« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

NGC2775・NGC210

ぐずぐず再処理していたNGC2775も、これでひとまず完成。

http://galaxies.blue.coocan.jp/NGC2775.html

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

NGC210はカラーデータが露光不足ですが追加撮影出来ないので、これで最終とします。

http://galaxies.blue.coocan.jp/NGC210.html

この対象は特に星の周囲の円形痕が目立ってしまうのが悩みでしたが(左)

0830

いろいろ試した末、背景輝度を下げるのが一番自然に思われました(右)

(この円形痕の正体は未だ解りません)

2017年8月29日 (火)

洪水とミサイルと

0829

TVでは連日ヒューストンの洪水のニュース。

もともと低地で水害に遭い易い土地と聞いていたし、降水量がインチ表示だと昨今の日本の豪雨と較べどの程度のものなのかもピンと来なくて懐疑的に見ていたのですが、

人々が皆、当然のように腰までの泥水の中を歩いている映像に、これは尋常な被害じゃないと漸く気が付きました。

巨大なアリーナに詰め込まれた千人規模の避難者、ヘリやボートで救出された人々は着の身着のまま。何か援助が出来たら!と思うけれど、実際には何も出来ないthink

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

昨夕はYahoo!のアラートに慄きました。自分の平和ボケに冷水を浴びた感じ。

「地下に逃げろ」と言われても、実家の近くにそんなものがあるとは思えないし、一体どうしたら?

という話を、今日2年ぶりに再会したリンさんにしたら、「どうしてそんなに動揺するの?」と不思議がられた。

先週までソウルに住んでいた彼女は、北朝鮮の挑発を「若い指導者が自分を誇示したがっているだけだから」と軽く受け止めている。

我彼の温度差に驚きつつ、でも心の沈む事の多い情勢です。

2017年8月28日 (月)

日食前日のNewberry

ニュース等で大渋滞が懸念されていたので、日食前日の20日にLaurens入りしました。

予想外に早く着いてしまい、下見でも訪れたNewberry Collegeへ。

08201

当日は日食のビューイングイベントがあるらしい。シャトルバスも出るそう。

メインストリートにも日食関係のポスターやグッズ販売が出ていたり、公園前にベンダーの車が停まっていたり、街を挙げてのお祭りムード。

でも歩いている人は少なくて・・・

08204

Opera Houseでは、スペースシャトルに搭乗した宇宙飛行士の講演会やサイン会もあり

08205

建物の前には大きな火星マップが広げられ、子供たちがペットボトルで作った宇宙船を打ち上げていました。

08202_2

日食で多くの観光客が来る事を見込んでのイベントだったとしたら、ゲストよりホスト側が多い感じ?気の毒になりました(あるいは単に市民向けだったのでしょうか)

西部での大渋滞のお話を伺うにつけ、当初の見込みとは違い、人々は西へ向かったのかもしれません。

考えてみれば、他国やアメリカ北部の「皆既を見たい」という人々は、天候の悪い南部より勝算の高い西部へ流れるのが当然だったかも。

GreenvilleのYMCAも先着100人に日食グラスが用意されていたようですが、集まった人は少なかった。

果たして当日のNewberryは盛り上がったのでしょうか・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(追記)

盛り上がったみたいです。同じ場所なのに前日と全然違う!

https://patch.com/north-carolina/charlotte/total-eclipse-2017-thousands-head-south-carolina-big-moment

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Greenvilleの市内で撮られた動画も発見。(ちょっと酔うけど雰囲気が良く解る)

他にも幾つか

https://www.youtube.com/watch?v=GxOB8XpUP4g

https://www.youtube.com/watch?v=sJGEJAQjs1I

https://www.youtube.com/watch?v=h-Q8TgyEJEk

https://www.youtube.com/watch?v=ktQMBT1P0No

2017年8月26日 (土)

Outer Banksの思い出

友人がこの週末Outer Banksに行くと聞き、今頃になって4年前の写真を整理しました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2013/12/25 

家から車で8時間余り走って、着いたのは夕方。冷たい海風に吹かれ、凍える寒さでした。

1

2

3

シーズンオフ、しかもこの日はクリスマス当日とあってレストランはどこも休み。夕食を食べた記憶がありません。部屋でカップヌードルだったかも。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

