« 雨 | トップページ | PhotometricColorCalibration »

2017年8月 8日 (火)

星の周囲の円形痕

(8/10 円形痕が解り難かったので、下に画像追加しました)

前回の続きです。

そもそも何故星の周りに丸い輝度の落ち込みが出来てしまうのか解りませんが(錯視とか?)スタック直後の画像に既に見え(左上)、MakedStretch(右上)→LHE(左下)→MLT(右下)と処理を進めるにつれ目立って来ます。

08080

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この円形痕を緩和する為に、元画像(左上=↑右下)を複製し背景輝度を上げたもの(右上)の星部分と、元画像の背景を、StarMaskとPixMathを使って合成しました(右下)

08081

右端↓星が潤んで見えますが、案外こういう表現も有りかしらthink

08082_2

PIでMaskを効かせつつ比較明合成(Maximum?)する方法、あるいはPSのレイヤーでStarMaskを使う方法が解れば(基本ですねcoldsweats01)もっと上手く出来そうなのですが。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

円形痕を見易くした等倍画像を作ってみました。

08101

上段;スタック直後のリニア画像(左端)にMLTを使用(中、右)

(ふと思ったのですが、"痕"がノイズの粒の大きさによるものだとすれば、scaleによりNR強度を調整する事で緩和されるかも?)

下段;MaskedStretch後のノンリニア画像(左端)にHDRを使用(中、右)

おなじみのHDRの黒縁。LHEでも発生しますが、元画像にも既にうっすら有るのが解ります。

« 雨 | トップページ | PhotometricColorCalibration »

NGC2775」カテゴリの記事

PixInsight」カテゴリの記事

天体写真」カテゴリの記事

コメント

星の周囲の円形の痕というのが、画像を拝見してもよくわからなかったのですが、deconvolutionをかけすぎた時のように、星の輝度がなだらかに減衰せずくっきりと、突然に暗くなっている、という意味でしょうか。
私の場合まあいいやになってしまうところまで追求されていて少しでも真似したいところです。
 そういえば、、新しい1.8.5の、PhotometricColorCalibrationですが、遊びで何回か使ってみたら結構面白かったです。でも何故か上手くいかないこともあって、皆さんはいかがでしょうか。

yoshiさん、こんばんは^^

輝星のスパイダーの直径で周囲が暗くなっているのですが、拡大率によって目立ったリ見えなかったりするようです。

過去画像にも有り、今まで気付かなかったのだから気にしなくてもいいのかも?と思ったり致しますが・・・

PhotometricColorCalibrationは新機能ですか?暫くupdateをサボっていましたが、今夜にでも覗いてみようと思いますhappy01

1.8.5ダウンロードしました。

早速PhotometricColorCalibrationを使ってみようとしましたが、Errorが出ます。xisfファイルしか読んでくれない?とかでしょうか??

それから、
https://www.cloudynights.com/topic/580700-astro-pixel-processor-on-windows-linux-and-osx-thoughts/
で、DBEの後継機能が付くとおっしゃってる方がいますが、見当たらないようです・・・?

こんばんは。
エラーは私も出ます。出たり出なかったりなのですが、私の場合、星図のDL先を東京にするとダメみたい?です。それほど何度も使ったわけじゃないので再現性があるかどうかわかりませんが、デフォルトのまま、フランスからのDLだと大丈夫です。
 で、あとは、場所ですが、RA,DECを手入力でもいいのですが、search coordinatesから、対象名(M○○、IC○○、、)を入れてサーチして、getボタンを押すと入力してくれます。日時は、一枚もののLとかを開いてacquire from imageで取得してくれます。で、あとはピクセルピッチを入力するだけで、それ以外はデフォルトで行けるようです。

 今ちょっとTIFFでかけてみましたが問題なくできました。NEFでもかけてみたのですが、これは考えてみたら現像前だったので、ベイヤーRGBをしていないわけですから「この機能はカラー画像しか使えない」と言われました。考えてみたらカラーキャリブレーションですから当たり前ではありました。
 ではとりあえずお休みなさい。

追伸:場所、日時、ピクセルピッチ以外に毛ひとつ、焦点距離の欄がありました。これも入力します。でも場所にせよ焦点距離にせよざっくりで大丈夫です。
 よくimage solverとannotateimageとかで天体の名前などを表示させる場合、その辺を適当に入力しますが、大体そんな感じです。
では今度こそお休みなさい。

すいません。追伸の追伸です。眠くて頭が働いてないようです。
DBE:の新しいのというのは初耳です。あったらすごいですね。もしかしたらこれ
https://pixinsight.com/forum/index.php?topic=11063.0
でしょうか。ちなみにPCCはこっち
https://pixinsight.com/forum/index.php?topic=11081.0

TIFFでERRORになったのはversion1352のバグだったようです。このバージョンではFITSも認識せず悩みましたが、今日リリースされた1353をインストールしたら解決しました。ただPCCは未だ上手く行きません。

Forumのアナウンスによれば、DBEの進化形DynamicBackgroundは9月以降になるようですね。それまで画像処理を棚上げにしようかと本気で考えてしまいます^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨 | トップページ | PhotometricColorCalibration »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31