Birds

2018年7月 5日 (木)

駐車場のKilldeer

ヤフーTOPに(日本の)大雨の情報が出ています。

TVジャパンを契約している友人達は、リアルタイムの日本を体感出来るらしいけれど、webを見ているだけだと雰囲気が解らず、ただ大きな被害の出ない事を祈るだけです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日は午前中から断水で不便しています。近所で工事をやっているとの情報。

いつもなら前もって連絡があるのに、今回は不意打ち。こんな事なら、ジムでシャワーを浴びてくれば良かった。

そのジムの駐車場に、先日"Caution!"の立て札が現れました。「お母さん鳥が卵を温めているので、邪魔しないように」と書かれています。

07062

白い紙の右側の地面に、お母さん鳥が座っているのが解るでしょうか。

Killdeer(フタオビチドリ)という鳥らしい。鹿を殺すとか穏やかじゃない名前と思いましたが、鳴き方がそう聴こえるという事かしら?

巣に敵が近付くと、大きな声で鳴きながらケガをしているフリをして飛び、自分が囮になって敵を巣から遠ざける。心意気は勇敢だけど、鹿を殺すほど強くはなさそう。

2018年5月25日 (金)

緑色のヘビ

水曜日の朝、望遠鏡の下に綺麗な緑色のヘビがいました。

0524a0524b

検索してみると、Smooth green snakeというらしい。細いので子供なのかと思ったら、これで成人(虫?)みたいです。

舌が赤くて、グリーンアノールのヘビ版という感じ。主に虫を食べ、攻撃的じゃなく、毒も無いそう。動画もありました。

この大きさなら、鳥に悪さはしないだろうと思うけれど、生き物繋がりでBirdsカテゴリに入れておきます。

2018年2月11日 (日)

ブル男くんとルリ子さん

「あのリス、三毛じゃない?」

02111

とか夫が言うので窓の外を見ていたら、Bluebird発見!この借家では初の御対面です。

(ルリ男改め)ブル男くんと、

02112

ルリ子さん(ブル子さんでは可哀相)

02113

ちょうど今頃は家探しの季節。

ここは見張りが出来る高木もあるし、開けた芝生もあるから、巣箱を立てれば入ってくれるかもしれないけれど、たぶん望遠鏡が使えなくなる。

こんな邂逅を楽しむに留めておくのが良いのでしょう。

2017年7月 2日 (日)

夕方の眺め

0702

19時過ぎ(DST) 中央の木の直ぐ左の白点は月です。

ステラナビゲータで再現してみると、

07022

NGC3344や猟犬座辺りの銀河は南中前後から撮れる?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前の借家のバックヤードは正面に家や道路があって落ち着かなかったけれど、今度の家は雑木林に面しているので嬉しい。

ブラインド全開で夕ご飯を食べていると、いろんな鳥がやって来るのが見えます。しまいには食事そっちのけで、双眼鏡で鳥を見る合間にご飯を食べるという本末転倒。

カーディナルの一家、チカディ、チャイロツグミモドキBrown Thrasher、ロビン、モッキン、極望巣作り注意のチャバラマユミソサザイCarolina Wrenと、まあ御馴染みの面々。

木の周りで高速バトルしていたのは多分ハミングバード。

そして上空を東から西に飛んで行ったのは、ルリカップルだと思います。ルリ男くんの赤いお腹が見えたので。

2017年3月19日 (日)

鳥たち

1月下旬に戻って来た時からずっと、キッチンから見える電線にモッキンバードが留まっている。

0319

どうやら我が家の庭を自分のテリトリーとしてロックオンしているらしい。

この状況でBluebirdの巣箱を立てたとしても、昨年以上に気の休まらない日々が続くだろう。今年は諦めようと思います。

先週の水曜日、ごみカートを出しに出たら、久しぶりに懐かしいルリの声を聴いた。まだ近くには居るのね。

そして玄関ポーチの天井にはハウスフィンチが来ている。去年と同じつがいだろうか。ヒナをブラックスネイクに襲われた事も、当然憶えていないのでしょう。

巣作りを阻止出来れば良いのですが・・・

2016年6月 3日 (金)

Black Snake

玄関先に巣をかけたHouse Finchにヒナが生まれたらしい。昼間お母さんが餌をあげている時に、上向きに開いた口が見えた。かわいいヒナの声も聴こえるheart04と喜んでいたのに。

夜暗くなって玄関灯を点けたら・・・・!

Snake

「ああ、これは防ぎようがない」と思いつつも、ガレージから玄関に回り、熊手で蛇を掻き落とそうとしたけど、ちょっとやそっとじゃ落ちないし、鎌首をもたげて睨まれると勇気も萎える。

そうこうしているうちに下に降りて来て、植え込みの中から木に登っていってしまった。

お隣のバッシュ君もシャベルを持って駆け付けて来てくれたけど、暗くて見えないし諦めるしかありませんでした。

Wikiなどを読むと、基本的には臆病な蛇だけど、追い詰められると攻撃的になる事もあるらしいので、考え無しに突いたりするのは無謀だったかもしれません。

http://www.todayshomeowner.com/dealing-with-black-snakes-around-your-home-or-garden/