12/26

一日中雨の予報で他にする事も無く(寒いし)Nags HeadのTanger Outletで過ごしました。

夕食はOwen's Restaurantへ。

53

5

添えのマッシュポテトは海のスパイス(と勝手に命名)で味付けされた定番。娘のロブスターは味が抜けている感じだったとか。↓は夫のオーダーと思います。

6

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

12/27

泊まっていたのはCorollaにあるHampton Inn & Suites Outer Banks  フロントにティーバッグとクッキーが置かれていたり、懐いた猫がいたり、どことなく家庭的なホテルでした。

7

ホテルから木道を歩いて砂浜に出られます。

夫は毎朝、日の出を撮りに行っていました。

8

この日は2つの灯台を見に行きました。

Bodie Island Lighthouse (Nags Head)

9

10

白砂の中の道。

11

時折見かけたパワーシャベルは、海水の浸食で後退する地面を埋め戻していたのでしょうか、『砂の女』を思う果てしない攻防。

57

35

野生動物の保護区で、鳥の群れが飛び立った瞬間。

12

気が付けば、ナビは海の中を走っていました。

14

55

潮の泡?が風に吹かれてコロコロ転がって行くのが可愛い。

36

37

昼食をとったShipwreck Grill ←閉店。ミートローフ美味しかったのに

15

38

Cape Hatteras Lighthouse (Buxton)

16

39

砂交じりの強風がビシバシ当たってくるので痛い。

でも、冬のCape Hatterasは、今まで訪れた中で一番好きな場所です。

17

40

54jpg

夕方、何故だったか再度アウトレットに寄った折(「やっぱり買おう」とか、そんな感じ?)、見事な夕焼けに遭遇しました。

18

この日の夕食はI got your crabs ステンレスが貼られたテーブルで、ワイルドにカニを食べました。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

12/28

19

Outer Banksの灯台群 

45

オフシーズン(Thanksgiving以降)は入れない所が多いようですが、宿に近いCurriutuck Beach Lighthouseは、今日たまたま点検があって12時に開くとか。

46

それまでDuckの木道を歩く事にしました。

42

43

21

内海の湖面が、新品の鏡みたい

25

26

28

29

歩いたあとのおやつはDuck Donuts これを4人で食べちゃったと思うとshock

23

再びCorollaのCurriutuck Beach Lighthouseへ戻り、

20

上まで登りましたが、高所恐怖症の私は後悔しか無かった。

27

24

Wright Brothers National Memorialは、ライト兄弟初飛行の地

30

58

47

52jpg

51

道沿いで気になった巣箱の家

49

Jockey's Ridge State Park 「砂漠」を撮りたかったのに、足跡だらけ。

50

夕食は"The Blue Point" 夕景を眺めながらテーブルが空くのを待ちました。

31

窓からの眺めが、壁にかけた絵みたいだった。

32

メニューもユニークで美味しかったと思います。

48

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

12/29

帰途の車窓から

Rimg0632

本当に水際まで家が建っているのですね。

2017年8月24日 (木)

画像処理メモ

(7月の記事を一部修正して移動しました)

MaskedStretch画像の透明感、通常HT画像の輝き感、どちらを採るべきか決めかねています。

とりあえずの手順としては、

①Deconvolution後のリニア画像をHTしたもの(A)と、同じ背景輝度でMaskedStretchしたもの(B)を作る。

②Aと、StarMaskで星を除外したBを、PixMathで合成する(C) 割合は試行錯誤。星についてはLRGB合成後にMTを使う。

③Cをコピーし、LHEを施す(D) →16bitTIFFで保存

④CにMLTでノイズリダクションを施す(E)→16bitTIFFで保存

⑤必要があれば、Dの銀河部分をEに合成する。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今後撮り直し・撮り足したい対象は、M74 NGC925 NGC3344 NGC2683 NGC5921 NGC4449 NGC4559 M51 M63 他は画像処理をやり直し。

2017年8月23日 (水)

