« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

過去画像の整理

昨日、画像をUPしようとしたら、「このファイルをアップロードするのに十分なディスクスペースがありません」という表示が。

マイフォトを見ると、ブログの画像が6000枚近くになっていた。中にはダブりでアップロードされたものや、画像を差し替えた時に溜まってしまったものが結構ある。

最初まで遡るのも面倒なので、とりあえず渡米編の2010年7月~2014年11月まで(ここで根尽きた)を整理し、5284枚まで減らしました。続きも追々。

それにしても、昔の私は好奇心旺盛で元気だったなぁ!と思う。アメリカに来て最初の数年間、娘達が居て必要に迫られたという事もあったかもしれないけれど、今とは別人みたいだ。

自分でも絶対読み返さないだろうと思う画像処理の試行錯誤記事も、幾つか削除しました。

2018年3月26日 (月)

LNの悪影響?

透明度の悪い画像もSN改善に貢献するという星羊翁さんの記事を拝読し、ゴミ箱から薄雲画像を回収しました。

復活23枚を加えた290枚をIntegrateする過程で、改めてLocal Normalizationに疑問符が。

PIのForumに、「LNのReferenceには、スタック後DBEした画像を使う事も出来る」と書かれていたのでやってみたら、銀河周辺に著しい輝度低下が出てしまったのです(↓中列)

1

左列;LN無し 右列;単画像referenceでLN

上段はReference 中段がIntegrate結果、下段はIntegrate後DBEした画像です。

更に、左下と右下のDBE画像を拡大してみると、LN無し/有りでSNに差が。

2

また、290枚LN無しIntegrate(↓左)と、267枚LN有りIntegrate(↓右)を較べてみると、

3

コントラストは右の方が良いですが、SNや淡いガスの拡がりはLN無しの方が断然勝ります。

経験的に200枚を超えての23枚差程度で、ここまで劇的な優劣をもたらすとは考え難いので、LNの有無が影響していると考えられます。

もちろん一概にLNが悪いという訳では無く、使い方-条件の異なる数夜分を一括LNしている弊害かもしれません。Reference画像の構図ズレによる黒い端が悪さをしている可能性も?

いずれにせよ、LNの使用には注意が必要。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

念の為、290枚と267枚のLN無し画像の比較も。

4

やはり、LN使用267枚スタックは失敗だったようです。

2018年3月23日 (金)

撮り足し決定

NGC4559のLは、昨晩までで5分×104枚になりました(↓左)

0323

右の2枚は一昨年画像で、L28枚(Deconvolution済)+R6G6B5枚 

明るい銀河なので、この枚数でまとめてしまおうか迷いましたが、撮り足せば淡い腕と周囲の微光星(小銀河?)がもう少し見えてくるかもしれない・・・という事で、晴れたら撮り足そうと思います。

2018年3月22日 (木)

昨日より少し暖かい気がするけれど、予想最低気温は33°F (0.5℃)

この先の予報を見る限り、今夜がワンチャンスっぽい?

1

望遠鏡カバーは花粉だらけ。

0322

マスクして作業したけれど、後でクシャミ連発。久しぶりに載せる鏡筒が重い。

TWケーブル筒先 -25℃ 天頂に輝星が無いのでレグルスのスパイダーと近くの星のFWHMでピント合わせ&アライメント→NGC3521  21:19(DST)~22:28 L13枚

22:30 NGC4559に移動 赤緯が益々ひどい音を立てている。キャリブレーションも4度目で漸く。22:40~2:56 L48枚

6:57~ 5sFlat50枚 1s40枚→bias補正

2018年3月20日 (火)

待つ事11時間

長い一日でした。

5:30にタクシー予約。駅で丁度来た東海道線に滑り込んだら、藤沢で予定より1本早い6:00発のバスに乗る事が出来、7:30頃羽田チェックイン。

セキュリティの前に、茅乃舎のだしやヨックモック(中にもあったけど種類が少ない)も買えて、「今日は順調^^」と思っていたら、まさかの大幅遅延に遭いました。

03204

(12:30頃?ドナドナされて行く機体)

03203

(17:30頃、掲示板を撮る人々 )

