天体写真

2017年12月10日 (日)

今日、西隣が引っ越して来て、壁灯が消えた。

嬉しくて、寒気でシーイング悪そうなのにセッティング。17:30~Flat ハマル→M74 18:02~21:51(三脚ギリギリ)L43枚

ピント合わせで、ハマルのスパイダーが二重と一重を行き来するのは何故だろう?ずっと二重ならピンボケと思うのに。

今夜は信じ難いほど西側が暗い。この秋の格闘は何だったのかと思う。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

NGC2683を、ひとまず仕上げました。

Lrgb2_2

PIでカラー処理すると、こういうG(Y?)抜けのような色調になるのは何故だろう。

そして、星が不自然に青(緑)過ぎるかも。星の輝度を落とさず、周囲に青とオレンジを纏わせるには、どうしたら良いのか?暗黒帯を、濃く&茶色にするには・・・?

NGC2683のDconvolution

これまで使って来たMaskは、StarMaskと、レンジを詰めたノンリニア画像をminimum合成していましたが、銀河の淡い部分と微光星を分離出来ないのが難点でした。

淡い部分は(復元痕が出てしまうので)マスクから除外したいけれど、微光星は(収束させたいので)マスクに含めたい。

NGC2683のような銀河では特に問題で、強いMaskと弱いMaskでの2パターン用意して合成する事も考えていたのですが、こちらの動画でMLTを使った微光星マスクを知りました。(Oさん、有難うございました)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

① まずノンリニア画像のレンジを少し詰めます。

2

② ①からMLTで星マスクを作ります。

3

③ ②のレンジを詰めて(背景ノイズに注意)、微光星マスクが出来ました。

4

④ 輝星・中間星マスクもMLTで作れるとの事ですが、とりあえず使い慣れたStarMsk→Invert

5

⑤ こちらもいつもの銀河マスクですが、微光星の消失を気にせずにDeconvolution処理をかけたい部分だけ残す事が出来るようになりました。

1

⑥ こうして出来た3枚をPixMathでmaximum(minimum,minimum)合成(一晩寝たら解りました^^;)

6

11

このマスクでDeconvolutionしてみました。

左上;元画像 右→左下→右下の順にiteration30、50、80

10

この画像(対象?)では、iteration少な目の方が良さそうです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

テストLRGB

2683test

銀河部分の飽和を抑えるMaskedStretchの割合と、解像感を演出する暗黒帯の強調が肝かもしれません。(黒い部分をより黒くするには、どうしたら良いのか・・)

2017年12月 6日 (水)

Kindle版

12/2にお祝い頂き10/9に追記していましたが、天文ガイド1月号をiPadにダウンロードしてみました。

1月号という事で来年の天文現象や興味深い記事も多く、拡大して読めるのも嬉しい。

フォトコンのページもキレイに見る事が出来るのですね。utoさん、ミッドタウンさん(いつの間にか30cm!)、そして最優秀のけんちゃさん、おめでとうございますhappy01

2017年12月 5日 (火)

15年

ミッドタウンさんとのメールで、来夏に火星の大接近がある事を知りました。

そういえば昔の連載中、火星の画像復元にハマった回があった。あれは何年だったっけ・・と探してみると、2003年。まさに前回の大接近の時だったのですね。

あの時、私の膝の上で写真におさまっていた末っ子は、この冬、成人式を迎えます。時が経つのは本当に早いものです。

2017年12月 4日 (月)

M74のdeconvolution

L画像は、371枚(銀河周辺用)/277枚(背景用)/210枚/192枚(銀河解像用)の4パターンでスタックしました。

12040

371枚には2009年、2010年撮像のST7XMEデータも含まれています。

StarAlignmentそのものの性質なのかDrizzleの所為なのか解りませんが、371枚Align画像に出るST7画角の端線は、当該画像を除外したスタックにも残ってしまいます。

なので、過去データを含めない背景用277枚は、StarAlignmentから再度やり直しました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以下は210枚スタック画像へのDeconvolutionの記録です。

① リニア画像コピー

1

② STFをHTに反映させる(STFのインスタンスをHTの下部バーに投げ入れる)

2

③ STFをリセット

3

④ STFを反映したHTのインスタンスを投げ入れる

4

⑤ ノンリニア画像が出来る(右)

5

⑥ このノンリニア画像からStarMaskを作る

※何故、星が四角になってしまうのでしょう?

6

⑦ ⑥で作ったStarMaskをコピー

7

⑧ ⑦で作ったStarMaskコピーをInvert

8

StarMaskはこれで完了です。

黒地に白星のStarMaskはdeconvolutionのLocalDeringingに、白地に黒星のStarMaskは以下のHDR画像とPixMathで合成し、直接Maskとして使います。

⑨ ノンリニア画像にHDR(右のStarMaskは無視して下さい)

9

⑩ ⑨のHDR画像を、HTのReal-Time Previewを見ながらレンジを詰める

11

⑪ インスタンスを投げ入れて実行

12_2

⑫ PixMath "minimum( ファイル名をダブルクリック , ファイル名をダブルクリック )"

13

14

()が黄緑色でマークされればOK

15

16

PixMathのインスタンスをリニア画像(ノンリニア画像でも可)に投げ入れれば、Mask完成です。

17

⑬ PSF測定 ※どのような星を選ぶのが良いのか未だに解りません

18

19

YesでDinamicPSFを閉じます。

⑭ ⑫で作ったMaskを、処理するリニア画像のタブ部分にドラッグ&ドロップすると、マスク部分が赤くなる。

20

show MaskでMaskを非表示に。

21

⑮Deconvolution

左;元画像 右;Deconvolution結果

23

同じ設定でもGlobal Darkを入れた場合、水面から輝度の高い部分だけが顔を出したような感じになってしまいます(右。左はGlobal Dark=0)

24_3

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こうして出来た210枚スタックのdeconvolution画像(上段)と、371枚スタックの同画像(下段)

12041

迷います・・

2017年12月 2日 (土)

NGC2683の364枚スタックL画像

Integration364c_2

やはり、右上に小さな光芒が密集しているのが気になります(星?銀河?)