祭りの後

昨日、Y御夫妻がNYへ発たれた後に雨が・・・

08231

一日違いで良かった。もしやYさんは晴れ男でいらしたのですね。(日食も今回で4勝1敗だそう)

そして今朝は、約1ケ月の滞在を終えた娘が帰国の途につきました。

08232

一気に寂しくなりました。

2017年8月21日 (月)

黒い太陽

Laurensの朝は快晴でした。

08218

でも、ちょうど皆既の頃に曇って来る予報で、夫は「ダメだー」と諦めモード。(私にすれば数日前までの雷雨予報が消えただけでも有難いと思うけど)

08211

50km程離れたGreenvilleの予報はMostly Sunnysun 今更ジタバタしてもと悩みましたが・・・折角だから少しでも確率の高い方に賭けてみようか。

5月に下見していたGreenvilleのYMCAに電話で承諾を得て、10:00移動開始。高速の渋滞も無く、30分程で到着しました。

受付に挨拶に行くと、話が伝わっていなかったらしく一から説明しなければなりませんでしたが、「日食ビューイングパーティ↓の邪魔にならないように」「夜にサッカーの試合があるから、その前に撤収するように」との事でOKを貰い、フィールドへ。

0821000

08217

駐車場でイベント担当の女性に会い、夫が「どこで撮影すればいいですか?」と尋ねると、「どこでもいいわよ~^^でもファイヤーアントに気を付けてね」

このような草のフィールドやゴルフ場でファイヤーアント(火蟻)に噛まれたという話は何度か聞いた事がある。虫除けスプレーを忘れてしまい、Yさんにお借りしました。

082110

それにしても雲一つ無い、素晴らしい晴天。

事前にフレンドリーなメールを下さっていたLaurensのYMCAをドタキャンするのは非常に心苦しかったのですが、決断して良かった。

同じ東屋にいらしたフロリダの御家族も、Charlestonに宿をとったものの、予報が悪かったので移動して来たそう。

これで大丈夫happy01と安心したのも束の間。

08219

もくもく雲が湧き始めた。予報と違う~sweat01

Y博士の奥様と空を気にしながら(というか、一昨日から皆ずっと天気ばかり気にしてる)、でも待っている時間は遠足みたいで。

どうせ気もそぞろに落ち着かないので昼食はパス。持参のボトルウォーターで水分補給&お菓子をつまんだり、奥様が宿で洗って来て下さったアメリカンチェリーが殊更に美味しく感じられました。

夫は炎天下で長時間ピント調整?していたので、皆に熱中症を心配されました。ずっと立膝でファインダーを覗いていたから、脚の後ろ側だけ真っ赤に日焼けしていた。

そうこうしているうちに、プールに行っていたビューイング担当の彼女が戻って来て、ぽつぽつ人も集まり、1:09p.m.太陽が欠け始めました。

20214

機材を展開していたのは博士と夫だけ。周りは行楽ムードでノンビリ。

082112

YMCAの方が来て声をかけたり、水や"Sun Chips"("Moon Pie"も?)を配ったり。

Y博士のカメラのファインダーは、拡大した太陽像を見る事が出来るので人気がありました。

NCのグリーンズボロから来たという男性、ボストンから来たというインド人の御家族、「佐世保に5年居た事がある」という方や、「祖父が日本人」というメキシコ女性とも知り合いました。娘の英語が役に立った。

08216

食が進むにつれ空気がヒンヤリし、いつの間にが雲が消えて(地平線に下がって?)頭上には快晴の空が拡がっていました。

そして2:38過ぎに迎えた皆既の瞬間

歓声が湧き、画面が暗くなった時が皆既の始まりです。録画を止めた後、どこかで花火が上がりました。

使い方が悪いのだと思うけれど、iPadは全然役に立ちませんねbearing 自動補正されて皆既中の太陽も白飛びしてしまいました。

娘のiPhoneの方が幾分マシ(動画からのコピペ)

082111

夫の撮って出し(画像処理はこれから詰めるものと思われます)

08213

08212

08210

082100

双眼鏡で見たコロナは、まさに刷毛で掃いたように繊細な線の濃淡を為していました。拡がりの形状は、先日の予想図に近かったように思います。

その"白髭"の上に、人の手で貼り付けられたようにクッキリと、黒々した月のシルエットが鎮座している様は、この世のものとは思えない。天空に忽然と現れた「神の目」とか、アニメに出て来そう。

