買わなくてもいいかcoldsweats01

08115

標高1000mぐらい?テラスは北天に開けていて、寝ながらペルセ群を見るのに絶好のロケーションなのですが、

08114

残念ながら夕方から雨が降って来ました。

2017年8月 6日 (日)

湖畔でブランチ再び

今朝は雲一つない快晴sun 8:30に家を出て、Lake Wylie(Mcdowell Nature Preserve)に行きました。4年前と同じサイトです。

08065

08064

着いたら、まずは火起こし

08063

熾火が出来たらパテとバンズを焼き、レタスとトマト、オニオンスライスを挟みます。コーヒーは家で淹れてポットで持って行きました。

08068

娘のスマホ画像を拝借

08066_2

昨日Farmers Marketで買ったトウモロコシも、皮のままフォイルに包んで焼きました。

08067

この後、1時間ほど林間トレイルを散策してから帰宅。

お金のかからない贅沢なレジャー、でも娘が帰国してしまったら?・・夫婦だけでは来ないと思う。。

2017年5月14日 (日)

昼間、日食のロケハンにGreenvilleへ。

05143

9:15頃に家を出て85号を西へ2時間ほど走り、地図で目星を付けておいたFalls Parkに行ってみましたが、

05142

街中にある市民の憩いの公園という感じで人が多い。渋滞や交通規制、駐車場などに不安もある。

次に向かったのはYMCA

0514

ここは絶好のロケーション。

メンバーシップを持っているので利用できると思いますが、当日団体利用が入っていないか問い合わせた方がいい。

Greenvilleは皆既食帯中心からは少し外れているので、他の好適地も探す予定です。

それにしても良い天気でした。当日もこの位晴れて欲しい!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜の撮影の方は、明るいうちから-15℃冷却&Focusで結露を逃し、21:15~NGC3344のRGB 

10.13等のガイド星で5秒かけてもBは危うい。一度警告音。ドキドキ。

2:40 何とかRGB10枚ずつ終了。

下弦もあるので電源を落としてしまった。-15℃600秒のDarkを撮れば良かった。

2016年4月24日 (日)

Litter and Strawberry picking and..

土曜日は娘に付き合って3度目のゴミ拾いボランティアでした。

今回はイチゴ園の前の道路だったので、夫は私達を待っている間にイチゴ摘み←「一緒にゴミ拾いすれば?」と言ったのですが、「疲れてるんだよ」と断られました^^;

まあ、おかげで大粒の見事なイチゴを沢山持ち帰ることが出来たのですけれど。

「アメリカの果物は美味しくない」って心配していた事もあったけど、オレンジ、スイカ、イチゴに、桃も安くて美味しい果物天国。日本に帰ったら恋しくなりそうです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして今日は朝8時からgardeningのボランティアのはずだったのに、現地にスタッフが見当たらず空振り。

折角なので、公園内を散歩してみました。(夫撮影)

26624814265_d8db8dcd80_z

26019100934_7dabf36c74_z

26019095984_0e4c01cac7_z

26019097044_0c10ac5bbd_z_2

東山魁夷の絵のような風景。

野生のルリ男くんにも会いました。

26019098784_c427dc52b3_z

2016年4月 1日 (金)

2度目のBoston①

前回はとにかく寒かった思い出が強烈で。

今回は出発の前夜から、当地にthunderstormの予報が出ていて「飛行機がキャンセルになったら」と散々心配したけど、予定通り7:50のフライトで10時過ぎにBoston到着。

空港からホテルへ向かうタクシーで運転手さんがずっと携帯でしゃべっていた言葉、娘が「何語?」と訊いたら「ソマリ語」 彼女のESLの友達の言葉と同じだったので気になったそう。

Expediaでフライト込みで予約したTaj Boston。まだ午前中だったので荷物を預けるだけのつもりでしたが、早速チェックインさせて貰えました。

Bo21

建物自体(水周り等)はやや古いけれど、アメニティ等も行き届き、従業員も皆感じが良く、とても快適な宿でした。立地も便利で、かなりオススメです。

昼食は二女のリクエストで、SHAKE SHACKのハンバーガー

Bo22

すごく混んでた。でも待った甲斐はあったかな。バンズもお肉も美味しく、トマトやソースのバランスも良くて、今回の旅の食事の中では一番美味しかったかもしれません。

娘のもう一つの目的はBrandy Melvilleで服を買うこと。私には良くわかんないけど、コンパクトでクタッとしていて、着るとお洒落に決まるシルエットの服?

