« 近接星のブリッジ問題と、星の色 | トップページ | 青空に釣られて載せたが雲が出た »

2018年7月 8日 (日)

到底かなわないと痛感する時

天体写真は競争じゃない、自分が見たいから撮っているのだ、と思っていても、同じ対象の凄い画像を目の当たりにすると、「私が撮る意味って、あるのかな」と思ってしまう今日この頃。

AstroBinでAbell2151の秀作2点を見ました。

https://www.astrobin.com/346211/C/?nc=user

https://www.astrobin.com/354241/0/?nc=picks

私のL画像は、こんなですもん。

Drizzle_integration283ccropdbedeco8

この描写力の差は、焦点距離とか口径とかピクセルサイズとかの、システムのせいなのでしょうか?それとも、空の条件?いや、もしかしたら望遠鏡の調整とか、画像処理の差?

いずれにせよ、敵わないなぁ・・・と思ってしまう。

(そういえば、こちらのTVで「敗北を味あわせてやる」と日本語が流れる清涼飲料水のCMを見たけど、意味が解らない。)

« 近接星のブリッジ問題と、星の色 | トップページ | 青空に釣られて載せたが雲が出た »

Abell2151」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近接星のブリッジ問題と、星の色 | トップページ | 青空に釣られて載せたが雲が出た »

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31