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以下は備忘録。

10:00頃ロビーで待っていると、「機体整備で遅れる」「次のアナウンスは11時10分の予定」等々遅延がズルズル延び、12:00過ぎ身体が冷えてしまったのでラウンジに戻り、掲示板で10:35→17:35への変更を知り愕然。

ラウンジに出来ていた列は乗り継ぎ便の斡旋かと思ったら、食事券の配布だった。座席のランクか会員のステイタスによるのか、(術後に大事をとってビジネスにした)夫は3000円分、(プレミアム)エコノミーの私は1000円分を思いがけず頂いたので、フードコートでお寿司とワインを。

再びラウンジで時間を潰していると、「乗り継ぎ便のある方は15:30にカウンターへお越しください」このアナウンスは1度きり。しかも、もし直ぐに行っていなければ、列の後ろの方は2時間近く待たされたらしい。

この時に渡されたのは、シカゴ11:47発から17:00発に変更されたeチケットの控え。でも羽田発が更に遅れそうな状況なのに、間に合うとは思えない。次の(最終)便に乗れるのか、乗れなければホテルは手配されるのか訊いてみたけれど、日本側では解らないらしい。

掲示された時刻も過ぎた18:20頃?ようやく搭乗開始。乗り換えのある人は、ここで新しいチケットを受け取ってから入らねばならない。名前を申告→アルファベットで仕切られた箱からチケットを捜すという効率の悪さ。

私達のチケットが無かったので再度訊くと、シカゴのAAカウンターで発券して貰って下さいとの事。グループのUA便でなくAAに変更されたからかな。

シカゴ着は16:39? いつもVISAでの入国審査には長い列が出来るけれど、前回のヒューストンよりは早かった。BaggageClameで荷物をピックアップし、ANAの係員から18:29発のチケットを受け取って、AAの荷物預け入れカウンターへ。

BCの出口でもAAカウンターでも、他の人達が後ろに並んでいるのに平然と割り込んで来た男性達が日本人と解ってビックリ。

彼ら2人ともが、カウンターで私達と同じチケットを提示したにもかかわらず「UAに行け」と差し戻されるのを見ていたので、これは私達も?とドキドキしたけれど大丈夫だった。

ただ、係の女性が間違えて夫にインディアナポリス?行きのシールタグを。気が付いて良かった。

隣の人達は「スノーストームでフライトがキャンセルになった」と言われていた。北東部は荒天らしい。

トラムでT3に移動。セキュリティでは、靴を脱ぎPCも出す従来のチェック。ここでもそれなりに並び、末端のK18ゲートに付いたのは18:20頃、出発の10分前ぐらい。

最終便の機内は左右3列席にぎっしり乗客が詰まり、私は最後尾席。隣は同じANAで来たという出張の男性。(翌日にはNYに飛ぶと言っていたけれど、欠航になったらしいのでどうしただろうか)

21:30(DST)帰宅。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

帰路はフルーツプラッターをやめて低カロリー食にしました。

03202

03201

夫の"低脂肪食"も殆ど同じだったそうで、「美味しくなかった。折角ビジネスだったのに残念」と嘆いていたけど、私には薄味軽めの食事で丁度良かった。

寧ろジュースまで飲み切れず、乗り継ぎが無ければ持ち帰りたかった。

2018年3月19日 (月)

プリント用トーンカーブ

web用は迷走中ですが、先にプリント用を仕上げました。

Untitled1

トーンカーブ調整無し(左)と有り(右)でプリントを較べると、右の方が映える気がします。

ニュートラルに調整し、最後に媒体に応じたカーブを捻るというやり方がいいのかもしれない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

↓後で読む用

https://silkypix.isl.co.jp/community/tone-curve/

2018年3月16日 (金)

笹刈りなど

一昨年昨年とオオスズメバチの来襲に怯えた経験から、コガタスズメバチが巣を作らないように土手の笹を刈り、

1

アシナガバチが巣を作らないように、デッキテラスの古い戸棚を分解して捨てました。戸棚の中で冬眠中だったヤモリ?を起こしちゃった。

4

それにしても、8年の歳月が家周りにもたらした劣化に驚きます。

黒かった屋根は赤く変色し、デッキテラスは所々踏み抜けそうにグズグズになり、

2

金網の塗料は剥がれて捲れ、プラスチックは触れるとモロモロ崩れてしまう。

3

2018年3月 8日 (木)