Newbury Streetは他にも、モールでお馴染みのお店や良さげなカフェなどが並んでいて、若者がブラブラ歩くのに楽しい所という感じ。VINCEの服が素敵(私には高いけど) 公園に近い辺りには高級ブランド店も幾つかありました。

この日のBostonは暑いぐらいの陽気で、上着を脱いで腕にかけて歩いている人が多かった。公園には上手なのか下手なのか解らない胡弓の音が流れ、池は干上がり、カモが座っていた。

さて今夜は、フィギュアスケートの世界選手権の男子FPを観るので、The Harpでクラムチャウダーやロブスターサラダなど早めの夕食を食べ、6時少し前にTDガーデンの入り口の列に並びました。

昨年の全米選手権同様、かなり上段の安い席。でも、TVでは解らない選手達のスピードや軌道を俯瞰できるのを楽しみにしていました。特に羽生君。

動画は禁止ですがフラッシュ無しの写真撮影はOKでしたので、夫が撮ってくれました、

Sk1Sk2_4

Sk3Sk4Sk5

Sk6_2Sk7_2

Sk8

Sk9

彼の演技を生で見るのは殆ど初めて(オリンピックの前年にショーで一度観ただけ)なので良く解らないけれど、素人目に他の上位の選手との圧倒的な差は、この夜の演技には感じられなかった。

たぶん他の観客、日本人ばかりでなくアメリカ人も、演技開始前には「彼が凄いものを見せてくれるんじゃないか」という期待に満ちていて、それが落胆に変わっていったような気がします。

優勝した選手のスピード、ステップの巧みさ、力強さは、遠目にも素晴らしかった。会場がどんどんヒートアップして、まるでフットボール場のような轟音の大歓声でした。会心の演技の後、リンクの真ん中であれを一身に受ける選手の快感たるや如何ばかりか。

帰りの電車で駐在らしき日本人家族を何組か見かけました。きっとスケートファンでなくとも「羽生君が出るから観にきた」という現地の方も結構いらしたでしょう。そんな皆が心に小さな落胆を抱いて家路についたであろう事を思うと、彼の肩にかかるプレッシャーの一端を垣間見たような気もしました。

2015年12月22日 (火)

4度目のアトランタ

日曜から月曜にかけてアトランタへ行ってきました。夫のパスポートを受け取りがてら、私は美容院で半年ぶりに髪を切り、夕食は娘のリクエストで韓国バフェへ。

片道4時間の道中で「アトランタは何回目だったっけ?」という話になり、一度目は観光で、二度目は英検、三度目は英検の二次試験で、今回が4度目というところまでは確認。

でも前回(2012年11月)の夕食をどこで食べたか?・・・このブログにも「風邪で絶不調」「行って帰ってきただけ」としか書いてないし、夫も私も娘も全く思い出せない。

おそらくは郊外の高台にあるホテルに泊まり、そこのレストランでシュリンプグリッツを食べたのが、多分その時だろうということになりましたが、やはり記録は大切ですね。

今回夕食を食べたCho Won Buffetは焼肉食べ放題にお得感があるけれど、野菜のお惣菜がチョット期待外れでした。

翌日の昼食は美容院の近くのI Luv Phoというベトナム料理屋さんで。

私的にはコリアンダーとミントたっぷりの料理を食べたかったのに、メニューの読み方が解らず、運ばれてきたのは至極普通の炒飯だった。

ので、無理やり夫の食べかけのフォーと交換して貰いました・・・と書きながら思い出したのだけれど、夫は今夜、風邪?インフル?で寝込んでるんですよねshock

2015年8月12日 (水)