このSTF調整のレンジを、処理の最後まで維持出来たら素晴らしいのに・・・と、いつもいつも思う。

でも、これだけムラがあったら無理ですよねbearingそれに、この階調ではLRGB合成で悲惨な事になってしまうでしょう。

この領域、もう少しだけ広角で、暗い空で撮れば、きっと素晴らしい作品になると思います。(こんな枚数も必要無いはず)

もちろん私も、このデータでベストを尽くします。特に今回はなるべく素顔を残したい。

2017年11月29日 (水)

撮り増し

秋と春の銀河の狭間で、この時期に撮れる明るい銀河はNGC2683「ぐらいしか無い」というのが長年の認識でしたが、スタック画像を見て評価が変わりました。中々に魅力的heart04

23:00 冷却-25℃ カペラ→NGC2683

昼間は暖かかったのに、今は寒い(と言ってもiPhoneでは6℃) 月齢12の月が明るい。

23:22~5:35 L5分×70枚 6:45~Flat

ABEは救いの神

11/26のCigma Clipping異常は、カブリの酷い単画像をそのまま使ってしまった事が原因だったようです。

カブリ画像はABEで補正できます。左;元画像 右;補正後

11301

上段(001)は傾斜がキツイのでFunction degree2 下段(010)はFunction degree1。未だムラが残っていますが、とりあえずこの程度で、Star Alignment→Image Integrationへ。

↓上左;No rejection 中;Sigma Clipping 右;Winsorized Sigma Clipping

11302

異常は見られません。単画像での傾斜補正は(特にSigma Clipを使う場合は)基本でした。

tantanさん、いろいろ教えて頂き有難うございました。

ところでABE補正中、別の異常を見つけてしまいましたcoldsweats02

1130

この5枚だけに斜め線が出ています。

今回300枚近いスタックだから均されてしまうと思うけれど、少ない枚数だったらSNが悪くなる。原因は何でしょう?

また、ABEで(DBEでも)SNが若干悪くなる気がするので、補正して使うメリットとスタックから全く除外してしまうのと、どちらが良いのかという迷いはあります。

(先日の"フォトンの蓄積"という観点から言えば、補正して使うべき?)

2017年11月28日 (火)

苦戦の予感、そして反省

今夜は雲が出る予報なので撮影は休み。画像処理をしています。

M74のRejection画像には色々な軌跡が見えて面白い。星も入っているのは、以前utoさんから教えて頂いた「星像の膨らんだ部分も除外される」?銀河部分もRejectされている。

Rejection_high

356枚、260枚スタックと、精選167枚スタック画像

1

差は僅少。3枚ともDeconvoltionを施してみないと解りません。

そしてNGC2683の176枚スタック画像

2

中心は明る過ぎて構造が出し難そうだし、紡錘の端が夜空に溶け込む辺りはSNが厳しい。2分露光でのFWHMが、期待ほど良くなかったのもがっかり。

そもそも、周りの宇宙がこんなに賑やかなのだったら、もう少し西に構図を振れば良かったと後悔しきりです。

後悔と言えば、東天での外灯カブリ画像を没にしてしまったり、あるいはスタックに混ぜてしまったりしたのは暴挙でした。

以前に試したように、単画像のうちにMaxImでARG(これはFlat補正前で大丈夫なのでしたっけ?)や、PIでABEを使って傾斜を補正する事も出来た。

ただ、カブリが出るのは低空なので解像も期待できないと考えれば、沢山撮ってバッサリ捨てるという選択肢も無い訳ではないthink

2017年11月27日 (月)

別館

20:30~冷却開始 外気温6℃ですが、-25℃設定にしたら-28℃まで冷え過ぎたり。

20:21~-25℃2分Dark 眠過ぎるので、0:40にアラームをセットして仮眠しますsleepy

ポルックス→NGC3344 1:01~6:00L5分×57枚  6:43~Flat

昨日NGC2683で試みた2分多数枚の問題点。①撮影用PCの容量が直ぐ足りなくなる。②100枚を超えるとMaxImで一括Calibrateが難しい(utoさんが100枚ずつ処理するとおっしゃっていた意味が解りました)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

深夜、アラームを再セットして寝ようと思ったけれど目が冴えてしまったので、カモミールティーを飲みながらShiroさんのブログを拝読し、私もレコーディングダイエットを再開する事にしました。

実は放置していた主婦ブログがあります。

もりのせいかつ 別館

無料ブログなので広告が出るようですが、このブログ同様ただの備忘録で、アフィリエイトとかではありません(ブログ収入を夢見た事もありましたが、向いていないようです)

ダイエットというか、まあ健康的な食生活&節酒を目指しますhappy01

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31