2か所にプロミネンスが赤く煌いていて、いつまでも見飽きない・・・「お母さん、もう駄目だよ」娘に注意され双眼鏡を下ろすと、肉眼の視野にダイヤモンドリングがスッと光り(" much bigger than the one I gave her."とかいう声が)、みるみる辺りが明るくなりました。

2分10秒、短か過ぎた。

皆既が終って、さあ撤収!Y御夫妻はアメリカ人数人に「写真を送って」と囲まれていました。「報道関係の人?」とも訊かれたそう。

帰宅後、ワインで快晴を祝いましたwineこれでもう天気予報に一喜一憂する日々も終わり♪

Yさん、快晴祈願の禁酒にお付き合い頂き、ありがとうございました~^^

0821

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

(8/25追記)

振り返る程に"神がかり的"な晴天でした。火曜日からは雨が降ったり雲が出たり、「結局あの日だけだったねぇ・・・」と夫も、シャーロットで部分食を見た友人も口を揃えます。

目下メキシコ湾には大型のハリケーン"HARVEY"が来ていて、2005年のカトリーナ以来の被害が心配されています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

おまけ。

木曜日にカード会社から不正使用の問い合わせがありました。夫いわく「多分(日食帰りに寄った)あのガソリンスタンドだ」

給油スタンドのカードリーダーが危ないとは聞きますが、件のスタンドは店に払いに行くシステムで、カードを受け取った店員が一旦奥に入ったので怪しいと思ったそう。

早くに判明したのは幸いでした。危なそうな場所では現金払いが無難です。

2017年8月19日 (土)

落ち着かない

天気予報は思わしくありません。

08192

なんとか皆既の2分30秒だけでも晴れて欲しい!と思って、昨日から願掛けの禁酒中wine

夫は今頃になって初めての撮影テスト。

08191

600mm望遠を支える三脚が無いのでJPを持って行くそうです。

今回のコロナ予想(Sky&Telescopeのサイトより)

08193

こんな風に見えたらいいなぁ・・

2017年8月17日 (木)

日食間近

今朝のGMA

0817

ホテルはほぼ満室、空港も混雑予想。

「運転中や道路(際)では、絶対に見ない事」「裸眼で見ると目を傷める恐れあり」との注意喚起も繰り返されています。

品薄となっている日食用グラスを買う為に、徹夜で並んでいる人々

http://www.wsoctv.com/news/local/people-flock-to-charlotte-in-search-of-solar-eclipse-glasses/593592439

でも、全体のトーンは日本のように真面目(?)では無く、お祭りムードのような感じがします。

オープンテーブルで飲食しながら日食観望できるレストランの紹介とか、

https://www.today.com/food/best-restaurants-bars-view-eclipse-t114880

日食ホームパーティとか、

http://www.charlotteobserver.com/living/food-drink/article167269537.html

日食に合わせてスカイダイビングする人も。

http://www.charlotteobserver.com/news/local/article166906167.html

私は天気予報が日に何度も変わるので一喜一憂しています。

前線やハリケーンの心配は無さそうですが、蒸し暑くて局地的に雷雨も多い当地の夏は、皆既の直前まで予断を許しません。ひたすら天に祈るのみ。

(再度、衛星動画Weather Channnelのリンク)

2017年8月13日 (日)

Mount Mitchell③

予報が良い方に外れています。

18130

Blue Ridge Pkwyには多くの滝がありますが、今日は一番人気のLinville Fallsへ行ってみる事にしました。

昨日の山歩きで、娘のみならず夫も私も膝裏が痛むので"easy"コースをチョイス

081310_2

"strenuous"(激しい)コースのPlunge Basin overlookには、yellow jacket(スズメバチ)注意報も出ていましたし。熊とスズメバチには遭いたくありません。