Mesa Verde - Sedona⑤

Sedona滞在の3日間では、今日の天気予報が一番いい。と言っても11時と18時に1時間ずつの雷雨予想thunderrain

雨が降らないうちにCathedral Rockへ向かいました。

13

https://www.youtube.com/watch?v=TMcxxcZtXDI

ここからまだ上を目指すか、それともTempleton Trail-Baldwin Trailへ向かうか?家族協議の結果、Templeton Trailを行く事にしました。

14

途中、けっこうな下り坂(帰りは登り坂)を降りて林に入り、川沿いの道を歩きます。

Baldwin Trailは山をぐるっと周回する道ですが、反時計回りのルートをとると3分の一ぐらいは退屈な道が続きます。しかも日向だし案外長いsad 何度も水分補給休憩を入れました。

15

余程引き返そうかと思ったのですが、その先に感動的な景色が待っていました。

16

(撮るつもりじゃなくても写野に入ってくる夫とか)

17

木に這い登っていった爬虫類

18

19

あるいは時計回りのルートをとって電信柱が並んでいる辺りで折り返せば、景色の良い所だけを楽しめるかも。水分必携、スナック・虫刺されの薬も持って行けば安心だと思います。

遠くに黒い雲が見えたので予報を思い出し、急ぎ足で帰路を辿りました。

昼食はWildflowerCafe(Wildflower Bread Company) 美味しいパンとサラダという、私的ランチに理想的な組み合わせが嬉しいheart04

20

午後はTlaquepaqueへ。

2223_2

2425

2628_2

個性的なお店やギャラリー、レストランやカフェなどがあり良い雰囲気なのですが、お店の人との遣り取りに緊張してしまう私には今ひとつ楽しめませんでした。

そもそもトレッキング帰りの汗臭い風体で歩く所ではありませんでしたね^^; パワーストーンのブレスレットでもあれば買いたいと思ってたけど、それらしい物は見つからなかったし。

そうこうしている間に3時になったので、今日の宿のBest Westernにチェックインし、漸くシャワーを浴びる事が出来ました。

31

今夜タイムラプスを撮る予定のバルコニー。ちょうど虹が見えた。

32

こんなに雲が多くて今夜晴れるのかしら・・・

https://www.youtube.com/watch?v=wshn3utm2DU&feature=youtu.be

夕食は"絶景レストラン"ことTii GAVOで、

29

30

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜は何とか晴れました!21時~2時半頃まで、100個以上の流れ星を見ました。

2015年8月11日 (火)

Mesa Verde - Sedona④

朝食は、昨日Whole Foodsで買って来たペストリーとフルーツとヨーグルト。今回の旅行にKeurig用のカップを持参したのですが、残念ながらここまでの宿では出番無し。フロントでコーヒーパックのレフィルを沢山くれたので、それを美味しく頂いています。

今日最初に向かうのはエアポートメサ。ここは4大ボルテックス(「気」が渦(vortex)巻いている、地球のパワーが強い場所ということらしい)の一つだそうです。

そもそもSedonaに来た目的が風景写真(夫)と星空(私)だったので、"ボルテックス"が何なのかも良く知らなかった。

宿から少し下った所に車10数台分の小さな駐車スペースと、登山口がありました。

けっこう急な岩場を登り、頂上まで約10分。まだ朝早かったので人もまばら・・というか、会う人が何故みんな日本人coldsweats02

https://www.youtube.com/watch?v=n8FZpetszx0

続いて向かったのはベルロック。昼頃からThunder Stormの予報があったので、先を急ぎます。

2

途中で早くも雨が降って来たrain

すかさず折り畳み傘を拡げる私たち家族。他の人達は寧ろ清々と濡れている。成程、カメラなど持たず身一つなら雨も気持ちいいのかも?足元は滑り易くなるので注意が必要ですが。

