« 断捨離とミニマリズムカテゴリー | トップページ | かき氷を食べて来た »

2016年8月31日 (水)

スズメバチ哀歌

毎朝、庭の西側に出没していたスズメバチ、昨日遂に「出入り」の現場を押さえました。土手の笹の陰。そこに巣があるに違いない。

急いで市役所に駆除を依頼し、これで一件落着happy01 と思ったのも束の間、何か様子がおかしい。

巣の住人では無いのに、辺りをウロウロしている別のスズメバチの一群がいるようなのです。巣から出て来るハチと睨み合ったり、取っ組み合って地面に落ちたり、斥候のように笹の葉に止まってジッとしているものも数頭。

スズメバチどうしがケンカする事なんてあるの?と思って検索すると、「オオスズメバチがキイロスズメバチの巣を襲う」とか「ヒメスズメバチがアシナガバチの巣を襲う」とか、、、

いろいろ読んでいるうちに、自分の見たものに自信が無くなって来ました。スズメバチだとばかり思っていた巣の住人、もしアシナガバチだったら、市の駆除の対象外なので自費になってしまう。

iPadで撮影した動画を繰り返し見ても、動きが速過ぎて特定できず。「この感じ、何かに似てる」と思ったら、流星ビデオを見ている時にソックリなのでした。

一夜明けて今朝の戦闘の様子↓明るかったので、今度はハッキリ見えました。

https://www.youtube.com/watch?v=tQvpq-DUqJI

やはり、双方スズメバチに間違いありません。

そして日が昇ると、笹藪に隠れた巣を漸く見る事が出来ました。

https://www.youtube.com/watch?v=Rn-utQIwYvA

おそらく、コガタスズメバチの巣。

巣を刺激しなければ攻撃して来ない、比較的大人しく温厚な種類だそうhttp://www.hachikujoyasan.jp/category/1936742.html

この時にはハチどうしの小競り合いも治まり、平和が戻ったように見えていましたが、時折巣から白いものを銜えて飛び立って行くスズメバチが気になりました。

小さな双眼鏡を向けて懸命に目をこらしても、強風で揺れる網戸のせいかシーイングが悪くて詳細が見えない。そもそも視野内に巣を捕えるまでの「掃天」に手間取る。

入り口の穴の横が不自然に壊れているような?そして、普段は巣の表面に出ていないはずの成虫が見えるのも変?一度「ポトッ」と音を立てて地面に落ちたのは、ハチの子だったのではないかしら?(経験あり

2時頃、駆除の方が到着し、巣を一見して直ぐ「オオスズメバチが来てる」「ほとんど食われてるんじゃないかな」「巣1個がオオスズメ1頭にやられちゃう事もあるからね」

防護服に着替え、殺虫スプレーと棒で、アッという間に巣を取ってくれましたが、中には数匹の幼虫しか残っていなかったそうです。

もともと駆除して貰うつもりだったのに、昨日からの一部始終を目の当たりにして情が移ってしまったというか、巣を襲われ全滅させられたコガタスズメバチが哀れで。

それと、獲物を銜えて飛び去ったオオスズメバチが向かった方向には大きな農家の庭がある。ご注意下さいと言いに行こうか迷っています。

« 断捨離とミニマリズムカテゴリー | トップページ | かき氷を食べて来た »

コメント

そんなにもあなたはスズメバチを待つてゐた

スズメバチは危険ですから、見かけたらすぐ、その場を立ち去ります。カチカチと音を出すのは最終警告ですが、それがないこともありますから、十分に気をつけましょう。

アシナガバチは大人しいですから、近くを飛んでいても、追っ払ったりとか刺激しなければ、刺してくることはまずありません。

八兵衛(水戸黄門?)じゃなかった、ハチベエもいろいろ。

檸檬ならロマンチックなのですが(笑)

あんなに沢山のスズメバチを見たのは生まれて初めてでした。網戸があったから観察出来ましたが、恐ろしかったです。

先程、今年最後のブルーベリーを摘みに出ました。
イラガもドクガ(の幼虫)も居なくてホッとしてましたら、近くに大きなアシナガの巣が育っていてギョッと致しました^^; 毛虫ハンター、しっかりお仕事してくれたみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 断捨離とミニマリズムカテゴリー | トップページ | かき氷を食べて来た »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31