Chimney View

081315

upper falls

08139

081314

Dugger's Creek

081313

昼食はLittle SwitzerlandSwitzerland Inn

08138

チキンサラダにパンを付けて10ドル(だったかな?)意外にリーズナブルでした。

08131

午後はEmerald VillageのMining Museumへ。

ここは20世紀初頭にBon Amiクレンザーの原料となるfaldspar(長石)を産出していた鉱山だそうです。

081312

そのBon Ami Mineの内部

08136

こちらは道の反対側にあるBig Deal Mine 砂利を洗いながら原石を探すアトラクションがありましたが、バケツ1杯分で35ドルとか。

081311

Discovery Millの上階には、鉄道模型の展示なども。

08134

08135

夏休みの子供達には格好のスポットと思うのに、お客さんは殆ど居なくて勿体無い。

売店でドリンクを買い、帰途につきました。

08133

おまけ。山荘近くのgeneral store

08132

2017年8月12日 (土)

Mount Mitchell②

今朝は青空も見えました。

08124

Mount Mitchellに向かうBlue Ridge Pkwyも、場所によって晴れていたり曇ったり。

そして山頂(6684ft.)は霧の中・・

08125

展望台付近と駐車場を繋ぐBalsam Nature Trailを歩いてみました(Map)

08126

天気も好転、段々晴れ間ものぞくように。

09127

そこここの木に引っ掛かっているのはLichen(地衣類)だそう。サウスで見たMoss(蘚類)に似ているけれど、全く違うもの?

08128

キノコもろもろ。私が見つけると夫がすかさず撮る。

2

3

08121

上段中央は、ギンリョウソウモドキ↓(アキノギンリョウソウMonotropa uniflora)の蒴果と思います。

0812

花の盛りだったPink Turtlehead

08129

駐車場で一息入れた後、Old Mitchell Trailを歩き始めましたが、下り続きで二女が膝痛を訴え断念。おそらく前日までジムでの走り過ぎが原因です。

次に向かったのはCraggy GardensCraggy Pinnacle Trail 平坦で歩き易いとの事でしたが、入り口の標識を見て愕然。

08122

「7マイル(約11㎞)?shock」本気で止めようか迷いましたが、「.」が消えていた(釘穴と思った)だけでした。小数の最初の"0"を書かないのがアメリカ流。

Upper overlookからの眺め。石楠花や紅葉の時期なら尚良いかも。

08123

今日の〆は、山荘の近くの滝

081210

夕食を食べようとする頃に雨が降って来ましたが、

7

夜には晴れ間が拡がり、22:30頃まで星空を堪能する事が出来ました。(流星は殆ど流れなかった)

2017年8月11日 (金)

Mount Mitchell①

Mount Mitchell近くの山荘に来ています。

「〇〇の村」的に一括開発された別荘地の1軒(ユニット)を買ったオーナーが、自分達が使わない時は一般に貸し出しているというシステム。

リネン交換やゴミ処理などの管理はリゾート会社が行っているようですが、備品やインテリアはオーナーのものです。

08111

08112

08113

今日の夕食は、TJのタマレスとチョップドサラダ、そして冒険で買ってみた"Mastard EGG"は卵のピクルスみたいなの。お酒のつまみには有りかもしれないけれど、もう買わなくてもいいかcoldsweats01

08115

標高1000mぐらい?テラスは北天に開けていて、寝ながらペルセ群を見るのに絶好のロケーションなのですが、

08114

残念ながら夕方から雨が降って来ました。

2017年8月 9日 (水)

PhotometricColorCalibration

yoshiさんから新バージョンがリリースされたと伺い、早速PCCを使ってみました。

今朝ダウンロードしたVersion01.08.05.1352ではファイルがらみのエラーが出たり、FITSを認識しなかったりのバグがありましたが、今日リリースのVersion1353では修正されたようです。

https://pixinsight.com/forum/index.php?topic=11355.0

ところがこのバージョンでも、NGC2775はエラーになってしまいます。

08091_2

「星が足りない」?なら増やせばいいのかしら。

08092_2

Photometry Parametersの"Limit magnitude"を18に引き上げてみると、今度は上手く行きました。(Star Alignmentの"Peak response"を思い出しました)