本の断捨離は難しい

自宅にある物を出来るだけ減らしたい。

洋服や食器は、「無ければ無いなりに過ごせばいい」「どうしても必要になったら、似たような物を買えばいい」と思えるから処分するハードルも低いのですが、本は中々踏み切れません。

4

↑子供達のじゃなくて、私が実家から持って来た(ナルニア、アーサー・ランサム以外)。子供の頃から幾度となく読み返した愛着ある本達だけど、流石にもう捨てなくてはね・・

3

↑沢山あったSFも、これだけになりました。もう少し減らせそう。

2

↑自作関係の本は青春時代のバイブル。この先使う事があるとは思えないのに捨てられない・・・

1

自意識過剰と被害妄想の黒歴史。恥ずかしくて、ずっと読み返せなかったけれど、さっき目を通してみたら中々面白い?

右も左も解らない状態で、編集部からのサジェスチョンも頂けなかったのに、まあよく書いたなぁと思う。バックナンバーのサイトを見たら既に無いものも多くて、時の経過を感じる。

2018年3月 3日 (土)

CP+

夫が行きたいと言うので、付き合いで。

いかにも男性が好みそうなイベントとは思うけれど、昨今は"カメラ女子"もいるし、とにかく凄い人出。カメラ好きな人ってこんなに沢山いるんだ!と改めて驚いてしまいます。

私はレンズもアクセサリも全然解らないので、遠目に全体の雰囲気を楽しんでいました。人だかりの中には大抵お嬢さんが居て、試写のモデルになっている。

興味を引かれたのは、SIGHTRONのブースで見たセレストロンの三脚と、KenkoのSE250N CR;真っ白なので色を塗りたくなる

03032

Vixenのブースはタイムラプスの講座中。画像処理とか本気で撮る人用の話題と思うのに、熱心に聞き入る人で溢れていました。

03031

AXJ赤道儀は華奢に見えたけれど、22kg搭載可能ならGOTO君も載る?70万円じゃ全く手が届きませんが^^;

2018年3月 2日 (金)

再帰国

前日は酷い腰痛で起き上がれず、バファリンの助けを借りた。こんな事もあるから掃除や準備は早めにやっておくべき。

5:40出発 7:40フライト 今回もPreCheckの夫と別の一般ラインでしたが、靴も履いたまま、iPadやラップトップも入れたままでOKだった。方針変わり過ぎでしょ。

シカゴ便はドリンクサービスのカートが出せない悪気流。成田便も、アラスカ上空とオホーツク海の北?で結構揺れた。

私の席(エコノミー)の周りは"カンザスシティ→ベトナム2週間の旅"のツアー客が沢山。総勢24人だそう。 

食事の前、隣席の老婦人から「玉葱とニンニクが食べられないのだけれど、A/Bどちらを選べば良いか?」と訊かれた。糖尿病もあるそうで、ブレスレットをしている。

CAさんに伝え、御本人には「予約すれば糖尿病食も選べるから、復路で利用しては」と一応情報を。日本の航空会社なので何となく責任を感じ、ついビデオの使い方とか色々と御世話をやいてしまった。

カレッジ(音楽)の時の友人が日本人だとか(沖縄のセナハさん)、カンザスシティの御紹介とか、二人のお孫さんの自慢話とか、ひとしきり話も聞きました。

ところで私には普通の機内食が重過ぎるので、今回代わりにフルーツプラッターを予約してみました。

03021

スナックもサンドイッチの代わりにリンゴ1個。フルーツたっぷりで嬉しかったけれど、2食目になると流石に糖分摂り過ぎという感じになった。果糖を甘く見てはいけない。

前日のニュースで爆弾低気圧を心配していましたが、幸い成田は良いお天気でした。

03022

そして自宅は1月に掃除して帰った甲斐あり、綺麗だった。相変わらず寒いけれど。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31