雨上がり直後は岩が水気を含んで深い色になるから、こんな天気も悪くないconfident

と思っていたら、雷も鳴って来たthunder

無防備にさらされる場所で雷に遭いたくないので、そこそこに下山し(夫は撮っていて道に迷い、私達とはぐれるというハプニング有り)、未練たらしく少しtrailを歩いてから車に戻りました。

https://www.youtube.com/watch?v=Yzp3_C7Q_74

昼食はChocola Tree オーガニックや地産地消などにこだわったベジタリアンカフェです。

5

雨で庭の3人用のテーブルが使えないとの事で、裏のスタッフルームのような部屋へ通されました。

配達されたまま未開封のダンボール箱、ヨガ関係の本やスピリチュアルグッズのようなものも置いてあり、魔女の館か修行僧の庵かという雰囲気。ヨレヨレでシミが残るナプキンに、現代文明の利便性を嫌えばこんな感じになるのかと納得したり。

私は、メイ・サートンの日記に時々登場するフルーツのシチュウを頼んでみました。

4

デーツの甘味と色が主で、イチジク、梨、リンゴ、レーズン等も煮込んであるみたい。寒い日には身体が温まりそう。同じものを頼んだ娘は半分残していました^^;

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

午後は、夫が会社の方に勧められたというJeromeへ。Sedonaから車で45分位でしょうか。

7

山の斜面に書かれた白い"J"の文字が目印。なんとなく日本の山の中の温泉街を連想する佇まいでもありました。

ここは19世紀末~20世紀中頃まで、銅を主に、金銀その他の鉱物も産出していた鉱山の街で、最盛期には15000人もの人が住んでいたそう。

坑内での爆発と地滑り(1938年)、銅価格の変動や労使対立、第二次世界大戦、鉱脈資源の枯渇などが重なり(←この部分、読み取りに間違いあるかも)1953年に閉山した後はゴーストタウン同然となりましたが、近年はアーティスト達が移り住み、ギャラリーやレストラン、ギフトショップ等が並ぶ観光の街として500人ほどの人口がある。

↓Little Daisy Mineの坑道の入り口跡。エンパイアステートビルの高さより深く下りて行くんですってshock

https://www.youtube.com/watch?v=WG3EFpFu3dk

6

Douglas Mansion(Museum) 駐車場からの眺め

https://www.youtube.com/watch?v=BnPrtimaVyA

中の展示も色々興味深かった。

8

Jeromeの歴史を紹介するフィルムで、炭鉱町の狭くて急な坂道を下るカーレースの場面があったけど、まあ命知らずというか何というか。

それから、比較的近年の(1970~90頃だったと思う)政府主導の?miningについての記述があり、私はてっきりJeromeの事だと思っていたのですが、ここは1953年に廃坑とすると、あれが何処の事だったのか気になる。

山の斜面をジグザグに這うように上っていく道沿いには、古びたアパート、ホテルやお店が並んでいます。

https://www.youtube.com/watch?v=GwIXYOQ6PtA

9_3

10_2

11_2

美味しそうなレストランやワインショップもあるし見晴らしもいいし、近くに住んでいたら一泊旅行とかで来たくなるよね~heart04 なんて言っていたのですが、

先程検索してたら、こんな経験をなさった方も?泊まらなくて良かったかも。

今夜のお天気を気にしながらSedonaへ戻る道

https://www.youtube.com/watch?v=bDDo7CjT65A

夕景を撮りにRedrock Crossingに行こうとして道に迷い、時間切れでここで撮影。↓私は初めに写っている銀色のドームが気になりました。

この日の夕食は、Sedonaに来ると決まってからずっと拝読していたブログの方が御家族でなさっているHiro's Sushi & Japanese Restaurant で、お寿司を食べました。

12

先日の一時帰国の最終日、フライト日勘違いの為に予定していたお寿司を食べられなかったので一層嬉しかった。それに日本で食べるよりも美味しかったかも。

清潔感のあるお洒落な店内には、奥様が撮影なさったSedonaやアンテロープの美しい写真が沢山展示されていて、素敵なお店と御家族でした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夜は残念ながら雨。夢の中で結構強い雨の音を聴いたような。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31