M96は"Automatic limit magnitude"のままでもOK

08093

下画像がキャリブレーション結果ですが、最初に処理したものに似ている。「黄色味が強過ぎる」と思ったけれど、あのままで良かったのかもしれません。

ところで、FBに「Drizzle画像の場合は"pixel size"を変える(ex.2倍Drizzleなら1/2する)」と書かれている方があったので、ST8XMEの9μ×1/2=4.5を入力しています。

ちなみに「9」のままだと、

08094

見事にエラーになります。

2017年8月 8日 (火)

星の周囲の円形痕

(8/10 円形痕が解り難かったので、下に画像追加しました)

前回の続きです。

そもそも何故星の周りに丸い輝度の落ち込みが出来てしまうのか解りませんが(錯視とか?)スタック直後の画像に既に見え(左上)、MakedStretch(右上)→LHE(左下)→MLT(右下)と処理を進めるにつれ目立って来ます。

08080

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この円形痕を緩和する為に、元画像(左上=↑右下)を複製し背景輝度を上げたもの(右上)の星部分と、元画像の背景を、StarMaskとPixMathを使って合成しました(右下)

08081

右端↓星が潤んで見えますが、案外こういう表現も有りかしらthink

08082_2

PIでMaskを効かせつつ比較明合成(Maximum?)する方法、あるいはPSのレイヤーでStarMaskを使う方法が解れば(基本ですねcoldsweats01)もっと上手く出来そうなのですが。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

円形痕を見易くした等倍画像を作ってみました。

08101

上段;スタック直後のリニア画像(左端)にMLTを使用(中、右)

(ふと思ったのですが、"痕"がノイズの粒の大きさによるものだとすれば、scaleによりNR強度を調整する事で緩和されるかも?)

下段;MaskedStretch後のノンリニア画像(左端)にHDRを使用(中、右)

おなじみのHDRの黒縁。LHEでも発生しますが、元画像にも既にうっすら有るのが解ります。

2017年8月 7日 (月)

良い天気は続きません。

3_2

今日から練習が始まった全米プロゴルフ選手権(PGA Championship)も、時により激しい雷雨の影響が懸念されているようです。

昨日はテキサスで洪水、カンザスでトルネードもあったそう。フィラデルフィアに着陸間際の飛行機が予期せぬ乱気流に遭い、ケガ人が出たというニュースも。

5

でも私が気になるのは再来週のLaurensの天気

1_2

あと2週間、衛星画像から目を離せません。

0

http://www.ssec.wisc.edu/data/us_comp/movie-large.php

2017年8月 6日 (日)

湖畔でブランチ再び

今朝は雲一つない快晴sun 8:30に家を出て、Lake Wylie(Mcdowell Nature Preserve)に行きました。4年前と同じサイトです。

08065

08064

着いたら、まずは火起こし

08063

熾火が出来たらパテとバンズを焼き、レタスとトマト、オニオンスライスを挟みます。コーヒーは家で淹れてポットで持って行きました。

08068

娘のスマホ画像を拝借

08066_2

昨日Farmers Marketで買ったトウモロコシも、皮のままフォイルに包んで焼きました。

08067

この後、1時間ほど林間トレイルを散策してから帰宅。

お金のかからない贅沢なレジャー、でも娘が帰国してしまったら?・・夫婦だけでは来ないと思う。。

2017年8月 5日 (土)

MultiscaleLinearTransformでノイズリダクション

(星羊翁さんからアドバイス頂き、修正・追記しました)

過去画像の再処理をしています。

いつも悩む背景NRに、星羊翁さんの記事を参照しながらMLTを使ってみました。

1

左が使用前、右が使用後。

星の周囲の丸い痕は気になりますが、背景ノイズの粒が密になり、今までのように「ヌメッっとした」NRでなく自然な感じに見えます。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この好結果に気を良くして色々試してみました。

Layers4 Threshold4→1で、AlgorithmをMultiscale linear tansformにしたもの(左下)と Starlet transformにしたもの(右下)の比較です。左上は元画像 右上は↑の画像

2

星羊翁さんにAlgorithm;Multiscale linear tansformを推奨して頂きましたが、ノイズの粒が大きい私の画像に於いてはStarlet transformの方が良さげに見えます。