House Finchの巣は高い脚立が無いので中を見る事は出来ませんが、発見時に蛇の頭は巣と反対方向を向いていたし、親鳥が姿を現さないということは、既にヒナは食べられてしまったのだと思いますweep

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

蛇を見つけた時、「わーっ!わーっ!わーっ!」としか言えなかったのに、iPadを持って来てしっかり写真を撮る冷静さ?はあって。

そういえば今日の英語の雑談の中で、リゾート地で11歳の息子にゴルフカートを運転させていた母親がChild Abuseで逮捕されたというニュースの話になり、

母親が驚いて警官に抵抗している場面がTVで繰り返し流されたのですが、それを撮っていたのは御主人で、「奥さんを助けようともせずに動画撮ってるってどうなのよ?」と不思議がったけど、私も似たようなものかもしれない。

Child Abuseと言えば北海道の件、アメリカなら間違いなく親が逮捕されるだろう。そういう事に過剰にセンシティブな国だから。

でも私も親として同じような事をしたいぐらい腹が立った時もあるし、逆に子供として家から閉め出されてアッサリ諦めて別の場所に行ってしまった事もある。今回の一件は、たまたまの行き違いが大事になってしまったのではという感想。

2016年5月20日 (金)

出入り不自由

ここ数日、玄関を出入りする度にバタバタバタッと鳥が飛んでいくので変だなとは思っていました。

昨夕も郵便を取りに出て戻って来たら、木の上からHouse Finchのカップルがこちらを見ていた。なるほど、古巣だと思っていた所に新しく入居したらしい。

Finch

双眼鏡で見たら、雌が卵を抱いている模様。しばらく玄関からの出入りを控えた方が良さそうです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

机に向かっていると、時々目の端を動くものが居る。えっと思って窓の外を見たら、小さいウサギ。

写真を撮ろうとするとデッキテラスの下に入っていってしまう。庭が獣臭いのは、巣があるのかしら?

そういえば、昨日と一昨日は黒い鳥(starling?)の群れが来ていて、さすがのモッキンも恐れをなしたのか現れなかったな・・・

2016年5月 2日 (月)

巣立ちました

昨日は朝7時頃から夕方雨が降り始めるまで、12時間以上?注視していたので流石に疲れました(馬鹿ですcoldsweats01

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今朝の8:40頃から、まず3羽が巣立ちました。

その後気配が無くなったので、たぶん初めの1羽の巣立ちを見逃したのだと思い、巣箱を外そうとしたら、ルリ男くんとルリ子さんがサッと飛んできた。

もう1羽残っていました。この子が飛び立ったのは10:25頃。

これで全て終了~と思い、巣箱を片付けに出たら、またルリ両親が飛んで来てルリ男くんが私を威嚇するんです。まさかまだヒナが居る?

でも給餌には来ないし、もしかしたら早くも次の巣箱を確保しているつもりなのかしら?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おまけ。

夕方なにげに巣箱を見たら何か居る!?え、まだヒナが残っていたの?

Bluebirdの天敵その2、House Wren (HOWR)でした。

2nd broodを見守るか迷っていましたが、この庭は心配事が多過ぎます。

2016年5月 1日 (日)

巣立ってなかった疑惑浮上

今朝、ルリ子さん、ルリ男君が元気な姿で現れた時はホッとしました。

そして巣箱の中から聴こえる鳴き声が、どうも1羽のものとは思えない。親鳥の給餌のペースも4羽?の時と変わらないし、クチバシが2つ見えた瞬間があったので少なくとも2羽残っているのは間違いない。

とすれば、昨日の3羽の若鳥は何だったんだろう?ヒナは5羽以上居たのか、別に異母(父)兄弟がいるのか?あるいは夫婦で幻を見たのか??

今日のヒナ↓今にも巣立ちそうにするので、こういうビデオを十何本も撮ってしまいました。

蒸し暑い日で、夕方からは再び激しい雷雨になりました。

2016年4月30日 (土)

3羽巣立ち、1羽残り

正直、17日目の今日の巣立ちは無いだろうと踏んでいました。早くても明日か明後日だろうと。(あの時と同じ失敗)

それでも昼過ぎから夫にカメラをセットして貰い様子を見ていたのですが、ふと電線に留まっている親鳥に双眼鏡を向けた時、隣にいるのがヒナだと気が付いた。しかも3羽も。一体いつの間に?shock

でもまだルリ子さんは巣箱に通っている。1羽残っていました。

26135006673_834167d748_z_2

26135006513_ddd83a08e3_z

このヒナの巣立ちを逃すまいと、夫も私も片時も目を離さずに・・・・娘によれば4時間も張り付いていたそうです。その間に一度通り雨があり、ルリ男君は見るも無残な有様に。

雨の前↓

26739082495_e33c87f5d3_z

雨の後↓

26466215850_412473bccf_z

両親の再三の促しにも関わらず、暗くなるまで巣立ちませんでした。

そして21:00 凄い雷雨です。雷鳴に混じって時折ピシッパシッと雹のようなものも降っている模様。巣立ったばかりの雛達はどうしているか、この雹に打ち落とされてしまわないかweep 

巣箱に居れば安泰だったのに、何故今日巣立ってしまったんだろう。何故親は巣立たせてしまったんだろう。巣立たなかった雛は、この荒天を予感していたのかしら。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31