ところがLayers8にすると、ほぼ同等の効果になりました。

3

左列;Multiscale linear tansform 右列;Starlet transform

上段;Threshold all3.0 下段;Threshold8→1

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

次に、星の周囲の輝度低下を緩和しようと、マスクの範囲を広げてみました。左下はマスク無しで処理したものです。

4

これは失敗。階調飛びのような不自然さが生じてしまいました。

もう少し丁寧なアプローチで、例えばMLT前後の画像にStarmaskをかけて比較明合成などの処理を行うのが良いかもしれません。

2017年8月 4日 (金)

ロブスターの日

夏休み滞在中の二女の大好物なので

08040_2

こちらに居る間に食べさせようと、ヘレンさんに教えて頂いたお店に注文しました。

08042

http://chrissydlobster.com/

水曜日の夕方に電話注文し、今日の午前中着くとの事だったのでジムを休んで待っていたら、ドアの前に配達(放置)されていて、気が付いたのは正午でした。

初めてなので、ダンボールを開けるのも恐かった。

080410

08049

08048

室温で目が覚めちゃったか、モゾモゾ動き出したshock

数時間なら開封しないでおくか、箱のまま冷蔵庫に入れておいても良かったのに、ここまで開けてしまったのは、料理するまで冷凍庫で仮死状態にしておかなくちゃと勘違いしていたから。

08047

安楽死(湯に入れた時暴れないよう)の為の仮死状態は、料理直前15分ぐらい冷凍庫に入れれば良いそうで、「何時間も入れておいたら凍死しちゃうよ!」と夫に電話で怒られて慌てて箱に戻しました。

ロブスターは死んでしまうと急激に鮮度が落ちるそうで、料理の直前まで生きていて貰わなくてはなりません。

08043

夫の帰宅後は全面的にお任せ。

蒸し皿を置いた鍋に、塩水を深さ3cm位入れて沸騰させ、1尾(1 1/2Lbのもの)15分ぐらい蒸します。蒸している間に次のロブスターを冷凍庫に入れておきます。

08045

08041_2

08044

生きているうちから関わってしまうと、ちょっとしんみりした気持ちになりますね・・・

味付けは、お店では溶かしバターが定番ですが、ヘルシーに食べたいならそのままorレモンでもいいし、マヨネーズも合うかもしれません。

今回注文した3尾のうち2尾は、化粧品のような臭いが気になりました。

直接買いに行けば時価で1尾あたり$12.75のHard Shell Lobsterが、3尾冷蔵配達で$113、ネットを見ると日本から注文するのと左程変わらないような気も?

そういえばロブスターシーズンは夏とばかり思っていたら、春・秋も良いのですね。

https://lobsteranywhere.com/seafood-savvy/best-time-buy-lobster/

夏のこの時期は脱皮直後のSoft Shellも美味しいと書かれていますが、所謂"身が入ってない"個体なので、Lb単価は安い。

http://www.maine-lylobster.com/

2017年8月 2日 (水)

嫌われたくない

西隣にはアフリカンアメリカンの家族が住んでいるらしい。

「らしい」と言うのは、たまたま一度だけ御主人に会って挨拶を交わした事があるからで、日頃は壁を接していながら生活音すら聴こえない。

そして昨日の朝、ゴミを出しに出た時、初めて東隣の住人に遭遇。大型犬を連れた金髪の女性でした。

犬は立ち止まって私の方を振り返ったのに、飼い主はリードを引いて家に入ってしまった。こちらと目を合わせるのを避けるように・・・?

まあ気にする事じゃない。アジア人が嫌いな人もいるよね、と頭では解っているけれど、暫く気持ちが沈みました。

「他人に嫌われたくない」という気持ちが人一倍強い自覚はあって、でも万人に好かれるなんて無理なのだと納得していたつもりだった。日本に居る時は。

それがアメリカで再び自分の脆弱さと向き合う事になるなんて、しかも嫌われる理由が「アジア人だから」なら、同じ民族内で性格が否定されるのより随分マシだと思うのに。何故こんなに堪えるんだろう?と不思議です。

今日初めて行った近所のFarmers Marketでも、YMCAでも、「嫌われたくない、好かれたい」という思いが強過ぎる自分を持て余していました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント